25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

石巻市議会 2019-06-07 06月07日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

今回補正させていただきました経費につきましては、国際交流員というふうなことで、これはJETプログラムというふうなことで、総務省、外務省、文部科学省、それから一般財団法人自治体国際化協会というところで運営しておりまして、いわゆるCIR、国際交流員を要請して派遣をいただくということで、今回産業部で考えておりますのは、これからインバウンド対策ということで、多くの外国人の方が石巻市を訪れてくる中で、外国人

仙台市議会 2018-02-22 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 2018-02-22

以前から、JETプログラムで来日する外国人ALTとして採用していることに対して、ALTの質の確保という観点から問題提起させていただいてきました。独自採用ALTをふやすべきと提案させていただいてきましたが、仙台市の取り組み状況をお伺いします。  質問の第三は、誰が小学校で英語を教えていくのかについてです。

白石市議会 2017-03-08 平成29年第424回定例会(第4号) 本文 開催日:2017-03-08

採用については、JETプログラムを活用しているのが5名、NON-JETが1名となっています。  JETプログラムにおけるALT任用は、8月が更新期になります。それで、12月に次年度の継続の意思確認を行って、ALTが不足した場合、県の国際経済交流課に申し込みを行うことになっています。  

仙台市議会 2016-12-14 平成28年第4回定例会(第5日目) 本文 2016-12-14

しかし、以前にも指摘させていただいたように、ALT英語指導資格を問わないJETプログラムからの採用となっています。この結果、英語指導のできないALTも在籍している現状にあります。仙台市の英語教育の質の向上を考えれば、外国人なら誰でもよいということにはなりません。ALT英語指導力が問われます。  

仙台市議会 2013-07-19 市民教育委員会 本文 2013-07-19

試行期間でございますが、ALTにつきましては、特にJETプログラムALTにつきましては世界各国からほぼ同一日に一斉に日本に来日いたします。その後、3日程度の東京でのオリエンテーションございますが、その後につきましてはそれぞれの雇用自治体の責任で雇用するというような形になってございます。  

仙台市議会 2013-06-19 平成25年第2回定例会(第5日目) 本文 2013-06-19

もちろん要望はして、英語教育をやったことがある人、英語教育免状を持っている人、それから、できれば日本語ができる人という、JETプログラム仙台市として要望は出しているんです。だけれども、その要望どおりの人が仙台ALTとして来てくれるかどうかというのは、常に相手任せのことなんです。

大崎市議会 2011-12-14 12月14日-04号

教育委員会教育次長柴原一雄君) 基本的にこの業務につきましては委託業務という形で発注してございますので、以前であればJETプログラム等で市が雇用するという形がございましたので、そういった場合には割と自由に弾力的にさまざまな活動を行っていただくということが可能でございますけれども、少なくとも学校教育部ALT委託事業ということにつきましては、仕様書の中にはそういった部分についてはないというふうに

大崎市議会 2008-09-24 09月24日-04号

教育次長相沢広務君) 当初、このJETプログラムということで事業展開していた場合には、財団法人自治体国際化協会というところからの派遣という形で予算化をしたわけですけれども、今はこの事業を受託する企業と申しますか、そういったものが出てきまして、非常に、最初にこちらでお願いしておりましたその自治体国際化協会よりも、低廉な価格でその事業を請け負っていただくことができるというようなことで、今そちらのほうにかえているところでございます

大崎市議会 2008-06-23 06月23日-02号

教育次長相沢広務君) 当初、松山地域に1年間配置することとしておりましたJETプログラムによるALTが、再契約を希望せずに、任期の7月末日をもって帰国することになりました。このため、8月以降の報酬共済費、あるいは自治体国際化協会というところに負担金を若干お支払いしているわけですが、こういった部分が不要になることから、今回この減額になったわけでございます。 

大崎市議会 2008-03-04 03月04日-06号

まず1つは、旧鳴子地域に配属されておりましたJETプログラム参加者1名が、当初3年目契約をするということで予算化していたところですが、急遽7月に契約を解除して自分の国に帰りたいというふうな申し出がございました。それに伴いまして、報酬共済費負担金減額となっております。 なお、鳴子地域につきましては、新たに民間ALTを9月より配置しております。 

東松島市議会 2007-06-13 06月13日-一般質問、委員長報告、質疑、討論、採決-04号

JETにお願いしていろいろ制約条件の中から外国から来てもらうという、その制約条件がなくなるのはわかるのです。それのメリットは確かにあるのですけれども、やはり経済効果を追求していかないと民間委託というか、そういう部分では結果として何もなくなったというふうなことにならないように、その辺だけはしっかり申し入れておきたいというふうに思います。  2点について。

  • 1
  • 2