運営者 Bitlet 姉妹サービス
3242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-14 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月14日−04号 上水道が動脈とするならば、静脈である下水道にはどう対処するか。下水道の普及度が文明の進捗を占う意味から、文化のバロメーターとさえ言われているので、現代ではことさら重要であります。ヨーロッパでは紀元前七百年、すでに古代ローマに下水道があって、七つの丘に囲まれているフォーラム谷の排水と各戸を結び水洗トイレとして利用していたことは有名な話であります。 もっと読む
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 70 ◯中嶋水道局長 工業用水道事業の廃止条例案が可決されて以降、水道局では本年四月からの上水道への円滑な切りかえに向け、官公庁を除く三百八件の工業用水道利用者を改めて個別に訪問しております。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会厚生・産業分科会−03月08日-01号 そこに取り組む姿勢として、県が扱う水ビジネス、それから大きな市が扱う水ビジネスは、上水道をセットで売り込むことです。国内の水ビジネスを扱っている公共団体が、どこまで進んでいるかの資料も出してください。  それから、先ほどから言っているように東南アジアで上水道が飲める国、飲めるようになった国、何ゆえに飲めるようになったかという資料も出してください。   もっと読む
2019-03-04 福井県議会 2019.03.04 平成31年予算決算特別委員会 本文 しかし、食事や飲み水など、健康的な生活を営む上での根源となる上水道が営利を目的とした民間に委ねられるという制度ができたことに、県民は非常に戸惑いと不安を覚えている。それは、水道料が値上がりするのでないかということである。そこへ行くのである。 もっと読む
2018-12-17 千葉県議会 平成30年_総合企画水道常任委員会(第1号) 本文 2018.12.17 まず、議案第5号平成30年度千葉県特別会計上水道事業会計補正予算(第2号)について申し上げます。  補正内容としましては、人件費について、平成30年人事委員会勧告に準じ、給料月額や期末勤勉手当の支給割合の引き上げ等を内容とする給与改定を行うため、不足する予算を補正するものです。その結果、収益的支出と資本的支出を合わせた補正額は2,900万円の増額となります。   もっと読む
2018-12-10 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月10日-01号 先の国会で上水道の、水道法の改正について可決されたわけでございますが、実際は、50万人以上の政令指定都市以外には、民間がコミットする余地は全くないというのが現状でございます。 もっと読む
2018-12-09 福岡県議会 平成30年12月定例会(第9日) 本文 政府は、人口減少社会の到来、上水道の管路等の老朽化の進行、更新のおくれ、自然災害による水道被害の多発、水道事業に携わる職員数の減少という国内情勢を受け、二〇一七年一月に開会された第百九十三回通常国会に水道法改正案を提出いたしましたが、この国会では審議入りできず、審議未了、廃案となりました。 もっと読む
2018-12-07 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会-12月07日-03号 そこで、道内の上水道、簡易水道、飲料水供給施設の状況についてお示し願います。  また、そのうち、複数水源を持つものがどのくらいなのか、お示し願いたいと思います。 もっと読む
2018-12-06 山口県議会 平成 30年11月定例会-12月06日−05号 下水道や上水道も完備されておりません。強く要望したいと思います。  さて、百五十年前の十一月二十五日は、三田尻小田港沖から討幕軍の第一陣が出陣した日であります。総督の毛利親信は右田毛利の十二代当主であり、参謀は楫取素彦、侍大将は山田顕義でした。毛利親信は四境戦争の折も石州口の総督であり、明治十一年にできました百十国立銀行、後の山口銀行の初代頭取となりました。 もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第3日目) 本文 とりわけ上水道の不通による県民生活への影響は甚大です。千葉県水道局管内において、万が一の事態に際しても、安定的に水を供給できる体制づくりの必要性を強く感じております。  そこで伺います。県営水道における管路の耐震化の状況はどうでしょうか。とりわけ液状化が懸念されている地域の耐震化の進捗状況はどうでしょうか伺います。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第8日目) 本文 12、上水道事業における基幹管路の耐震化について。上水道の安定給水のためには基幹管路の耐震化を進めることが大変重要であることから、一層計画的に進めるべきである。  13、造成土地管理事業の収入確保について。水道局との統合後も独立した特別会計として運営することとなる造成土地管理事業については、将来の支出見通しに留意し、保有土地の処分を迅速かつ着実に進め、収入の確保を図っていくべきである。   もっと読む
2018-12-01 千葉県議会 平成30年12月定例会(第5日目) 本文 印旛沼は上水道、工業用水、農業用水の貴重な水資源として、地元佐倉市民を初め県民にとってかけがえのない恵みの沼であり、貴重な財産であります。しかしながら、今日の印旛沼は都市化や経済社会活動などの影響に伴い、湧水の枯渇、自然浄化機能の低下などが相まって、水質汚濁が進行して環境基準を大幅に上回り、水道水源の湖沼としては、ここ数年、連続全国ワーストワンとなっています。 もっと読む
2018-11-26 北海道議会 平成30年第15回環境生活委員会会議録-11月26日-01号 給水人口5001人以上の上水道事業数は全国で1355であって、そのうちの3割ほどが赤字経営となっています。  また、給水人口5000人以下の簡易水道事業数は全国で5133であって、その経営環境はさらに厳しいものであることが判明しておりますが、道内の水道事業における上水道事業及び簡易水道事業の内訳とその経営状況について伺います。 ○(志賀谷委員長) 水道担当課長山田博君。 もっと読む
2018-11-02 京都府議会 2018.11.02 平成30年9月定例会[巻末掲載文書(目次)] 3 厳しい財政状況の中で事業を運営している簡易水道及び上水道に統合され  た旧簡易水道については、未普及地域解消事業や施設の老朽に伴う更新事業  等に必要な国庫補助所要額の確保を行うこと。また、施設の更新事業等を実  施するに当たり、現行の国庫補助要件は採択基準が厳しく、実態と乖離して  いる状況にあるため、現行の補助要件についてはその要件の緩和を行うこと。   もっと読む
2018-11-01 鳥取県議会 平成30年11月定例会(第7号) 本文 今年度から市町村が集まり協議する場、上水道に係る広域化・共同化等検討会も設置されましたが、知事は今国会の水道法の改正をどのように受けとめられたのか、お聞かせください。  次に、空港、水力発電施設、美術館などのPPP・PFI導入状況についてですが、それぞれの所管部署で企画内容を検討すると、視野が狭く各論に陥りがちで、個別断片的で中途半端になっているように思います。 もっと読む
2018-11-01 鳥取県議会 平成30年11月定例会(第8号) 本文 また、今後、発電や上水道などの水利関係者との調整を進められるということでありました。あわせて、緊急放流前の自治体や住民への連絡を、3時間前に行う体制づくりを進めるということであります。県民の安全・安心を守るという観点から、とても大切な取り組みであり、評価するものであります。   もっと読む
2018-11-01 鳥取県議会 平成30年11月定例会(第6号) 本文 なお、環境管理事業センターが計画をしておりますこの処分場でございますが、これは上水道でも採用されております逆浸透膜など高度な水処理施設が設置をされ、国の排出基準を上回る水質で放流される計画と承知しておりますけれども、最終的には施設の安全性は廃棄物処理法に基づく設置許可手続の中で確認をすることになります。その際には、厳格に審査を行っていくということにいたしております。   もっと読む
2018-10-24 滋賀県議会 平成30年決算特別委員会−10月24日-04号 ただし、先ほど言われました北九州市との違いは、北九州市は上水道を中心でやられていまして、お金を払っていただける前提があるのですけれども、滋賀県が得意としている廃水処理については、海へ流してしまったらおしまいということもあって、企業がそこの設備を導入することになかなか至らないので、今JICA、外務省とも組みながら、まずはそうした必要性と滋賀県の取り組みをモデルとして訴えています。 もっと読む
2018-10-24 福井県議会 2018.10.24 平成30年予算決算特別委員会産業分科会 本文 福井市の場合だと、上水道の使った分だけ下水道という計算をしているけれども、これについては入りと出が違っているので、出をどうやって計算しているのか。 ◯公営企業経営課長  臨海下水道事業の使用量の把握については2つの方法があって、1つは各企業の放流管のところに流量計をつけていただいて、その流量計で把握している場合もあるし、小さい企業だと、上水道のメーターで検針している場合もある。 もっと読む
2018-10-22 栃木県議会 平成30年10月生活保健福祉委員会(平成30年度)-10月22日-01号 最後に、水道指導費ですが、上水道などの整備指導と維持管理の指導のほか、生活基盤施設耐震化等補助に要した経費です。  生活衛生課からは以上でございます。よろしくお願いいたします。 ○佐藤良 委員長 金澤薬務課長。 ◎金澤 薬務課長 薬務課です。資料26ページをごらんください。   もっと読む