140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守山市議会 2019-06-17 令和元年第1回定例会(第 2日 6月17日)

守山市には、なぜFM放送がないのですか」、近所に住む小学校6年生の児童から、お手紙と一緒に質問を受けました。「僕はラジオを聞くのが好きで、いろんな地方放送局を聞いて回りました。守山市でもFM守山をつくってほしいです」という内容でした。  よく調べてみますと、よく知られているE−Radio(FM滋賀)とNHK FM滋賀は滋賀県全域をエリアに中継局も設置されております。

草津市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号

草津駅と、草津のFM草津の入っております施設、それからコミュニティ防災センター、以上でございます。 ○遠藤覚 委員長  奥村委員。 ◆奥村恭弘 委員  これ、多分現地に行かないとわからない状況だと思うんですけれど、何か周知というか、知っていただくような取り組みというのは今までされてきたんですか。 ○遠藤覚 委員長  小寺危機管理課長

米原市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2号 12月 5日)

さきの答弁でもFMの考え方は重要であり、積極的に推進していくことで、施設有効活用とあわせ将来への財政負担の軽減につながると答弁しておられます。  積極的に取り組んでください。  公共施設の更新は短期間で結果はなかなか出ません。長期戦が予想されます。人材育成も必要となります。これらの課題は非常に困難な課題ではありますが、私たちの子や孫の代に負担を先送りすることなく取り組んでいただきたい。  

草津市議会 2018-10-31 平成30年10月31日都市再生特別委員会−10月31日-01号

現在、FMくさつがあります夢本陣とかですと、その場所に大きな場所もございますので、先ほど、委員のほうからも一時とかいうお話もありましたとおり、やはり、いろんな観点から、そういう小さなイベントも今後進めていきたいなというふうに思います。  いろいろ考えるのは、手を打ってはきております。

彦根市議会 2018-03-09 平成30年 予算常任委員会 本文 開催日: 2018-03-09

もう1点、同報系防災放送設備委託料でございますが、これにつきましては来年度新規で計上させていただくもので、彦根市には今まで屋外の放送設備が屋外で同時に情報を伝える設備がございませんで、情報伝達のあり方の中でそこが欠落している部分で課題ではあったんですが、来年度、エフエムひこねのラジオ放送波を利用してFM放送に割り込みができるような装置危機管理室の方にも設置いたしまして、そこから学校を中心として17

彦根市議会 2017-09-01 平成29年9月定例会(第22号) 本文

歳出面では、ごみ収集車更新の内容、使用済み蛍光灯リサイクル効果リサイクル活動推進事業奨励金に係る回収量が減少していることへの見解、不法投棄等パトロールの実施内容、内湖等周辺環境保全事業における神上沼の状況、国際交流推進経費に係る中国湘潭市と交わした覚書の内容、FMひこね国際交流アワーの費用、経済活性化委員会事業の実績、工場等設置奨励事業に係る地元雇用の状況、「住もうよ!

栗東市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会(第2日 6月19日)

草津なり彦根はFMスタジオを持っておりますけれども、今、草津なり彦根でも、この情報がきたときに電源がOFFでもONになるようなシステムではない。普通のFMラジオを聞いていて、そこに情報が割り込んでくるというふうなシステムでございますので、一報をばあんと入れるということについては、やはり、その電源がOFFでもONになるというふうなシステムが必要になろうかと思います。

彦根市議会 2017-02-01 平成29年2月定例会(第3号) 本文

次に、佐倉市では、市長直属の組織として、施設整備に関しては全て資産管理経営室を通さないと事業はほぼできないシステムを構築され、FM推進班、FM管理班、FM保全班の3グループ33名体制と伺いました。職員数は別としても、佐倉市を参考にした組織体制が必要と考えますが、見解をお聞かせください。