970件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

総社市議会 2020-12-06 12月06日-03号

これは、ある地区市民のお声でございます。書類の手続に、ここの出張所でやっているから、また物資支給をしているからここまで来てくださいと言われたらしいんですよね。なかなか車を持って逃げられなかったので、車が水没してると、自転車も動くか動かないか分からない、そんな状況の中でなかなか歩いて30分、40分のところにあるところには行けなかったと。

赤磐市議会 2020-02-27 02月27日-05号

しかし、それはもともとの、あれは昭和43年にスタートしたんですかね、同和対策特別措置法で。それからいうと、かなりの年数が今たちますわね。ない人にお金を貸せというんですからね、なかなか難しい話だと思うんですけど、しかしそれでも生活体系が変わってきて、払う意志がね、一番問題はそこなん。

岡山市議会 2019-06-18 06月18日-04号

ところが,岡山市では,平成14年に策定した今後における同和問題解決基本方針平成15年に策定した岡山人権教育及び人権啓発に関する基本計画がそのまま残されている状況であります。これらの方針計画はホームページ上にもあり,端的に言えば全国的に見て恥ずかしい状況だと言わざるを得ません。また,同和関係団体との関係も,これまでの経過の中での限定的な窓口対応状況のままであります。 

鏡野町議会 2019-03-14 03月14日-03号

例えば7月豪雨で特別警戒警報が発令された古川地区で、避難場所である芳野公民館は浸水するおそれがあるとして中央公民館への避難指示が出されましたが、増水した香々美川付近を通って中央公民館へ向かうこと自体危険であると思いました。事実警報が出たにもかかわらず自宅待機された方が多数おられましたが、そういったことも要因としてあると思います。

高梁市議会 2018-12-10 12月10日-02号

地域防災について地区住民の皆様が膝詰めで語り合う貴重な機会となり、地域に潜む危険性に気づくこともできます。水害を想定して開発されたこの逃げ地図は、今では土砂災害や火災への対応にも活用されるようになっておりまして、各地の地域防災計画の策定にも役立っているところでございます。本市でも、今後地域防災計画を見直す際には、この逃げ地図を参考に取り入れるべきではないでしょうか、答弁を求めます。

岡山市議会 2018-06-22 06月22日-06号

その資料によりますと,千種地区,馬屋上・野谷地区,牧山地区,角山地区の4地区における検討状況が掲載されています。また同時に,灘崎地域足守地域についても利用促進運行改善の取り組みや状況が示されています。 さて,岡山市との合併以前から運行していた御津,建部のコミュニティバスも,福渡駅から国立病院線の幹線を導入するなど改善しながら今日に至っています。

岡山市議会 2018-06-20 06月20日-04号

あなたのお子さんが結婚しようとする相手が旧同和地区出身者であることがわかった場合どうしますか,また,あなたが旧同和地区出身の人と結婚しようとした場合,親族から反対されたらどうしますかという質問で,反対する,結婚を諦めるという人が一定程度いることを差別の根拠として挙げます。まさに新たな人権侵害です。 

総社市議会 2018-03-05 03月05日-03号

初めに、国の同和という名称がつく特別法歴史について簡単におさらいをいたします。 1965年の同和対策審議会の答申をもとに4年後の1969年から同和対策事業特別措置法という10年の時限法がスタートいたしました。その後も法延長や別の名前の法律に変化をしながらもあくまでも時限法として33年間続きまして、2002年3月末をもって終了をいたしました。

赤磐市議会 2018-03-02 03月02日-05号

それから、61ページの民生費の1の8の人権啓発費について、これも余り言わんほうがええかもしれんけど、円光寺の公民館吉井文化会館、この2つについて、これは俗に言う、隣保館というのをやって、同和対策事業の中でやって、隣保館というのをやるんです。その中で、私の関係者学校とかいろいろしとりますが、こういう時代、昨今の時代は過ぎたんですよ。

岡山市議会 2018-02-28 02月28日-03号

かつて激しい差別があった同和問題は,既に社会的,物理的に解決されています。以前の議会質問でも意識調査で書かれている旧同和地区はどこか,答えることはできないと答弁されました。歴史を正しく学ぶことは大切です。しかし,市民意識調査で旧同和地区出身者との結婚についての設問は,差別意識を新たに生み出しかねないものです。 

備前市議会 2018-02-27 02月27日-01号

次に、協定でございますが、1月30日、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と交通安全や産業振興など幅広い分野での包括的に連携するための協定を、そして2月6日、ミサワホーム株式会社を初めとするグループ3社と空き家対策公共施設有効利用など、まちづくりに関する分野で包括に連携するための協定を、2月8日、岡山弁護士会災害時に市内に弁護士を派遣し法律相談業務を行ってもらうための協定を、2月16日、生活協同組合

岡山市議会 2017-09-11 09月11日-06号

基本計画において,施策展開している性別,子ども,高齢者障害者同和問題,外国人市民ハンセン病患者回復者及びHIV感染者への差別や偏見については,主要な人権課題として認識されていますね。また,新しく認識されている課題として,岡山市第六次総合計画では,性的マイノリティーについて言及しておられますが,主要な課題として検討されていますか。 

笠岡市議会 2017-03-08 03月08日-04号

コンポスト200基で北川地区例えば約850世帯,その200世帯が使えば,ごみは2割以上削減できる計算になるんです。これでこの地区は達成できるんです。そうやってみんな楽しみにしてたんです。 それから,市長もこれを有料化したら補助制度しますという交換条件で言ってはないんです。みんながせっかくその気になってきた,そういう中で市民もたまったもんじゃないと,交換条件聞いとらんと。

井原市議会 2017-03-06 03月06日-04号

③といたしまして、この法律の第6条で、行政に義務づけられる実態調査は、旧同和地区住民を洗い出し、国民の内心を侵害し、国民の間に新たな障壁をつくり出す危険があると考えます。また、私は行政上、同和地区同和関係者という概念は消滅していると思いますが、市長はこの点をどう思われますか。また、このような中での実態調査が可能だとお考えでしょうか、お尋ねいたします。

美咲町議会 2017-03-03 03月03日-02号

それから、地産地消につきましては、柵原地区におきましては野菜畑中央地区におきましては物産センター、そして旭地区におきましてはみち亭あさひということで、県産、町内産の野菜もかなり売っております。学校給食ということになりますと、ある程度の量がそろわないといけないというようなことでございますんで、担当者のほうもそれに合わせるように苦労をしておるというのが現状でございます。 以上でございます。