運営者 Bitlet 姉妹サービス
11896件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 宝塚市議会 平成30年12月19日行財政改革調査特別委員会−12月19日-01号 もっと行政側がやっぱり市民と意見交換して事業を実施せんと、そのツケが全部議会に。 ○大川 委員長  そこまで入れるか、しっかりとまで。それ入れる。               (「あえて強調」の声あり)  あえて入れる、それ。全部がそうや思いますが、あえて入れますか。        もっと読む
2018-12-11 洲本市議会 平成30年第7回定例会(第2日12月11日) そのようなことで、システムを運営する団体、兵庫県電子自治体推進協議会電子申請部会と言うのですけども、そちらのほうにはオブザーバーという形で加入いたしておりまして、情報収集や情報交換ができる体制については維持しているというところでございます。  今後は、電子申請につきまして、その必要性や動向をしっかりと見きわめながら、導入の要否を検討していきたいと思っているところでございます。 もっと読む
2018-12-10 姫路市議会 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号 来年度以降、総合計画のたたき台ができ上がっていく段階で、前回同様、市民と意見交換しながら、またパブリック・コメントや概要版の全戸配布もしながら、市民とともにつくっていくという姿勢で取り組んでいきたいと思っている。 ◆要望   すべてに整合性を持たせたり、連携していくのは、本当に難しい。パブリック・コメントの実施に当たっては、趣旨や目的を十分わかってもらえるよう、周知を徹底してもらいたい。 もっと読む
2018-12-07 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第4日12月 7日) そして、地域公共交通会議の公募委員選任、パブリックコメント、意見交換会やワークショップなどを設定し、市民参加により市民の声を生かした運行方針を練り上げるよう求めます。市長の見解を伺います。  質問の第2は、福浦・西有年産廃計画についてであります。  11月11日付読売新聞「豪雨時水質を守れるか」のタイトルで、福浦・西有年の産廃計画が特集されました。 もっと読む
2018-12-07 姫路市議会 平成30年12月7日経済観光委員会−12月07日-01号 ・姫路市中央卸売市場移転再整備計画に当たって、場内事業者と膝を突き合わせて情報交換を行いながら、取扱数量の増加に向けて鋭意取り組むとともに、使用料を理由に新市場への移転を迷っている事業者が多いことから、移転への不安を少しでも緩和できるように、激変緩和策等の支援策を含めて、早期に新市場の使用料を提示し、丁寧に説明されたいことについて  取扱数量の増加に向けて、何よりも経営戦略の重要性を開設者と場内事業者 もっと読む
2018-12-06 赤穂市議会 平成30年第4回定例会(第3日12月 6日) やはり医療機関との情報交換によって、もう少し宿泊にて授乳とかそういうサポートをしなければならない方がいらっしゃると、そういったときに利用できるので、宿泊型、通所型というのは、利用者がたとえいなくても設けておくべき、開始しておくべきだという考えだったようであります。   もっと読む
2018-12-05 姫路市議会 平成30年第4回定例会−12月05日-04号 その中でですね、音楽にジャンルが幅広いということは十分わかったので、ぜひ、アンプは一そろえ全部あるからこれで終わりと、これであわせてやってくださいというんではなくて、これに交換してやることもできますよぐらいまではですね、考えていただきたいと思いますが、ご所見をお聞かせください。  以上で2問目を終わります。 ○今里朱美 議長   和田観光交流局長。 もっと読む
2018-12-03 姫路市議会 平成30年第4回定例会-12月03日-02号 また、これらの取り組みの一環として、今年度、地元の高校生、大学生、社会人等の若者に参画していただき、本市の魅力をどのように感じているか、どうすれば魅力が伝わるか、また、今後どのような施策があれば就職や定住につながるか、などについての意見交換を行うひめじ創生カフェを2度にわたり開催し、議論を深めたところでございます。   もっと読む
2018-11-27 赤穂市議会 平成30年民生生活委員会(11月27日) 粗大ごみ処理機の破砕機の交換、数十万、100万ぐらいだったらそうでもないんやけど、これ1,000万ぐらいだったら、その機械のどの部分が交換なり、修理されるとか、その辺が伺いたい。できれば図面があって機械の断面があって、ここを交換しますというのだったらわかるんやけど、ほんまに1,000万かけてどういう工事されるのか、その辺をお伺いいたします。 ○木下委員長  萬代業務係長。 もっと読む
2018-11-27 篠山市議会 平成30年第117回臨時会(第1号11月27日) その中で私も多くの市民の方と意見交換をさせていただきました。この市名の問題は、今回の住民投票の投票率、そして投票の僅差であったことを見ても、それぞれの心の問題に帰結する問題であったと考えています。今振り返りましても、この問題で住民投票を実施できたことはよかったと、自分自身でも思っています。  今回住民投票を求め、そして結果が出ました。 もっと読む
2018-11-19 宝塚市議会 平成30年11月19日行財政改革調査特別委員会-11月19日-01号 ◎井上 副市長  実はそういう話はよくお話も直接お聞きもしていますし、それから、最近というても私、先週からですけれども、そういった職場の生き生きと本当に職員全員が同じ目標に向かって、一緒になって頑張っているかというふうなことについて、ちょっと部長と意見交換を始めまして、もう一度改めて職場の中を隅々まで見てほしいと。 もっと読む
2018-10-18 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月18日) 海外の指定された学校と日本の指定した学校とがテレビ、インターネットですね、インターネットを介して、お互いが会話を行い、絵の交換をするんですが、絵の題材を決め、日本で半分、大きな絵を描くためのキャンバスを用意するんですが、1つの題材を決め、日本で半分完成させ、海外で残り半分を完成していただく。このように、お互いコミュニケーションを取りながら、1つの作品を完成していきます。 もっと読む
2018-10-11 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月11日) 県の研修につきましては、その後、県のほうが主催しました国からの情報の伝達の研修ですとか、それぞれの情報交換、ロールプレイング等の研修を行うような研修、そちらのほうに参加いたしております。  それと、平成29年度の相談件数、新規は80件でございますが、継続の件数を済みません、手元に詳細な数字までは持っていないんですが、160件程度継続という形で、かかわりを持っております。  以上です。 もっと読む
2018-10-10 猪名川町議会 平成30年生活建設常任委員会(10月10日) そのうち修繕料が62万6,400円で、これはデジタル無線機のバッテリー交換等の修繕料でございます。次に、19節負担金、補助及び交付金711万3,031円、そのうち2市1町消防通信指令事務協議会負担金が693万6,031円です。これは宝塚市消防本部4階にあります、2市1町消防通信指令センターの運営に係る負担金でございます。 もっと読む
2018-10-04 赤穂市議会 平成30年決算特別委員会(10月 4日) ○田渕委員  そうしたら、最後にしますけれども、AED使用後の電極パッドを交換した時の代金のことですけれども、交換でも契約金の中に含まれているのでしょうか。  また、実際に使わなくて、未使用で期限が切れた場合にも、電極パッドの交換代金、これも契約の中に含まれているというふうになっているんでしょうか。 ○前川委員長  安本企画広報課危機管理担当係長。 もっと読む
2018-10-04 神戸市議会 開催日:2018-10-04 平成30年決算特別委員会第2分科会〔29年度決算〕(保健福祉局) 本文 人工内耳の埋め込み手術は保険適用の対象になっておりますが,電池交換などにかかる費用は保険適用外となっているため装用者や家族にとっては大きな経済的負担となっております。   もっと読む
2018-10-04 猪名川町議会 平成30年総務文教常任委員会(10月 4日) 4行下、13節委託料2,339万6,472円につきましては、施設管理委託料で、主に庁舎総合管理業務委託といたしまして、本庁舎における清掃業務、宿日直業務、電話交換などを委託しているもののほか、植栽管理や空調設備の保守業務などを委託しているものでございます。 もっと読む
2018-10-03 姫路市議会 平成30年第3回定例会−10月03日-05号 本委員会といたしましては、場内事業者とひざを突き合わせて情報交換を行いながら、取り扱い数量の増加に向けて鋭意取り組まれたいことを。  また、現在も使用料を理由に新市場への移転を迷っている事業者が多いことから、移転への不安を少しでも緩和できるよう、激変緩和措置等の支援策を含めて、早期に新市場の使用料を提示し、丁寧に説明されたいことを要望いたしました。  以上のとおりであります。   もっと読む
2018-10-03 宝塚市議会 平成30年10月 3日文教生活常任委員会−10月03日-01号 向こうも、わかりました、やっぱりそういうふうにしていきましょうということでの情報交換、今言われた多職種の交流をする中で、ああ、やっぱり宝塚に医師を派遣してもいいなと思わせるような形の会というふうに思ったらいいですね。これをうまく整合させないと、今言われたみたいな医師確保に向けた一つの確定な部分というのはなかなかないと。 もっと読む
2018-10-01 宝塚市議会 平成30年第 3回定例会-10月01日-05号 この研修を通じて、地域の状況のみならず、市民の皆様と築いたつながりも含めて、意見交換を行う情報意見交換会や1年間の研修成果を発表する報告会を行うことにより、成果の共有に努めています。  また、広報たからづか8月号に、研修での活動状況を地域の皆様の声とともに掲載し市民の皆様への周知も行ったところです。今後も引き続き効果的な研修の実施に努めていきます。   もっと読む