運営者 Bitlet 姉妹サービス
438件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 一関市議会 第68回定例会 平成30年12月(第4号12月10日) 昨年度、岩手県の出生が1.47と聞いております。   もっと読む
2018-12-04 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号 こうした人口の変化は、将来の地域の生活や地域経済に影響を与える懸念がありますことから、花巻市の人口ビジョンでは合計特殊出生を2030年に1.8、2040年には人口置換水準である2.1に上昇させるとともに、20代までの若者の転出超過の抑制や30代の若者のUIJターンを促進し、2040年に約8万2,600人、2060年に約7万3,500人程度の人口の維持を目指すこととしたものであります。   もっと読む
2018-09-12 釜石市議会 平成30年  9月 定例会(第3号)-09月12日−03号 都市部での就職や、高等教育機関への進学を求める若年層の流出、全国的な出生の低下などが重層的な要因となり、人口減少と少子高齢化が急速に進展をしてきたという経過があります。  近年では、社会減の減少幅が縮小傾向にあるものの、少子高齢化の進展による自然減の減少幅が拡大をし、2011年の東日本大震災の影響もあり、本年7月末時点での人口は3万4087人、高齢化率は38.4%となっております。 もっと読む
2018-09-05 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月05日−04号 花巻市の人口ビジョンにおきましても、合計特殊出生を2030年には1.8、また2040年には2.11に高めていくのだという計画もございまして、そういう市の政策にもこうした子育て支援の強化こそが合致をしていくというふうに思うわけでございます。 もっと読む
2018-09-03 一関市議会 第67回定例会 平成30年 9月(第4号 9月 3日) 次に、基本目標の2でありますが、社会全体で子育てを支援し、次代の担い手を応援するまちとしておりまして、その指標は合計特殊出生としており、平成31年における目標値1.65に対して平成27年時点の実績値となりますが、1.43となっております。   もっと読む
2018-06-08 紫波町議会 平成30年  6月 定例会(6月会議)-06月08日−03号 ◆8番(村上秀紀君) そのとおり、毎日がいい育児の日なわけでありますけれども、大阪のほうにある、残念ながら出生が1に満たない町があるんですけれども、そこでは毎日とは言いませんが、毎年11月19日をいい育児の日として取り組んでいると。町を挙げてそうした支援に取り組んでいるということです。   もっと読む
2018-03-16 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月16日−04号 それこそ市長施政方針でもありましたように、人口を何とかふやすのではなくて、人口減少を防ぐという中で出生を上げていくことが私は市の大きな方針になっていると思います。 もっと読む
2018-03-14 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 予算特別委員会-03月14日−02号 しかし、市の人口ビジョンでは若い世代の転出の抑制と流入の促進、そして合計特殊出生を上げるという大きな目標があるわけです。それを考えますと非常に弱いというのは正直な感想です。もっと何かうまくそこまで結びつけるように進むことを一番希望するわけですが、難しさの要因を今どのように捉えておられるか、まずお聞きします。 ○委員長(照井省三君) 藤井定住推進課長。 もっと読む
2018-03-08 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月08日−02号 そのような取り組みなどを通じて支援はしてきておるところですけれども、出生というところの課題がなかなか解決していかないというところで、今年度といいますか、来年度に向けて子育て支援をさらに強化するべきだというところで、現在取り組みを進めていこうとしているところでございます。 ○委員長(横手寿明君) 13番、上野委員。 もっと読む
2018-03-07 雫石町議会 平成30年  予算特別委員会-03月07日−01号 まず国の政治から変えていかなければ、みんなあっちへ集中、東京へ集中で仕事をして、そして今になって田舎が過疎化になってくる、人口が減ってくると、そんなものはもう昔から知っていることで、出生から何からわかっていることで、今田舎にそれを押しつけたってだめなのです。中央政治の狂っていたのがあったのです。それを今度田舎に年寄りをよこすといったって無理な話なのです。 もっと読む
2018-03-07 花巻市議会 花巻市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−03号 本市の人口は、平成72年には5万6,500人にまで減少すると推計されていることから、若い世代の転出の抑制と流入の促進、合計特殊出生を現状の1.46から平成42年には1.8にまで、平成52年には2.1にまで押し上げ、将来人口を7万3,500人程度とする市の人口ビジョンを掲げ、花巻市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、花巻市に仕事をつくり安心して働けるようにする、花巻市への新しい人の流れをつくるなど もっと読む
2018-03-06 紫波町議会 平成30年  3月 定例会(3月会議)-03月06日−03号 これだけ出生が低迷する中で、若いご夫婦が必死に両親とも働きながらという中で、保育士も足りない、育つべき子どもさん方にとって何が一番いいのかといったときに、今度はお預かりする側、公設の保育所もあれば任意でもあります。 もっと読む
2018-02-28 雫石町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-02月28日−一般質問−03号 人口ビジョンに掲げる2060年度までの町の目指すべき将来の方向性を踏まえ、平成27年度から平成31年度までの実行計画となる総合戦略では、5年間で目指す目標として社会増減プラス・マイナス・ゼロ人、合計特殊出生岩手県平均以上を掲げ、生き生きと仕事のできるまちづくり、誰もが住みやすいまちづくり、安心して結婚、出産、子育てができるまちづくり、特色ある地域づくりとみんなで支え合うまちづくりの4つの基本目標ごとに もっと読む
2017-12-13 北上市議会 平成29年度 12月 通常会議(第227回)-12月13日−03号 経済的な理由で結婚をためらう若者がふえれば出生の低下につながり、少子化が進むおそれもあります。国は、2015年度補正予算に結婚に伴う住居費や引っ越し費用などを補助する結婚新生活支援事業を初めて盛り込みました。今年度は、同事業の対象世帯が夫婦合計で年間所得300万円未満から、同じく340万円未満まで拡充され、補助を受けられる上限額も18万円から24万円にふえました。 もっと読む
2017-12-08 一関市議会 第64回定例会 平成29年12月(第3号12月 8日) また、人口ビジョン策定後に講じていく施策の効果により、出生の上昇と社会減の改善が図られるものとして推計しました将来展望シミュレーションにおきましては、平成29年のゼロ歳から5歳までの推計人口を4,504人としておりまして、平成29年3月末時点の住民基本台帳人口4,531人との比較では27人の差となっております。   もっと読む
2017-12-07 紫波町議会 平成29年 12月 定例会(12月会議)-12月07日−02号 これまで政府は、合計特殊出生の向上に懸命に取り組んできており、当町においてもあらゆる角度から支援策に取り組み、敬意を表するところであります。  しかし、これまでの少子化の影響で、既に未来の母親となる女の子の数が減少しております。 もっと読む
2017-12-04 雫石町議会 平成29年 12月 定例会(第9回)-12月04日−一般質問−02号 まず、企画課長として答弁させていただくと、当課でも一番の問題というか、解決したい問題としては子育て環境を整えていくと、出生をどうやったら増やせるのだろうかと、どうしたら若い世代の移住者が増えていくのだろうかということで、企画財政課としても子育て支援策については今年度も検討してきていまして、これからも各課と連携して取り組んでいきたいと考えているところでございます。    もっと読む
2017-09-20 金ケ崎町議会 平成29年  決算審査特別委員会-09月20日−02号 これにつきましては、少子高齢社会を迎えて、やはり子供の出生が低下しているということから、まずは人口をふやすためには婚活からということで、この婚活事業に取り組んでいるという中ではございますけれども、当町の婚活支援事業も参加人数が少ないとか、なかなか成婚までいっていないというようなことから、県としても応援を、何かしらの事業、あるいは金銭的な応援をお願いしたいというような中身のお話を、要望をさせていただいたところでございます もっと読む
2017-09-07 陸前高田市議会 平成29年  第3回 定例会-09月07日−一般質問−04号 また、その中から安心して出産、子育てできる環境を整えることで出生の向上を図ると明示されており、端的には子育て支援ということになろうかと思われます。具体的にどのような環境を整えるのか、現状と課題についてお示しください。   先ほど申し上げた子育て支援という言葉について、確認の意味でお伺いいたしますが、子育て支援とはどのような範囲と捉えているのか、答弁を求めます。    もっと読む
2017-09-06 大船渡市議会 平成29年  第3回 定例会-09月06日−市政に対する一般質問−02号 そこで、新たな雇用の場をつくり、若者が地方で暮らしやすく、子供を産み育てやすい環境を整え、出生向上を目指す、このような取り組みを国が積極的に支援するのが地方創生であります。地方創生が始まって3年にかかりますことから、当市の取り組みや成果をお聞きし、5カ年計画期間の折り返し以降の具体的施策に反映され、事業者とともに経済成長の原動力となることを切望いたすものでございます。    もっと読む