運営者 Bitlet 姉妹サービス
33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−03月22日-07号 ロードプライシングから始まって、RPA、テレワーク、パブリテック宣言、ハブシティー宣言、テクノロジーの活用を図るとして、さまざまな企業と結ぶ連携協定等々、市長は新奇な取り組みを次から次へと繰り出しています。   もっと読む
2019-03-06 藤沢市議会 平成31年 2月 予算等特別委員会-03月06日-02号 ◆堺英明 委員 こちらは総務省を中心に、各自治体でAIであったり、RPAと呼ばれているロボティクス・プロセス・オートメーションというものの実質的な取り組みが進められているわけでありますが、本市での取り組みについてはどうなのか、この点をお聞かせ願います。 もっと読む
2019-03-06 川崎市議会 平成31年 予算審査特別委員会-03月06日-03号 この方針は、業務やサービス全体の見直し、AIやRPAの活用等の新技術の導入、障害に強いシステムの構築などを定めているものでございまして、今後に向けましては、この方針に基づき、事務の効率化や職員の負担軽減、ミスの削減などを図るシステムの構築が進められるよう、関係局と連携して取り組んでまいりたいと考えております。 もっと読む
2019-02-25 川崎市議会 平成31年 第1回定例会−02月25日-03号 こうしたことから、来年度の働き方・仕事の進め方改革推進プログラムにおきましても、総務事務センターの設置による総務事務の集約化を初めとする全庁に共通する事務の効率化や、AIやRPA――コンピューターによる定型業務の自動化など新たなICTの活用に向けた検討、時差勤務の試行実施、イクボス研修の実施や年次休暇の取得促進の取り組みなどを位置づけ、長時間勤務の是正と多様な働き方の推進に引き続き取り組んでまいります もっと読む
2019-02-21 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−02月21日-04号 ICTやAI、RPAやパブリテック等の取り組み状況はどのようになっていますか。また、職員減対策に対し、それらの技術導入の効果を検証していただいているのでしょうか。お伺いいたします。  次に、入るを量る観点、いわゆる収入確保の観点からお伺いいたします。まずふるさと納税に関連してお伺いいたします。 もっと読む
2019-02-20 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会-02月20日-03号 次に、RPAについての御質問です。平成30年度に実施した実証結果を踏まえ、平成31年度は税の歳入歳出それぞれの還付支払い事務、子どもひろば利用状況データ収集事務、境界確定事務、学校配当予算支払い事務の五つの事務において、RPAへの置きかえが可能な作業工程について、順次本格導入する予定です。 もっと読む
2019-02-14 鎌倉市議会 平成31年 2月定例会−02月14日-02号 平成31年度は、平成30年度に実施しているICT活用支援業務の結果に基づき、置きかえ可能な業務に、RPAを導入するとともに、行財政運営の最適化に向けた事務事業や業務に係るコストの洗い出しや、成果連動型の業務委託による庁舎管理等に係るコスト削減のための調査、庁内システムのコスト削減に向けた見直し等を行い、生産性・効率性向上のための業務改善に取り組みます。 もっと読む
2019-02-08 川崎市議会 平成31年  2月総務委員会-02月08日-01号 本方針では、表にありますとおり、情報システム全体の経費の抑制、システム共通基盤で稼動しているシステム数、AIやRPAを導入した業務の件数などを主な成果指標として定め、実効性を高めてまいります。   もっと読む
2018-12-18 茅ヶ崎市議会 平成30年12月 第4回 定例会-12月18日-05号 特に議員御指摘のAI及びパソコン上のマウス操作やキーボード操作を含めて、ソフトウエアロボットにより自動化するロボット・プロセス・オートメーションの頭文字をとったRPAにつきましては、先進的な自治体において既にこれらを活用することにより、業務の効率化と正確性の向上を図っており、本市においてもこれらを初めとするICT技術の活用の可能性について研究を進め、実証実験等を行いながら、費用対効果を含めた検討を進 もっと読む
2018-12-14 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月14日-06号 その総括のもとで新たに策定される仮称川崎市情報システムの全体最適化方針では、AIやRPA等の新しいICT等技術の進展に合わせた情報システムの構築となります。働き方改革の取り組みも進む中、多様なワークスタイルに合わせた業務改革の推進は今や必要不可欠であります。 もっと読む
2018-12-06 川崎市議会 平成30年 第4回定例会-12月06日-04号 本市においても、国民健康保険の電話催告業務へAIの導入が始まり、11月15日の総務委員会では、川崎市総合計画と連携する分野別計画として策定された川崎市官民データ活用推進計画案が示され、AIやRPAを活用した業務の効率化等の推進が明記されました。 もっと読む
2018-12-03 藤沢市議会 平成30年12月 定例会−12月03日-01号 そして、必要があれば、一般質問などでも触れたAIやRPAなどの先端技術の活用の検討や身内が身内を監査するのではなく、監査事務局の外部委託化など大きな構造転換に向けて取り組むべきであると考えますので、あわせて御検討をお願いいたします。  公益的市民活動助成事業費及び市民協働推進関係費について。 もっと読む
2018-11-22 藤沢市議会 平成30年11月 藤沢市行政改革等特別委員会-11月22日-01号 そこで、市のほうでは、適正な定員管理ということで、めり張りをつけるべきところはつけるというような対応をしているところでございますけれども、先ほど吉田委員からも御質問がありましたように、外部への委託化ですとか、あるいは、AIとかRPAとか、そういった技術革新もございますので、そういったところを当然市のほうでも研究し、導入していきながら、将来に向けて事業を進めていかなければならないというふうに考えております もっと読む
2018-11-15 川崎市議会 平成30年 11月総務委員会−11月15日-01号 施策4、アプリやAI等を活用したデジタル自治体行政の推進では、かわさきアプリを活用した効果的な情報発信やAIやRPAを活用した業務の効率化などの取り組みを推進するものです。成果指標といたしましては、かわさきアプリのダウンロード数やAIやRPAを導入した業務の件数を設定しております。   もっと読む
2018-09-27 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-09月27日−07号 今後は、複雑、多様化する行政サービスに対しまして、この新しい基幹システムに、AIや業務自動化ツール、いわゆるRPAなどの情報通信技術を組み合わせることによりまして、コストを抑えつつ、迅速かつ柔軟に対応してまいりたいと考えております。  次に、地域資源の活用でございますが、本市の自然や歴史、文化などの地域資源は貴重な財産でございまして、観光振興などを図る上でも大きな魅力になるものと認識しております。 もっと読む
2018-09-21 藤沢市議会 平成30年 9月 定例会-09月21日-06号 つくば市では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の実証が行われております。このRPAは、住民からの申請書類や他機関から送付された書類を別のシステムに手作業で入力するといった作業を自動処理する取り組みで、つくば市では、年換算85時間要していた事務が14時間に大幅に削減できたとのことであります。 もっと読む
2018-09-10 鎌倉市議会 平成30年 9月定例会−09月10日-04号 これは民間企業の力を活用した市政運営や民間企業の持つ手法や考え方を市政に取り入れ、市民サービスの向上や行政事務の効率化を図ることを意図して行ってるものであり、RPA導入の実証実験やプログラミング教室など具体的な成果も出始めているところです。今後も積極的に官民連携を進め、鎌倉市の行政サービスの向上に努めていきたいと考えております。 もっと読む
2018-08-31 相模原市議会 平成30年  9月定例会議-08月31日−02号 国におきましては、各種行政サービスを電子申請等により時間と場所を問わず最適な形で受けられるようにすることや、業務効率が飛躍的に向上するものとしまして、AIや業務自動ツール、いわゆるRPAの導入を推進しているものと認識しております。 もっと読む
2018-08-06 鎌倉市議会 平成30年 8月 6日総務常任委員会-08月06日-01号 それは前回の当委員会でも申し上げたんですが、今、RPAでしたっけ、実験やってますか、RPAの。何か実験やってますよね。1階かどこかの。その件はいいです。いわゆるAIを含めて、通信技術が抜本的に発展するだろうと。だから簡易な、例えば今、市民課のところで発行して、お金、やってますよね。 もっと読む
2018-06-18 鎌倉市議会 平成30年 6月定例会-06月18日-04号 では、続いて、RPAによる行財政改革推進事業についての質問項目に移ります。   もっと読む
  • 1
  • 2