運営者 Bitlet 姉妹サービス
584件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 愛南町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月14日) 愛南町で働いてよかった、また働きたいと思って帰国されるのか、それとも失踪してしまうのか、中小企業はもとより受け入れ自治体としてもでき得るサービスを提供すべきだと思います。幸いなことに、文化庁のこの100%事業があり、隣の宇和島市は既に応募について検討されているようです。 もっと読む
2018-09-13 愛南町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月13日) 最初に御質問がありました、189ページ、企業立地誘致活動事業190万の件なんですけれども、これほとんどが中小企業緊急雇用安定助成金ということで、休業補償に対する雇用助成金が156万5,000円ほど含まれておりまして、二者に補助金として出しております。   もっと読む
2018-09-10 今治市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018年09月10日開催 さて、公明党は、本年4月より3カ月間、全国で「100万人訪問・調査」運動を行い、子育て、介護、防災・減災、中小企業の4つのテーマでアンケートを実施いたしました。アンケートをとりながら、市民の方々からお話を伺い、また抱えている問題点などをお伺いいたしました。 もっと読む
2018-06-07 今治市議会 平成30年第3回定例会(第1日) 本文 2018年06月07日開催 第23項でございますが、生産性革命の実現に向けた中小企業の設備投資を後押しするため、平成32年度までの特例措置として、対象となる設備投資に係る固定資産税をゼロにしようとするものでございます。  この条例は、平成30年4月1日から施行させていただいておりますが、一部条項につきましては、地方税法の施行日等によりまして、施行の日が異なってございます。  179ページをお願いします。 もっと読む
2018-03-19 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月19日−08号 1つ目が、待機児童対策など、子育て環境の充実や超高齢社会の到来に備えた健康寿命の延伸などの取り組み、2つ目が、中小企業の人手不足対策や商店街振興のほか、道後温泉本館の保存修理工事に備えた取り組みなど、地域経済の活性化に向けた取り組み、3つ目が、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、地域防災力の強化や耐震化を着実に進める防災・減災対策の取り組みなど、それぞれの分野での施策の遂行に配意したとし、歳入全部 もっと読む
2018-03-13 宇和島市議会 平成30年  3月 定例会-03月13日−04号 まず、第1次総合計画の商工業の部分につきましてですが、まず、商業の振興の部分につきまして、こちらは後期基本計画から拾わせていただいた部分なんですが、1つ、商工団体の充実強化ということで、商工団体の活性化事業、2番目に、商業経営の近代化ということで、商店街支援事業、3番目に、中小企業の体質強化ということで、中小企業振興資金融資事業、4つ目に、市街地再生やまちづくりに向けた組織づくりということで、まちづくりの もっと読む
2018-03-01 松山市議会 平成30年 3月定例会-03月01日−05号 中小企業で支えられている本市の経済状況では、一度災害が発生すればとうとい命が失われるだけではなく、多くの企業を喪失し、本市の都市経営自体も危ぶまれることになりかねません。そこで、大規模災害発生の際、必要な資金を迅速に工面できるような資金調達制度ができないものか、御所見をお聞かせください。  次に、道後温泉活性化についてお尋ねいたします。 もっと読む
2018-02-16 松山市議会 平成30年 3月定例会-02月16日−01号 1つ目が、待機児童対策など子育て環境の充実や超高齢社会の到来に備えた健康寿命の延伸などの取り組み、2つ目が、中小企業の人手不足対策や商店街振興のほか、道後温泉本館の保存修理工事に備えた取り組みなど、地域経済の活性化に向けた取り組み、3つ目が、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、地域防災力の強化や耐震化を着実に進める防災・減災対策の取り組みです。 もっと読む
2018-01-09 松山市議会 平成30年 1月 9日 地方創生調査特別委員会-01月09日−01号 4番目の魅力ある仕事と職場をつくる、つまり地域経済活性化でございますが、松山ひじきを新たな農林水産物ブランドに認定し、首都圏のスーパーや市場でトップセールスを積極的に展開したほか、女性のための在宅就業支援や中小企業振興円卓会議メンバーによる大学での講義など、具体的な取り組みを推進しております。  最後のページでございます。5番目の暮らしと経済を守る、暮らしと経済まちづくりでございます。 もっと読む
2017-12-04 松山市議会 平成29年12月定例会-12月04日−04号 しかしながら、安全性やサービスの向上、事業の適正化を図るため、これまでの運営実績や毎年実施してきた評価・検証結果を指定管理者と意見交換し、現状に即した人員配置や地元中小企業に配慮した業務委託の要請、さらには地元商店街と連携した地域貢献の実施などの改善・見直しを行っています。以上でございます。 ○栗原久子議長 岡議員。 ◆岡雄也議員 次に、指定管理者におけるインセンティブについてお尋ねいたします。 もっと読む
2017-11-30 松山市議会 平成29年12月定例会-11月30日−02号 しかしながら、官公庁や一部の大手企業などでは、ドナー休暇制度が整備されているものの、中小企業や自営業者、農家、育児や介護をしている方は、休むことが経済的な負担に直結するなど、簡単には時間をつくれない事情があります。働く世代においては、仕事や収入上の理由から断念せざるを得ないケースもあると考えられます。 もっと読む
2017-10-23 松山市議会 平成29年10月23日 産業経済分科会-10月23日−01号 所別館6階 第3委員会室会 議 時 間開会 午前 9時59分    閉会 午前10時47分出 席 委 員 (5名)◎中村嘉孝  〇武田浩一   清水宣郎   寺井克之   山瀬忠吉欠 席 委 員 (0名) なしそ の 他 の 出 席 者執行機関大崎修一産業経済部長  崎山吉繁産業経済部副部長 橘川浩司産業経済部瀬戸内・松山観光戦略推進官 高田 稔競輪事務所長  宇野哲朗地域経済課長 八塚 健地域経済課中小企業応援 もっと読む
2017-09-14 愛南町議会 平成29年第3回定例会(第2日 9月14日) 別表1の担任する事務欄の「愛南町中小企業振興特別融資条例に基づく中小企業に対する融資の審査に関すること。」を「事業承継問題解決に関すること。」に改めるものであります。 もっと読む
2017-06-23 伊予市議会 平成29年第4回( 6月)定例会-06月23日−資料 久 保   榮         〃             田 中   弘         〃             岡 田 博 助(前市議会議員)   ◎ 感謝状(役員)          武 智   実 △陳情文書表(今議会受理分) 平成29年第4回(6月)定例会 陳 情 文 書 表(今議会受理分)番   号陳情第2号受 理 年 月 日平成29年2月23日件   名「最低賃金の改善と中小企業支援 もっと読む
2017-06-23 伊予市議会 平成29年第4回( 6月)定例会-06月23日−05号 今議会提出の陳情第2号最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書の採決を求める陳情については、趣旨は理解できるものの、伊予市の現状において最低賃金をすぐに1,000円以上に引き上げるのは、正直難しい。 もっと読む
2017-06-05 伊予市議会 平成29年第4回( 6月)定例会-目次 ……… 114  報告第8号 平成28年度伊予市繰越明許費繰越計算書について…………………… 117  報告第9号 平成28年度伊予市継続費繰越計算書について………………………… 119  報告第10号 平成28年度伊予市水道事業会計予算繰越計算書について…………… 119  受  理…………………………………………………………………………………… 119 日程第4 陳情第2号 「最低賃金の改善と中小企業支援 もっと読む
2017-03-14 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月14日−04号 昨年の8月に宇和島商工会議所、吉田三間商工会、津島町商工会が連盟で市長に対しまして、「宇和島市中小企業小規模企業振興基本条例の制定に関する要望書」の提出ということがございました。それを受けまして、市といたしまして、小規模企業に限らず、中小企業全体の振興を図る趣旨で条例を制定したいというふうに考えておりまして、その準備作業を現在進めておるところでございます。   もっと読む
2017-03-14 宇和島市議会 平成29年  3月 定例会-03月14日−04号 昨年の8月に宇和島商工会議所、吉田三間商工会、津島町商工会が連盟で市長に対しまして、「宇和島市中小企業小規模企業振興基本条例の制定に関する要望書」の提出ということがございました。それを受けまして、市といたしまして、小規模企業に限らず、中小企業全体の振興を図る趣旨で条例を制定したいというふうに考えておりまして、その準備作業を現在進めておるところでございます。   もっと読む
2017-03-08 今治市議会 平成29年第2回定例会(第2日) 本文 2017年03月08日開催 国では、回復の兆しを見せ始めた経済成長の恩恵を地方や中小企業に着実に広げていくとして、成長と分配の好循環の実現のための生活密着型インフラ整備を推進しています。平成29年度水道施設整備予算案には、全国の自治体で老朽化が進み、管路の更新が問題視されている水道施設の水質安全対策、耐震化対策として355億円が計上されています。 もっと読む
2017-03-07 四国中央市議会 平成29年 3月定例会-03月07日−02号 また,これらの施策によって一定の地域産業の振興,雇用の拡大などは進みますが,真の地域経済の再生,活性化という点では,全ての中小企業者に光を当てることが求められていると思います。  そこで,一つの問題は,ここらで全国に広がっております中小企業振興条例の制定で全業者を視野に入れた施策を展開をすることを求めると同時に,正当な人件費の確保のため,公契約条例の制定を求めたいと思います。   もっと読む