144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

赤穂市議会 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第4日 9月20日)

委員から、当該事業の内容について、ただしたところ、当局から、6つの事業により構成されており、1つ目として、DMO設立に向けたコンサルティング及び基本計画の策定、2つ目として、観光関連事業者を対象としたマーケティング研修の実施、3つ目として、御崎、坂越間の2次交通の拡充、4つ目として、グルメをテーマにしたWebページの制作、5つ目として、Web・SNS広告による情報発信、最後の6つ目として、多言語での

丹波市議会 2019-09-13 令和元年総務文教常任委員会( 9月13日)

今後の施策の展開としましては、シティプロモーションの成果を踏まえて、観光資源の魅力をさらに高めたり、観光が基幹産業となるようDMOによる戦略的な観光振興を挙げております。  続きまして、103ページをお願いいたします。  こちらは新たに起こしました施策目標6-4、恐竜、恐竜を活かしたまちづくりの輪を広げようです。

赤穂市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第2日 9月 6日)

1つ目がDMO、Dはディスティネーション、Mはマーケティングだったりマネジメントだったりしますけども、Oはオーガニゼーションですね。それの設立に向けたコンサルティングであったり基本計画の策定という事業でございます。  2つ目が観光の関連事業者などを対象としましたマーケティングの研修を実施するというものです。  

豊岡市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第4日 6月19日)

いながらローカルを磨き上げ、観光マーケティングにより社会から選ばれるディスティネーションを目指すということで、理事長としては中貝市長、副理事長としては前野文孝副市長、事業本部長としては藤田尚宏さん、神姫バス株式会社理事としまして、村瀬茂高さん、WILLER株、理事、桐山徹郎さんですか、全但バス理事、倉橋建さん、但馬銀行理事、宮垣健生さん、但馬信用金庫、理事、武田和徳さん、楽天株、理事、大社充さん、DMO

淡路市議会 2019-03-14 平成31年第77回定例会(第4日 3月14日)

そしてまたDMO、こういった組織もね、多分今ないと思います。淡路島DMOて余り聞いたことないんで、神戸DMOはあります。明石DMOもあると思います。  そういったことと連携をして、やはり観光地域組織で支えていただきたい。そしてまたファームトリップという言葉がありますけれども、四国の大歩危・小歩危なんかは台湾へ行ってファームトリップをたくさんやって成功しているわけですね。  

洲本市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2日 3月 7日)

さらに、県と島内3市に加え観光協会4者連携し、インバウンドなどを含む誘客強化を図るため、日本DMOに向け取り組みを進めるとされております。地域の多様な関係者を巻き込みつつ、地域資源を最大限に活用、効果的な集客、稼げる観光地域づくりを推進するものであります。どのような地域一帯の魅力的な観光地域づくりをされるのか、DMOの取り組みについて伺います。  

神戸市議会 2019-02-22 開催日:2019-02-22 平成31年予算特別委員会第3分科会〔31年度予算〕(経済観光局) 本文

一般的に周遊範囲が国内旅行者の方々に比べて1つの自治体に限らない,広域に動かれるというのがインバウンドの誘客の動きでございますので,当然,私どもだけではなくて,国また広域連携のDMO,こういった方々との役割も明確にしていく必要があると考えております。  

神戸市議会 2019-02-02 平成31年第1回定例市会(2月議会)(第2日) 本文

DMOである神戸観光局では,今年度,インバウンド戦略を策定しておりますが,本市で定める明確な指針やロードマップがないことからも,まずは本市が今後の方向性を示した上で観光振興計画を策定するべきではないかと考えます。そして,その上で神戸観光局と連携を図り,今後の観光施策を展開していくべきと考えますが,本市と神戸観光局の役割について,どのように考えているのかをお伺いいたします。  

丹波市議会 2018-12-12 平成30年第99回定例会(第3日12月12日)

現在、先ほど申し上げました丹波市版DMOの設立に向けまして、市役所内で検討中でありますが、継続的なデータの収集・分析、目標を達成するために観光戦略を立てていく手法につきましては、DMO組織や事業内容の検討に合わせまして、今後速やかに検討してまいりたいと考えているところでございます。  続きまして、3点目の、今後の丹波市を代表する観光についてでございます。