運営者 Bitlet 姉妹サービス
1327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 つくば市議会 平成30年12月定例会-12月21日-付録 │      │ │2 運転免許証の返納につ│ 高齢者による交通事故などを報道などで、よく耳にします。運│建設部長  │ │ いて         │転をしない、いわゆる運転免許証の返納対策も重要な施策かと思│保健福祉部長│ │            │います。しかし、万人に便利な車を手放すことは生活に大きく関│      │ │            │わる課題であります。 もっと読む
2018-12-18 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第4日12月18日) まず、公共交通施策でございますが、皆さんもご承知のとおり、地方の住民にとって、老若を問わず、生活をする上で運転免許証と車は必要不可欠と言っても過言ではありません。車の運転ができませんと、通勤や買い物、市役所等公共施設や医療施設、どこに通うにしても困難であります。そういった状況の中、不安視されるのが、この先、車の運転ができなくなった際の高齢者世帯の生活であります。 もっと読む
2018-12-17 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月17日-05号 歳出で守谷市地方公共交通活性化協議会負担金の補正は,デマンド乗合交通の運行の実証実験を平成31年度当初から開始するための,予約システム導入経費等及び高齢者運転免許自主返納支援事業における返納申請者の増加による,バス回数券購入代を負担金として増額するものであるとの説明がありました。   もっと読む
2018-12-17 下妻市議会 平成30年 第4回定例会(第3日12月17日) │     │ ├─────┼───────┼───────────┼─────────────────┼─────┤ │ 3   │平間 三男  │1 免許改正による消 │(1) 免許改正による「準中型自動│市長   │ │     │(一括)   │  防ポンプ車運転免 │  車免許」が新設されたが、消  │関係部長 │ │     │       │  許について    │  防団消防ポンプ車運転 もっと読む
2018-12-13 結城市議会 教育・福祉委員会(平成30年)-12月13日−04号 ◆委員(湯本文夫君) まず,この条例の第10条の第3項の(4),これ,学校法の規定が教職免許法ということになったんですが,現在の放課後児童の指導員ですか,何名いるのか。 ○委員長(安藤泰正君) 子ども福祉課長 外池晴美さん。 ◎子ども福祉課長(外池晴美さん) 湯本委員のご質問に対しましてお答えいたします。  学童クラブの支援員数は,平成30年5月現在で61名いらっしゃいます。  以上です。 もっと読む
2018-12-12 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月12日-03号 私が持っているのも普通免許,普通免許の中には中型と書いてあるんですよね,前に取っていれば。今の交通法が変わりまして,普通免許だと3.5トン未満なんです,乗れるのが。ということは,平成29年3月以降に普通免許を取得した者は,3.5トン以上のものは乗れないと。先ほど重量,説明あったとおり,ポンプ車が4.8トン,4.3トン,4.2トン,その車は乗れないんですよね。 もっと読む
2018-12-11 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月11日-02号 本日も傍聴席に,交通弱者と言われる,先ほど市長が随分高齢の傍聴者が多いと言われましたけれども,実は若い人もまざっているのですけれども,運転免許返納者,高齢世帯の方,障がいを持っている方,また家族に障がいを持つ人がいるという方が見えています。現在の時点でわかっているデマンド乗り合いタクシーについての情報,どういう方が利用できるのかというのをお示しください。 もっと読む
2018-12-10 結城市議会 平成30年第4回 定例会-12月10日−04号 近年,独居老人の増加や高齢者の免許返納などにより,買い物や病院などへ行けない方が増えていると感じています。このような状況の中,地域公共交通へのニーズはますます高くなることが予想されますが,定住自立圏に位置づけられている本事業は,具体的にはどのような取り組みであるのか,お伺いします。 ○議長(秋元昇君) 市長公室長 大武英二君。    もっと読む
2018-12-10 茨城町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−02号 議員ご指摘のとおり,道路交通法改正後に取得した普通運転免許証で運転できる車両総重量は3.5トン未満とされており,現職団員では1名の方が該当しております。 もっと読む
2018-12-06 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日:2018-12-06 これから変えようというのは、(4)「教育職員免許法第4条に規定する免許状を有する者」と。何がどういうふうに違いますか。何がどういうふうに変わるんですか、これで。端的に説明をお願いします。 もっと読む
2018-12-04 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018-12-04 医師免許というのは1つしかないわけですよね。医師免許を国家試験で受かって、研修医を経て、それから自分の専攻というか、専門医をそれぞれ目指すわけです。その中で、産科という専門の道を選ぶ先生方が大分減っていると。そういうことで、簡単に医師の確保と言いますけれども、全国的に産科の医師が減っている中で、石岡へ、じゃあ、産科のお医者さんを呼んでこようといっても、それもなかなかハードルが高い。 もっと読む
2018-12-03 守谷市議会 平成30年12月定例月議会−12月03日-01号 2枠目,款8土木費,項4都市計画費,目1都市計画総務費,説明欄の09公共交通運行事業310万7,000円は,高齢者免許自主返納者の増加に伴うバス回数券口数の増及び平成31年度のデマンド乗合交通に向けての準備経費として負担金を増額するものです。  18ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-12-03 石岡市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018-12-03 自転車やヘルメットの購入補助や、早期免許返納者への支援など、総合的なサイクリングのまちづくり構想への思いを語っている市長でございますが、現在、りんりんタウン構想委員会での進捗状況はどのようなものか、お伺いをいたします。 もっと読む
2018-10-12 石岡市議会 平成30年決算特別委員会(第5日目) 本文 開催日:2018-10-12 基本的にはぼうさいやさとという免許のほうをいただくことになろうかと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-28 つくば市議会 平成30年 9月定例会−09月28日-付録 │      │ │4 消防団のポンプ車運│ 貨物自動車による死亡事故の削減と若年層の雇用の促進のため│消防長   │ │ 転について     │昨年3月の道路交通法改正で「準中型免許」が新設されました。 もっと読む
2018-09-20 守谷市議会 平成30年 9月定例月議会−09月20日-05号 委員から,教職員免許状を有していれば,更新していなくてもよいのかとの質疑があり,更新の必要はないとの回答がありました。  審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決するべきものと決しました。  次に,教育委員会所管の議案第74号の審査についてご報告いたします。   もっと読む
2018-09-19 下妻市議会 平成30年 第3回定例会(第4日 9月19日) それと同時に、これは小・中学校の免許、両方がなければできません。中学校の先生が小学校へ行って教えるのには免許がなければできません。ただ、現実として、現在では特例措置は認められておりますが、両方の免許取得をするという大きな壁があります。ただ、茨城県は従来から両方の免許取得した教員を多く採用していますので、そういう点では移行するのにはそんなに壁はないかなと。 もっと読む
2018-09-18 結城市議会 決算特別委員会(平成30年)-09月18日−04号 そういった中で,会場の責任者としまして,当然中学生を教えるわけですので,教育免許の有資格者を配置しまして,教室全体を管理いたします。こちらにつきましては,退職校長会,また退職公務員連盟等にお願いいたしまして,学校の先生ですね,こちらのほうが会場責任者ということです。  そのほかに教育活動サポーターとしまして,子供たちの質問等に答えて,一緒に学習の支援を行うサポートになります。 もっと読む
2018-09-18 下妻市議会 平成30年 第3回定例会(第3日 9月18日) 以前の質問でも言いましたが、下妻市内であっても、周辺地域に住んでいる高齢者で運転免許証のない方は、この高齢者福祉タクシー利用料金助成制度を利用しても、市役所まで、あるいは行きつけの病院まででも2,000円とか3,000円とかのタクシー代がかかるのだから、一度に2枚使ってもいいようにしてほしいとか、近所の高齢者同士が3人とか2人とか話し合って1台のタクシーに乗り合いで出かけるときには、乗った高齢者の一人一人 もっと読む
2018-09-13 つくば市議会 平成30年 9月定例会−09月13日-04号 貨物自動車による死亡事故の削減と若年層の雇用の促進のために、昨年3月の道路交通法改正で、準中型免許が新設されました。改正前では、普通免許で総重量5トン未満の車両が運転できたのが、改正後に取得した普通免許では3.5トン以上は運転できず、準中型免許が必要となります。この場合、県内の消防団が使用しているポンプ車の運転ができなくなる場合が発生するなど、課題が残っているように思っております。 もっと読む