112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山形市議会 2020-09-18 令和 2年産業文教委員会( 9月18日 産業文教分科会・決算)

農政課長   平成30年度は落合に整備された直売所建設費用に補助しているため、高額になっている。 ○渡辺委員   6次産業化は、農家の所得向上の方法の一つであるが、ほとんど取り組まれていないと感じる。6次産業化ビジネスチャレンジ支援事業実施主体が1主体となっているが、どのような事業に支援したのか。 ○農政課長   漬物を包装する際の真空パック装置の購入に対して補助している。

山形市議会 2020-08-26 令和 2年産業文教委員会( 8月26日)

学校給食用炊飯施設建設推進室長   関係市町部課長会議において、建設費用にかかる各市町負担提供食数で案分するという考えを提示しているが、現在のところ異論は出ていない状況である。 ○渡辺委員   建設協力金を支出しないが、米飯は配食してほしいという市町があった場合、それに見合う米飯単価とし、公正公平性を担保してほしい。炊飯施設所有者はどうなるのか。

山形市議会 2019-06-24 令和元年産業文教委員会( 6月24日)

委員  最終的に建設費用はどのくらいかかるのか。収入維持管理費についてはどのように見込んでいるのか。 ○スポーツ保健課長  整備費用は1億189万円を予定している。収入年間約300万円、維持管理費年間約3,000万円を見込んでいる。 ○委員  経営的な視点も持ちながら管理運営してほしい。  大要以上の後、議第56号については、全員異議なく可決すべきものと決定した。

鶴岡市議会 2019-03-04 03月04日-03号

また、無償譲渡につきましても県の条例、規則により、市が寄附した土地や建設費用負担している場合などに限られていることから、旧いこいの村庄内無償譲渡に該当しないというふうに判断されたものでございます。  次に、譲渡価格につきましては、さきに述べましたように複数の不動産鑑定士評価額をもとに算定しており、市町村が公共目的のために取得する場合の25%の減額措置が適用されております。

庄内町議会 2018-12-14 12月14日-03号

ちなみに造成地建設費用は、この辺りでは1ha当たり1億円程度で可能だと聞いておりますので、この機会を逃さずに、若者や移住者等も含めた就業の場を確保し、農村地域所得向上を目指すためにも、ぜひ町として本気になって集中して企業誘致に立ち向かっていただきたいと思います。これについては、どのように考えますでしょうか。

庄内町議会 2018-09-04 09月04日-01号

あくまで概算でございますが、約3億5,000万円前後の建設費用はかかるのではないかというふうに見込んでおります。ただ、これには我々の事務費、事務的なものは入っておりませんので、そういったところは当然のことながら、借上げ方式の場合は、そういった事務費は軽減になるというところでございます。

庄内町議会 2018-06-07 06月07日-03号

これは前から、他の方にも申し上げているとおり、ハウス団地であったり、これは、ハウスを1戸建てる場合の経費負担を図るということで、75%の建設費用を町と県が負担するといったようなところまで持っていったわけでありますが、それでもなかなか増えないと。何が要因なのかというふうなことも含めて、いろんなことを今考えてやってきたわけでありますが、これはなかなか難しいというふうなことであります。

鶴岡市議会 2017-12-22 12月22日-06号

鶴岡市新文化会館建設費用の倍増について、これは地方自治法第2条第14項、地方財政法第4条第1項、最少最大原則違反の疑いでございます。  また、2番、鶴岡市新文化会館の5億円もの設計契約変更について議決もせずに行ってきた、これは明確に鶴岡条例違反でございます。これについて……   (何かいう者あり) ◆6番(草島進一議員) 議長、注意してください。注意してください。議長、注意してください。

鶴岡市議会 2017-09-04 09月04日-04号

その建設費用につきましては、現在の施設解体費用を含まないで概算で約160億円と見込んでいるようでございますけども、この建設費用についてはこのような認識でいいのかどうか、まず最初お伺いします。  あわせて、現施設解体費用等を含めた総事業費についてはどのように見込んでいるのか、最初に伺いたいと思います。 ◎市民部長佐藤茂巳) 新しいごみ焼却施設整備についてお答えをいたします。  

鶴岡市議会 2017-08-29 08月29日-01号

建設費用の倍加、建築場所の問題と駐車場不足、複雑な屋根設計地元業者工事参加拒否入札参加が1JVのみで、地元企業から大手ゼネコン発注地域経済波及効果が薄い、座席数減少への疑問、周辺住宅地への外壁照り返しの影響、外壁がでこぼこで見るにたえないなど、公共施設建設をめぐる問題としては異例づくめで、異常ではないかと思います。

鶴岡市議会 2017-06-30 06月30日-06号

がしかし、今現時点においては、完成を目前にして建設中止を求めるべきである、あるいは中断すべきであるという意見は皆無でありまして、デザインが好きか嫌いか、建築物としてすぐれたものかどうかについてはさまざまな意見はありますが、あるいは建設費用が高額で賛成できないとする声があることも承知しておりますけれども、今はむしろともかく早く芸術文化中心拠点を完成してもらいたいという声が圧倒的であると考えます。  

鶴岡市議会 2017-03-23 03月23日-07号

しかし、この文化会館屋根の形状や建設費用の増額に対しては、市民の皆様からこれまでの市政に対して寄せられたことのないほどの強い批判の声が上がっておりまして、同じ建物であっても、せめてもう少し工事費が抑えられる総事業費建設できるものであればどんなによかったかなと、今さらながら残念でなりません。