29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高畠町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年第513回定例会第1号 本文

第6款第1項繰越金に386万8,000円の追加計上でございます。  次に、歳出について申し上げます。  第1款第1項特定地域生活排水理事業費に8万8,000円の追加計上。  第2款第1項公債費から18万9,000円の減額計上でございます。  次に、議第61号 令和元年度高畠町飲料水供給事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。  

高畠町議会 2018-12-04 2018-12-04 平成30年第508回定例会第1号 本文

また、資本的支出において、第1款資本的支出第1項建設改良費に386万9,000円の追加、第3項投資に252万円の追加をし、資本的支出の総額を5億9,233万7,000円とするものでございます。  最後に、議第94号 平成30年度高畠町水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明を申し上げます。  本案は、職員給与の改定などにより編成するものでございます。  

高畠町議会 2014-12-03 2014-12-03 平成26年第485回定例会第2号 本文

また、中学校の場合は減少ぎみと言われるが、8,386件と結構な数でございます。本県を見ますと、把握されたいじめは小中高、特別支援学校を合計して過去最高の2,717件だそうでございます。1,000人当たりの件数は、全国9番目に高い21.4件、全国平均は13.4件なのでございます。相当悪い結果なのでございます。注意しなければと思うのは、この数字は水面下のものは別だということでございます。

高畠町議会 2013-09-06 2013-09-06 平成25年第478回定例会第1号 本文

依存財源は、前年度に比べ地方交付税については1億386万円の減、県支出金1億1,298万円の減、町債5億602万円の増等で総額73億4,067万円となり、歳入に占める割合は67.51%と大きく、本町財政構造は引き続き厳しい状況にあります。  歳出につきましては、教育費、災害復旧費、土木費、商工費等が前年度に比べ増加し、総務費、公債費、消防費、民生費等は減少しております。

山形市議会 2012-09-25 平成24年全員協議会( 9月25日)

平成24年5月31日現在の債務保証額44億1,880万6千円に対し、山形市村木沢コミュニティセンター建設事業用地で386万4千円を借り入れ、この期間償還はなかったことにより、8月31日現在の債務保証額は、44億2,267万円となったものである。  次に、平成24年9月1日から11月30日までの債務保証の増減見込額についてである。

高畠町議会 2007-12-07 2007-12-07 平成19年第440回定例会第1号 本文

第10款教育費におきましては、第2項小学校費に 184万円の追加、第4項社会教育費から 1,386万円の減額などで、合わせまして 1,082万円の減額計上でございます。  第11款災害復旧費第1項公共土木施設災害復旧費におきましては、20万円の減額計上でございます。  第12款公債費第1項公債費におきましては、 630万円の減額計上でございます。  

高畠町議会 2007-03-05 2007-03-05 平成19年第434回定例会第2号 本文

第19款諸収入は、第3項貸付金元利収入に1億 4,075万円、第5項雑入に1億 386万 1,000円など、合わせまして2億 6,156万 2,000円の計上でございます。  第20款町債は、第1項町債に4億 4,530万円を計上いたしております。  次に、歳出予算額についてご説明を申し上げます。  第1款議会費は、第1項議会費に1億 3,581万 4,000円の計上でございます。  

高畠町議会 2006-09-05 2006-09-05 平成18年第430回定例会第1号 本文

歳出につきましては、歳出合計予算現額 442万 5,000円、支出済額 437万 3,386円、不用額5万 1,614円で歳入歳出差引残額5万 4,531円が翌年度への繰越金となるものでございます。  次に、認定第15号 平成17年度公立高畠病院事業特別会計決算についてご説明申し上げます。  これは別冊となっております。  初めに、事業概要について申し上げます。  

高畠町議会 2004-12-06 2004-12-06 平成16年第417回定例会第3号 本文

平成16年9月現在、全国で構造改革特区が 386件、地域再生計画が 214件の認定を受けております。県内の状況は、構造改革特区と地域再生計画の併用が2件、構造改革特区が4件、地域再生計画が2件の認定を受けており、置賜管内では、長井市の食の安全・安心レインボープラン特区と飯豊町の東洋のアルカディア郷再生特区というふうな特区が認定を受けております。  

  • 1
  • 2