7709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月22日-04号 庶民の生活実感、地元中小企業の景況感こそが本物の景気を物語ります。  5月より元号が変わります。新しい御代にふさわしいスタートを切るために、思い切って、庶民の懐を温める政策、中小企業が元気を取り戻す政策を中心にすべきという視点から、また、本区では、政府のようなまやかしがないという前提で討論に入りたいと思います。   もっと読む
2019-03-22 葛飾区議会 平成31年危機管理対策特別委員会( 3月22日) 1の目的ですが、主に区内の中小企業事業者におけるサイバーセキュリティ意識の向上、およびサイバー犯罪・サイバー攻撃による被害の防止を図ることを目的とするものでございます。  協定の相手方ですが、亀有・葛飾両警察署と東京商工会議所葛飾支部でございます。  3の主な取組内容では、こちら3点挙げさせていただいています。 もっと読む
2019-03-22 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号 国保については、中小企業が加入する協会けんぽの約二倍にもなる高過ぎる保険料、そして他の被用者保険にはない均等割によって子どもにも一人当たり、今度は年間五万二千円もの保険料がかかる、こういう問題を指摘してきました。  全国知事会が国に対して一兆円の公費を投入して国保料を協会けんぽ並みに引き下げることを要望しております。 もっと読む
2019-03-19 江東区議会 2019-03-19 平成31年医療・介護保険制度特別委員会 本文 中小企業のサラリーマンの方が入っている協会けんぽの場合ですと、約19万8,000円ぐらいですので、やはり国保が22万8,000円も高いという状況です。さらにそれに輪をかけて高くなってしまうという状況は、やはり避けていただきたかったなというふうに思っています。   もっと読む
2019-03-18 板橋区議会 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号 また、農業等々、事業所も2万社ほどある練馬区につきましては、年利2%で利子補給1.9、本人負担差し引き0.9となっておりまして、これらのことから、板橋区よりは中小企業の本人負担率は板橋区より高くなってございます。 もっと読む
2019-03-18 葛飾区議会 平成31年総務委員会( 3月18日) ○(契約管財課長) この質問については以前からもご指摘いただいたところですが、うちのほうもJVにつきましては、前にもちょっとご説明をさせていただきましたが、大型工事または特殊工事におきまして葛飾区内の中小企業の受注機会を確保するというのが1点と、かつ、中小企業建設業の工事施工能力の増強を図るという意味から必ず区内業者を1社入れるというふうにしてございますので、決してそれがJVとしたからこの4者の中の もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 例えば中小企業資金融資に伴う利子補給については、現在、「杉並区のあっせんにより融資を受けた者が取扱金融機関に対して負担する利子年7.0%以内の相当額」との記載があるのみで、具体的な限度額については全く記載がありません。このような現在の債務負担行為の設定は、事実上、債務の上限がないものと指摘せざるを得ないものです。   もっと読む
2019-03-14 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号 区内の土木建設業の中小企業は災害時に地域の復旧・復興を担う存在です。これら中小企業が若者を雇用し、健全な建設業が発展することは、世田谷区としても大変重要と考えます。発注時期の偏りを解消し、年間を通じた工事量が安定することは、発注者から見ても中長期的公共事業の担い手確保などにも資することになります。  ここでお伺いいたします。 もっと読む
2019-03-14 大田区議会 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号 大田区の基盤とも言える中小企業、小規模企業を応援する項目が入っていないこと、区民の暮らし、健康、福祉を応援する予算になっていないことです。区は、地方自治体の役割を忘れ、国の悪政をそのまま区民に押しつけ、区民の願いに応えていません。 もっと読む
2019-03-14 板橋区議会 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号 まず、企業活性化センターのオフィス利用審査会についてでございますけれども、この審査会、専門知識がある方、大学教授と中小企業診断士のお二人を学識経験者として、他の委員を含めて書類審査と面接総合審査の2段階を経て利用者を決定しております。   もっと読む
2019-03-13 大田区議会 平成31年 3月  予算特別委員会−03月13日-01号 区としては、大田区の特に、中小企業に向けた、障がい者雇用の相談先の周知だけでなく、企業側にも、障がい者を雇うこと、雇用することがメリットであるということをしっかりと伝えていくべきであると思います。  周知策について、どのように考えているか、お答えください。 もっと読む
2019-03-12 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号 ◎保健福祉部管理課長 現在の1%の考え方につきましては、平成6年10月の貸付利率の考え方といったもので、生業資金、それから女性福祉資金とあわせて、中小企業の資金の表面利率の2分の1と定めておりまして、現在の中小企業の表面利率が2%であるといったことから1%ということなんですけれども、改正条例が施行される今度の4月1日以降につきましては、国が東日本大震災の特別法におきまして生活福祉資金、母子・父子・寡婦福祉資金 もっと読む
2019-03-12 葛飾区議会 平成31年予算審査特別委員会( 3月12日) 第2に、区内中小企業支援として、住宅リフォーム助成制度の創設、商店街装飾灯全LED化への全額助成、プレミアム付商品券のプレミアム率を20%に。また、区内銭湯送迎バスの実施などをいたします。あわせて、若者の就労支援、雇用促進へ若者サポートステーション事業を創設いたします。  第3に、子育て支援の充実です。 もっと読む
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日保健福祉常任委員会-03月11日 ○国保年金課長(鳥居誠之君) いわゆる公的医療保険と呼ばれるものにつきましては、中小企業の方が入られている全国健康保険協会、いわゆる協会けんぽ、大企業の方が入られる組合健康保険、私ども公務員が入っている共済組合、後期高齢者医療制度と自治体の国民健康保険、理美容などで組織されている国民健康保険組合といったものがございます。 もっと読む
2019-03-11 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号 ◎香山 工業・ものづくり・雇用促進課長 来年度は、三茶おしごとカフェで、区内中小企業の求人と求職者のマッチングのために区内企業を訪問し、求人開拓を実施いたします。 もっと読む
2019-03-07 板橋区議会 平成31年3月7日予算審査特別委員会 企画総務分科会−03月07日-01号 区内の中小企業の建設業者さんが、当然10人、20人いるわけはないと思います。そうなると、工事の件数によって、例えば大手であっても、いろいろ案件を抱えていれば管理監督者の数が足らないということもあるでしょうし、そういった管理監督者の頭数によって入札の仕様が変わるということがあるんですか。  それとも、あくまでも品質と金額と工期によって、基本的には決めていくということなんでしょうか。 もっと読む
2019-03-07 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月07日-05号 中小企業対策というか商店街対策というか、そういう産業対策ということで、どうなのかなと。  それから、それと絡んで、週刊誌とかああいう本やなんかでも、何か物すごい大不況がそのうち来るぞというようなテーマの本が結構売れている。 もっと読む
2019-03-07 葛飾区議会 平成31年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日) こちらの環境経営支援事業経費でございますが、中身といたしましては、環境に配慮した経営の認証であるエコアクション21やグリーン経営認証を受けるのに必要な経費を中小企業などに補助するものでございます。これにつきましては、他自治体に先駆けて補助制度を拡充したところ、申請件数が大幅に伸びておりまして、それで前年に比べ30%の予算をふやしたものでございます。 ○(おりかさ明実会長) 梅沢委員。 もっと読む
2019-03-07 板橋区議会 平成31年3月7日予算審査特別委員会 区民環境分科会−03月07日-01号 ◎産業戦略担当課長   まず、先端設備等設備投資支援事業につきましては、いわゆる中小企業であれば個人事業所も含めて対象になります。大企業はそういった支援をしなくても、ご自身の力で活動されておりますので、行政が側面支援をする必要はないという認識に立っているものですから、そういう回答になります。   もっと読む
2019-03-06 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月06日-03号 産業振興についてですが、老朽化が進む設備を生産性の高い設備へと新しくし、労働生産性の向上を図っていくことは中小企業の課題と言え、先端設備等設備投資への助成金事業は時宜にかなった取り組みと考えます。平成30年11月から始まった区の取り組みは、既に執行率が9割を超えたとも聞いております。来年度のさらなる補助拡大のためには、PRをより一層工夫し、周知の徹底を図ることが必要です。答弁を求めます。   もっと読む