運営者 Bitlet 姉妹サービス
1526件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 小国町議会 平成30年第8回定例会(第3日) 本文 2018-12-12 給料表については、世代間の給与配分の見直しの観点から、若年層の給与額の引き上げに重点を置くことを基本に改定し、平成30年4月1日に遡及して適用するものであります。  これにより、給料表全体の水準として、平均0.2パーセント引き上げることになります。  2点目は、勤勉手当の年間支給月数を0.05月分引き上げることとし、本年の12月勤勉手当に適用するものです。 もっと読む
2018-12-07 小国町議会 平成30年第8回定例会(第2日) 本文 2018-12-07 その活動を具体的に申し上げますと、南部地区振興事務所では、外部との交流促進や高齢者の楽しみの場づくり、若い世代の地域活動への参画促進などの地域活動へ支援をしてきたところであり、こうした活動の中で、小玉川版ふるさと納税とでもいうべき、地域出身の外部からの支援の広がりが見えていますし、地元の青年団体「イチコロ」は、その活動が高く評価され、このたび内閣府のチャイルド・ユースサポート章を特命担当大臣から受章 もっと読む
2018-12-06 小国町議会 平成30年第8回定例会(第1日) 本文 2018-12-06 その中で、平成27年度から「畜産クラスター事業」を、これを展開しているわけでございますが、この畜産クラスター事業を活用いたしまして、直近では若い世代の畜産農家が就農し、50頭規模という大規模な畜産経営に当たっているというような部分。 もっと読む
2018-12-05 高畠町議会 2018-12-05 平成30年第508回定例会第2号 本文 「たかはた未来創生総合戦略」におきましても、地域の実情に応じた若い世代が働きやすい環境づくりや魅力的なまちづくりを標榜しておりますが、当町の職員もさまざまなイベントにみずからかかわり、日々活躍している現状であります。  今後も公務組織としての特性を踏まえながら、職員が働きやすい職場づくりに一層努力をしてまいります。   もっと読む
2018-12-01 酒田市議会 平成30年 12月 定例会(第5回) ②としまして、子育て世代の労働条件の改善、これが必要ではないかということです。 小学校低学年、10時間前後の睡眠が必要とされていることは先ほど述べさせていただきました。しかし、共働きの世帯がふえている中、どうしても働くお母さんが仕事から帰ってきて食事の支度をする、夜の時間にずれ込んでいってしまっているものと考えます。  もっと読む
2018-09-28 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月28日−06号 主要事業につきましては、本市の最重要課題であります少子化、人口減少対策について、まち・ひと・しごと創生総合戦略のもと、危機感を持って推進し、地域での雇用創出や移住、定住の促進、若い世代の結婚、出産、子育て支援などに積極的に取り組んできたものと評価いたします。 もっと読む
2018-09-27 鶴岡市議会 平成 30年  9月 決算特別委員会-09月27日−02号 当該地は、良好な居住環境等を整えるため地区計画を定めているが、ほかの地区計画と比べ最低面積が1区画約60坪ということで、若い世代の方々購入しやすいような設定になっている。今後順次宅地分譲が進められていくが、商業施設等が整備されてくれば分譲がさらに進むものと期待している。なお、商業施設等の誘致については、組合が契約締結に向け交渉中であると聞いている旨の答弁がありました。    もっと読む
2018-09-20 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月20日 厚生分科会・予算) ○国民健康保険課長   世代間・世代内の負担の公平を求める観点から、算定基準額が見直されるもので、70歳以上の被保険者の一般区分については、外来特例に係る算定基準が引き上げられ、現役並み所得区分については、外来特例の廃止及び区分の細分化、算定基準額の引き上げが行われるものである。加えて、高額介護合算療養費についても、現役並み所得区分が細分化され、算定基準額が引き上げられるものである。 もっと読む
2018-09-18 山形市議会 平成30年厚生委員会( 9月18日 厚生分科会・決算) ○こども保育課長   子育て支援センターは、子育て世代の支援に必要な機能を有していることから、各園に指導を行い、利用率の低いセンターに対しては何らかの対策をとっていきたい。 ○委員   保育士確保に向け、就職ガイダンスなど、さまざまな施策を行っているが、実際どのくらいの保育士が市内の保育所に就職したのか。 もっと読む
2018-09-13 天童市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月13日−04号 要因といたしましては、例えば世間的には少し景気がいいなんていうことも言われておるところもございますが、我々のような働き盛りといいますか、就労世代につきましては、それなりの雇用関係などもあるとは思いますが、年代が上になってくると働くことができないというようなこともあるかと思います。 もっと読む
2018-09-11 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月11日−04号 それで、それぞれの地域の伝統文化の担い手と期待される現役の世代、仕事をばりばりされている世代が希望する日に有給休暇を取得できる、あるいは取得しやすい環境づくりというのは、未来への文化伝承に大きくかかわると考えます。これは、市役所だけでも無理ですし、官民挙げて取り組んでいくべき課題ではないかと思います。    もっと読む
2018-09-10 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月10日−03号 また、これから都市交流の活発な活動は交流人口の拡大につながり、地域活性化の一助となりますことから、今後とも文化、スポーツなど広い分野でさまざまな世代の交流がより一層深まりますよう、市といたしましても活発な相互交流の環境づくりに努めてまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-09-07 高畠町議会 2018-09-07 平成30年第507回定例会第2号 本文 戦後73年、戦前、戦中に生まれた人は高齢化が進み、ほとんどが戦後生まれへと世代が交代しております。この戦争による犠牲者(死亡者)は310万人余であり、悲惨な戦争は二度と行わないと全世界に向けて誓い、平和憲法が制定されました。  しかし、政府は昨年、唯一の被爆国にもかかわらず、核兵器禁止条約に賛同せず、全世界から奇異な感じで受けとめられました。 もっと読む
2018-09-07 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月07日−04号 個人のものであるかないかはもちろん重要でありますが、まずはこれから住みやすい町中、あるいは町にするためには、景観も環境もやはりきちんと町が考え方を述べて、その段階の中でいろいろな定住や移住、あるいは若者世代、子育て世代の若者をそこに集めながら、あるいは住んでいただきながら、それを増やすことによって町全体の人口が増えていくというふうに私は考えております。   もっと読む
2018-09-07 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月07日−02号 若い世代が夢のある、頑張れる地域づくりをしていかなければならないのだというふうに考えております。そのためには若者が主体となって地域を考え、未来を描くことのできる仕組みと事業について議論、検討するプロセスが重要と考えております。 もっと読む
2018-09-06 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月06日−03号 (1)民族芸能は地域の歴史でもあり、世代間を越えたコミュニティを築ける場でもある。民族芸能の保存伝承に携わる団体等と日頃からの情報交換がないと、イベント、民族芸能フェスティバル等においてもスムーズな活動ができにくい状況にあります。そのためにも、関係団体等に係る事務的支援を強化すべきと思いますがどうでしょうか。   もっと読む
2018-09-05 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月05日−02号 検証の結果によっては、現行制度に終止符を打つ英断もしながら、将来世代の負担軽減に向け、合併10年後の新たなステージでの飛躍の年になるよう総点検を行うとともに「自立力の強化に向けた、参画と協働のまちづくり、さらなる行政改革の推進」に向けて編成されたものでありました。  歳入においては、依然として地方自治体を取り巻く財政環境が厳しい中で、財政調整基金を繰り入れしないで財源を確保できておりました。   もっと読む
2018-09-05 鶴岡市議会 平成 30年  9月 定例会-09月05日−01号 加えて、本市の最重要課題である少子化・人口減少対策については、まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づき、地域での雇用創出や移住・定住の促進、若い世代の結婚・出産・子育て支援などに積極的に取り組んできたところであり、今後とも危機感を持ちながら、継続的に取り組んでまいります。    もっと読む
2018-09-05 小国町議会 平成30年第6回定例会(第1日) 本文 2018-09-05 出生数減員の要因としましては、若い世代の人口が減少していること、婚姻数が少ないことなど複合的な要素が重なって生じているものと考えられますので、多様な政策を展開し少子化対策に取り組んでいるところであります。  まず、婚姻につながる環境づくりの一つとして、若者の出会いの場の創出が挙げられます。このイベントを民間の有志で組織された「出会いの場創出実行委員会」が本年5月の末に開催すべく計画されました。 もっと読む
2018-09-04 庄内町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月04日−01号 確かに、40歳未満のご夫婦もお子さんが今後産まれるということではあるんだと思いますが、子育て「世帯」ですから、「世代」ではないんですよ。ここに書いてあるのは全部「世帯」と書いてあるんです。ですから、やはり入居させるなとは言いませんが、例外として空室がある場合ですとか、やはりそこはしっかり区別すべきだと思います。  3回目ですので、以上で質問は終わりますが、改めて見解があればお伝えください。 もっと読む