27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

高畠町議会 2020-03-11 2020-03-11 令和2年第515回定例会第4号 本文

また、AI人口知能)やRPA(ロボットによる業務プロセス自動化)を活用した業務改革も求められており、定型業務自動化することでサービス提供に要する時間を短縮をし、住民利便性を高めることも求められております。  ただし、最先端の技術導入することは、同時に多額の費用も発生することになりますので、町としましては、費用効果検討しながら導入を図っていかなければならないと考えております。  

鶴岡市議会 2020-03-03 03月03日-01号

以上、令和2年度予算の概要を申し上げましたが、限られた予算と人員の中で、最大限の成果を挙げていくため、行財政改革推進につきましては、第3次行財政改革大綱及び同実施計画の策定に向けて行財政改革推進委員会を設置し検討を進めるとともに、市の業務遂行の一層の効率化を図るため、業務自動化RPA)システム効果検証を行います。

天童市議会 2020-03-02 03月02日-02号

そこで、提案なのですが、ロボティクス・プロセス・オートメーション、通称RPAと呼ばれる業務自動化システム導入を提案したいと思います。 RPAとは何なのかと申しますと、簡単に御説明させていただきますと、ソフトウエアロボット、または仮想知的労働者と呼ばれる人間に代わって作業を行うシステムであり、手作業で行っている業務パソコン操作自動的に行うものであります。 

酒田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

企業企業、人と人を「つなぐ」をコンセプトにした酒田産業振興まちづくりセンターサンロク」においては、引き続き販路開拓創業支援などに取り組むほか、新たにサンロク内に「コミュニティマネージャー」を配置することで、利用者同士のつながりを強化し、ビジネスプロジェクトの形成を一層促進するとともに、ビッグデータ活用RPA導入による地元企業生産性向上を図ります。 

酒田市議会 2019-12-19 12月19日-04号

また、サンロクのほうでは、ビッグデータ活用による支援RPA導入に向けた支援水素エネルギー利活用に向けたセミナーを開催するなど、これからの新産業の芽となるような取り組みも行っております。 今後もサンロク中心として、テーマごと企業学術機関と連携をしながら、長期的な視点で新産業の創出となるような取り組みを行ってまいりたいと考えているところでございます。 私からは以上です。

鶴岡市議会 2019-12-06 12月06日-03号

また、業務改善の抜本的な対策として、単純作業自動処理化を進めるRPA導入実証事業に着手しており、この取り組みを通して業務フロー可視化業務の棚卸しにもつながるよう進めているところであります。さらに、インターネットを使った会議システム導入による本所庁舎間等の移動時間の大幅な削減といった業務効率化策についても、現在庁内関係課検討を進めているところでございます。

酒田市議会 2019-10-02 10月02日-02号

それから、市内の事業者人材不足の解消に向けまして、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入支援を進めていきたいとこのように考えております。RPAは経理、それから人事労務生産管理等の単純な事務作業自動で実行してくれるもので、その仕組みを学び、RPAの構築ができる人材を養成し、生産性改善を図りたいとこういう狙いがございます。 

鶴岡市議会 2019-09-09 09月09日-04号

市では、行財政改革基本方針の一つとして業務改革を積極的に推進し、ICT技術活用RPA導入による効率的、合理的な行政運営体制への転換を図ることといたしております。その具体的な事例を御紹介いたしますと、まず業務そのもの見直しとして今年度からこれまで各地域庁舎ごとに処理しておりました臨時職員任用事務職員課管理課に集約いたしております。

鶴岡市議会 2019-09-06 09月06日-03号

次に、RPA導入経過について伺いたいと思います。本議会に提案されている一般会計補正予算の中にRPA導入実証事業についての予算が計上されています。初めに、RPAとは何かということと、導入によってどのような効果があるのか、経過も含めて伺いたいと思います。 ◎総務部長高橋健彦) RPAについての御質問にお答えいたします。  

山形市議会 2019-06-19 令和元年 6月定例会(第3号 6月19日)

具体的には、職員パソコン操作自動化するRPAツールについて、導入効果や適応可能な業務の選定について今年度検証に着手しているところです。また、AI活用につきましても、介護ケアプラン作成支援について、今年度はモデル事業が進められております。こうした検証により、効果が認められたものについては、本格導入に向けて検討を進めてまいります。  次に、観光におけるおもてなしの強化についてでございます。  

酒田市議会 2019-06-14 06月14日-04号

そして、中身としては、AIRPA職員数を半分にする、行政の担い手は地域住民の協力で、市町村行政のフルセットを脱却し、圏域単位で行うなど、公務員の働き方を大きく変える可能性があります。 会計年度任用職員制度導入公務員制度の大きな転換と考えます。国、県の動向を踏まえた酒田市の取り組み、捉え方について伺い、私の1問目といたします。 

酒田市議会 2019-06-13 06月13日-03号

また、企業面では、将来に向けて人材不足を打開するための業務改革としてRPA導入、IoT、AIなど政府が推し進める第4次産業革命技術活用を目指した取り組みが大事でありまして、本市ではこの分野について、産業振興まちづくりセンターにおいて関連するセミナーを実施し広く活用を呼びかけているところでございます。

天童市議会 2019-06-05 06月05日-03号

近年、コンピューター技術の発展により、人間の知的な作業コンピューターに行わせるAIや、これまで手作業で行ってきた作業自動化するRPAといった技術が注目されております。これらの技術は、既に先進自治体において実証実験が行われ、導入が予定されております。 こうした中、保育所利用調整業務AI導入されつつあります。

  • 1
  • 2