運営者 Bitlet 姉妹サービス
244件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 文部科学省のホームページ,ここに中央教育審議の答申の文が載っておりました。 もっと読む
2017-12-14 常陸大宮市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−03号 また、文部科学省においては、一億総活躍社会の実現と地方創生への推進のため、学校と地域が一体となって地域創生に取り組めるよう、中央教育審議の答申内容の具体化を強力に推進するため、次世代の学校・地域創生プランを平成28年に策定し、さまざまな取り組み・施策を提示しております。このプランにおいては、学校と地域が相互にかかわり合い、学校を核として地域社会が活躍していくことの重要性を示しております。 もっと読む
2017-12-08 ひたちなか市議会 平成29年第 4回12月定例会−12月08日-03号 また,文部科学大臣は,看過できない事態が客観的なエビデンス,証拠として裏づけられたと語り,その後,文部科学省や中央教育審議等から具体的改善策や提言などが矢継ぎ早に打ち出されることになりました。   もっと読む
2017-12-07 稲敷市議会 平成29年第 4回定例会−12月07日-02号 社会教育について、文部科学省中央教育審議は生涯学習分科会の中で、次のように述べております。  社会教育の役割について、社会教育は学校の教育課程として行われる教育活動を除き、主として青少年及び成人に対して行われる組織的な教育活動、体育及びレクリエーションの活動を含むと定義され、地域住民の生活課題や地域課題に根差して行われる各種の学習を教育的に高める活動とも言われるものです。   もっと読む
2017-10-11 東海村議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月11日−02号 2015年、中央教育審議、文部科学省の諮問機関が外部人材を活用するチーム学校の答申の中で部活動指導員の創設を提言しました。これを受け、文科省が学校教育法の施行規則を改めて制度化しました。  以前から部活動に外部指導者を導入している学校はありました。ただ、立場が法令上明確でなく、報酬の有無は自治体によって異なっていました。 もっと読む
2017-09-15 守谷市議会 平成29年 9月定例月議会-09月15日-02号 小学校の年間の授業週数は夏休み,冬休みを除いて35週あると言われていますが,昨年12月21日に中央教育審議が出した学習指導要領の改善及び必要な方策等についての答申におきましては,次期学習指導要領において,3年から6年生までの毎週1時間,年間36時間を授業時数をふやすようにと求められております。単純にふやすと,高学年では毎日が6時間授業となります。夏休みを減らそうとしている地域もあるようです。 もっと読む
2017-09-14 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月14日−03号 まず、定義についてでございますが、平成23年1月に文部科学省中央教育審議の答申「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」によりますと、「一人ひとりの社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」と定義されております。つまり、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を育成していく力を養うことと捉えております。 もっと読む
2017-09-12 ひたちなか市議会 平成29年第 3回 9月定例会-09月12日-03号 ある文部科学省幹部は,勤務時間の増加について予想以上のひどさだったと打ち明け,文部科学大臣は,看過できない深刻な事態が客観的なエビデンス,証拠として裏づけられたと語り,長時間労働の改善策を中央教育審議で検討してもらう考えを述べました。 もっと読む
2017-09-11 鉾田市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−02号 中央教育審議は、緊急提言をまとめ、特に中学校での教員の勤務負担増につながっている部活動では、休養日をつくるなど適切な活動時間の設定を要望し、地方自治体に対しては、校務支援システム導入促進のほか、給食徴収を口座振替に切りかえるなどを求め、国に対しては外部スタッフや専科教員の充実を要望しました。鉾田市はこの調査結果を踏まえ、この課題にどう取り組んでいく考えであるか、お尋ねをいたします。   もっと読む
2017-09-11 筑西市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−03号 よって、10年前から不登校あるいは暴力が倍になっているという、こういう現象から、中央教育審議が2014年から検討し始めました。そこで、今度はそれとはまた逆に、少子化に向かっていますので、2024年には教員を3万7,000人削減するのだという、こういう時代になるわけです。もちろんこれは財務省の提案でありますが。 もっと読む
2017-09-08 筑西市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月08日−一般質問−02号 いをいたしますが、文部科学省は本年小学校で外国語活動を3・4年生から始め、英語を5・6年生で教科化し、週1コマ、つまり45分の授業を行うことを学習指導要領の改正案を公表をいたしましたが、全面実施は2020年度からのようですが、今までは聞く、話す、いわゆる会話重視だったものが、教科化する英語は読み書きも指導するということになりますと、学校の時間割は既に飽和状態であり、新たな授業時間を絞り出すのは大変難しく、中央教育審議 もっと読む
2017-09-07 鹿嶋市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月07日−一般質問−02号 本市では、新学習指導要領策定のための中央教育審議答申が示される前から授業改善プロジェクトとして、子どもたちの主体的な学びの実現のために、平成26年度から市内全小中学校で実施しています。プロジェクトでは、推進校の授業公開に伴った研修会などを実施し、市内の教員の資質向上につなげています。4年目を迎え、アドバイザーからは徐々に成果が出てきているものと評価を得ています。 もっと読む
2017-09-05 石岡市議会 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2017-09-05 これを受けまして、文部科学大臣から中央教育審議に道徳に係る教育課程の改善等について諮問がございまして、平成26年10月に出された答申におきまして、道徳の時間が各教科等に比べ軽視されがちであったこと、読み物教材の登場人物の心情理解のみに偏った指導がされていたこと等の課題とともに、子どもたちの自己肯定感や社会参画の意識の低下等に対する必要性、加えまして、これらのことに対する早急な改善が求められたことから もっと読む
2017-06-15 ひたちなか市議会 平成29年第 2回 6月定例会−06月15日-03号 その際,授業時間に関して,改訂時の中央教育審議答申は,児童の発達段階を考慮して1週間の授業時間を週28時間が限度と明記しました。しかし,今回文部科学省が公表した次期学習指導要領改訂案では,小学校高学年の英語教科化と中学年の外国語活動で3年生以上の年間授業時数はそれぞれ35時間,1単位時間は45分の純増となります。 もっと読む
2017-06-12 結城市議会 平成29年第2回 定例会-06月12日−03号 〔教育長 小林 仁君登壇〕 ◎教育長(小林仁君) 教育行政,中学校の武道教育についてのうち,武道教育で得られた効果についてでございますが,平成20年1月の中央教育審議において,「武道を履修することは,伝統と文化を尊重し,それらを育んできた我が国と郷土を愛するとともに,他国を尊重し,国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと」と規定された改正教育基本法の教育の目標を実現することにおいても有効であるという もっと読む
2017-03-06 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 まず、アクティブ・ラーニングについてのご質問でございますが、平成28年12月21日に公示されました中央教育審議からの幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策について、いわゆる中教審答申では、アクティブ・ラーニングを主体的・対話的で深い学びと定義し、その視点の意義を次のように述べております。 もっと読む
2017-03-06 神栖市議会 神栖市議会 会議録 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 まず、アクティブ・ラーニングについてのご質問でございますが、平成28年12月21日に公示されました中央教育審議からの幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策について、いわゆる中教審答申では、アクティブ・ラーニングを主体的・対話的で深い学びと定義し、その視点の意義を次のように述べております。 もっと読む
2017-03-02 鹿嶋市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月02日−一般質問−02号 平成24年7月の文部科学省中央教育審議初等中等教育分科会報告では、子供一人一人の教育的ニーズを踏まえた支援を保障するためには、乳幼児期を含め早期からの教育相談や就学相談を行うことにより、本人、保護者に十分な情報を提供するとともに、幼稚園等において保護者を含め関係者が教育的ニーズと必要な支援について共通理解を深めていくことにより、保護者の障がい需要につなげ、その後の円滑な支援につなげていくことが重要 もっと読む
2017-02-24 筑西市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月24日−一般質問−02号 それで、1つ伺いたいのですけれども、外部指導者の休日なのですけれども、これ先ほどボランティアという話だったのですけれども、外部指導者が子供たちを連れて引率できる制度を中央教育審議が答申したというお話がありましたが、当市のお考えはいかがでしょうか。 ○議長(箱守茂樹君) 柴教育部長。 ◎教育部長(柴武司君) お答えをいたします。   もっと読む
2016-12-09 ひたちなか市議会 平成28年第 4回12月定例会-12月09日-03号 次期学習指導要領につきましては,今年度中に中央教育審議として答申が取りまとめられ,その後学習指導要領が告示され,小学校が平成32年度,中学校は33年度に全面実施される予定になっております。本市といたしましては,教職員が一体となり,次期学習指導要領改訂に向けた学校教育を推進してまいります。 もっと読む