運営者 Bitlet 姉妹サービス
4062件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 ふじみ野市議会 平成30年  12月 定例会(第4回) 特に懸念されるのは、営利企業である以上、指定管理業務の安定的継続性の担保という点において、経営方針の突然の変更や不採算を理由として、また倒産などによって、突然あすから閉鎖になるというリスクが内在していることを十分に認識した上で、危機管理としての対応策、業務継続計画を準備していかなければなりません。事業所の社員が待遇の問題などで一斉にやめてしまうなどの問題もよそでは現実に起きています。 もっと読む
2018-09-19 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月19日-09号 近年電力会社への売電価格が年々値下がりしている傾向の中で、太陽光発電関連企業の倒産が相次ぐといったことも報道されております。   もっと読む
2018-09-12 新座市議会 平成30年第3回定例会−09月12日-05号 有効求人倍率がこれだけふえているのだという、正社員に至っても1.0を超えたという、それだけ、むしろ今は人が欲しいという企業が結構ふえてきているというふうに思いますし、人がいなくて、人材が確保できなくて倒産するなんていう会社もあるというふうに聞いております。   もっと読む
2018-09-12 白岡市議会 平成30年  第3回( 9月)定例会-09月12日−一般質問−04号 大型点の出店の影響で零細小規模店が消滅し、その後の大型点が経営環境の変化で閉店、撤退、倒産になった場合、市の中心部にゴーストタウンが、廃虚が生まれるかもしれません。既に大型ショッピングセンターの本場アメリカでは、アマゾンなどオンラインショッピングなどの影響により、多くのショッピングモール街の破綻や閉鎖が起き、廃虚化し、社会問題化しています。 もっと読む
2018-09-07 新座市議会 平成30年 9月総務常任委員会−09月07日-03号 それから、ここで聞けばいいのか、納付をしやすくする環境のために、野中委員は換価のことをおっしゃっていましたけれども、納付できない場合の市民への働きかけなのですけれども、例えば期限内に納付できない方はご相談くださいというふうに書いてありますけれども、もっと詳しく失業や倒産、また医療費がかかった場合など納期限までに難しい方はというふうに、具体的にその納付が困難なことを1つ書くだけで、相談に行ってみようかなというふうに もっと読む
2018-06-12 川口市議会 平成30年6月定例会 埼玉県川口市議会-06月12日−02号 過去には、首都圏で「ハッピースマイル」などの名称で保育園等を経営していた株式会社エムケイグループが倒産し、突然保育園が閉鎖され、平成17年、川口市もその対応に追われた経験があります。  その後も民間保育園の閉鎖は繰り返され、昨年も経営困難を理由に民間保育園が閉鎖されています。社会福祉事業としての保育が、会社の経営次第で左右されることなどあってはなりません。 もっと読む
2018-06-08 新座市議会 平成30年 6月厚生常任委員会−06月08日-01号 本制度は、国民健康保険の被保険者が勤務先の倒産や解雇、または病気などの理由により、やむを得ず離職した場合、最長で2年度分、前年中の所得を7割減額して保険税の算定を行うことにより保険税負担の軽減を図るもので、平成29年度におきましては334件の申請がありました。  説明は以上でございます。 ○白井忠雄 委員長  ただいま説明が終わりましたので、質疑を行います。 もっと読む
2018-06-07 鴻巣市議会 平成30年  6月 定例会-06月07日−一般質問−05号 屋外広告物は、東京電力や通信会社の管理する電柱などと違い、一旦設置されると、数十年も点検されないケースが多く、空き地店舗や設置者の倒産などにより、所有者不明の場合も含め、罰則、規制も不十分なことから、見過ごされているケースが見受けられます。 もっと読む
2018-05-31 戸田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-05月31日-02号 倒産や解雇などにより離職し、雇用保険を受給された特例対象被保険者の方は、申告していただくと、保険税を算定する際、給与所得を100分の30とみなして算定されるので、国民健康保険税の課税額が軽減されます。 もっと読む
2018-03-26 本庄市議会 平成30年 第1回 定例会-03月26日−05号 そもそも国保制度は、退職者、無職者、リストラや倒産などによる失業者、パートやアルバイトなどの非常勤社員、そして窓口負担が3割で統一されたことなどで事業者が保険料逃れのために正社員であっても国保というところもふえて、全体として低所得者の加入が多く、事業主の負担を予定しない制度であり、もともと加入者が支払う保険料だけでは成り立たないものとして制度がつくられています。 もっと読む
2018-03-19 毛呂山町議会 平成30年  第1回( 3月) 定例会-03月19日−委員長報告・質疑・討論・表決・閉会−06号 それで17年、昨年は倒産が151件出ているのです。ですから、その最前線の事務方、それから一番困るのは介護保険を受けている人です。事業所を探さなくてはいけない。移動しなくてはならないと、そういう大変なことになっていると。しかも、廃業は統計には出ませんので。   それで、今回0.54だか57だか上がったのですけれども、それで介護事業者がこれからやっていけるのかということ。 もっと読む
2018-03-19 朝霞市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−03号 実際市内業者が閉めたとか、倒産したとか、このような状況は市としても把握しているところだ思います。もちろん入札だけが仕事というわけではないのですけれども、そういうふうなお話も結構耳に入ってきます。大きな事業になればなるほど市外の業者が持っていってしまって、ほかが潤うだけで地元の事業者にはメリットがない。 もっと読む
2018-03-14 鶴ヶ島市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月14日−一般質問−03号 今日の日本で貧困は特別の事情ではなく、倒産、失業、リストラ、病気、親や家族の介護などで職を失えば、誰もが貧困に陥ってもおかしくない状態に置かれます。また、生活扶助基準の引き下げは、住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに連動し、広範な国民の生活に重大な影響を与えます。 もっと読む
2018-03-13 新座市議会 平成30年第1回定例会−03月13日-11号 私は、もちろん納税は国民の義務でありまして、期限まで納税すべきだというふうに思いますが、取引先が倒産するとか、ご本人の病気、またリストラなど、やむを得ない事情で収入が減ることもあります。滞納になったときにどういう態度をとるかというのが行政に問われているというふうに思います。   もっと読む
2018-03-09 鴻巣市議会 平成30年  3月 定例会-03月09日−一般質問−04号 一方で、倒産や解雇、雇いどめなどによる離職者の方、いわゆるリストラされた方に対しては、平成22年度より保険税の軽減制度が設けられており、該当する方については、雇用保険受給資格者証にて確認を行い、前年の給与所得を100分の30として算定し、保険税の軽減措置を行うことで、適正な対応を行っております。 もっと読む
2018-03-08 桶川市議会 平成30年  3月 民生経済常任委員会-03月08日−01号 その他についてなのですけれども、例えば会社が倒産して職がないとか、そういう部分もあるのですけれども、基本的にはそういうところはまた改めて自立をして生活保護から抜け出すこともあると思うのです。 もっと読む
2018-03-08 所沢市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−07号 むしろ新電力会社設立には倒産という大きなリスクがあります。電気料金の安売り価格競争で負けてしまうことさえ考えられます。こうした懸念を払拭した確かな根拠をお示しください。 ○松本明信副議長 答弁を求めます。  藤本市長 ◎藤本市長 お答えいたします。  2日間の質疑において、議員の懸念されていることは詳しく説明させていただいたところではありますが、その上でお答え申し上げます。   もっと読む
2018-03-08 草加市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日-06号 老人福祉介護事業の倒産は、2017年で国全体では111件と過去最高を記録しております。  草加市内の介護事業所の廃業、倒産事例はあったのでしょうか。過去3年にわたってお示しください。  今回の改定では、特養、訪問介護でのみとりや、夜間、早朝の医師体制の拡充、ケアマネへの退院支援を評価するなど、医療から介護へ、病院施設から在宅への流れを一層強めるものとなっています。   もっと読む
2018-03-01 桶川市議会 平成30年  3月 総務常任委員会-03月01日−01号 事業者側からの、例えば任期満了になって、この後、5年後に、5年たったから更新しませんよという場合はいいのですけれども、例えば事例としては、入札不調で、結局、受けてくれるところがなかったというケースだとか、それから、やっぱりどうしても途中で事業が、倒産してしまっただとかいうケースも実際には起こっているようなのです。 もっと読む
2018-03-01 志木市議会 平成30年  3月 市民文教都市常任委員会-03月01日−01号 次に、小規模企業者融資資金損失補償及び中小企業近代化資金損失補償についてでありますが、これは、融資を受けた小規模事業者や中小企業が倒産などで債務の返済が不可能になった場合に、埼玉県信用保証協会がその債務を弁済し、その一部を市が補填するものでございます。  以上でございます。 ○天田いづみ委員長 末永課長。 ◎末永隆宏環境推進課長 環境推進課長の末永でございます。   もっと読む