30470件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-22 平成57年 6月 定例会-06月22日−07号

わが国の食糧をめぐる情勢は、二年続きの冷災害で米の需給が逼迫する事態に直面しており、他方、農産物国際需給は近年不安定な様相を深め、長期的に見て楽観を許さないものがあるので、食糧農業基本政策並びに米穀政策の確立と、昭和五十七年産米の政府買い入れ価格について、その要求実現のため御高配をお願いしたいというものであります。  

熊本県議会 2045-06-16 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号

干拓事業で自然流水ができるようにしてもらうか、あるいは災害時や生活排水分は公費で負担してもらうのが筋だと思うのですが」と厳しい口調で訴えられました。他県にはまだ例はないと思いますが、本県独自の制度を設け、干拓農業の発展等を考えていただきたいと存じます。  農政部長より答弁をいただき、後再登壇いたします。   

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

そのほか、入居者の収入が著しく低額であること、入居者が疾病にかかったとき、入居者が災害により著しく損害を受けたとき、このような入居者に対しても減免措置を講じていただきたいと思います。  土木部長の答弁をお願いします。   〔土木部長梅野倫之君登壇〕 ◎土木部長(梅野倫之君) お答えいたします。  

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

したがって、日常生活の不便はもとより、国道二百十九号線の再三の災害による交通どめ、あるいは渋滞時の迂回路としても全く機能していない実情であります。特に近年、高速道路が北から八代市まで、南からはえびの市まで開通したことに伴いまして、国道二百十九号線への車の流入が激しく、その渋滞交通事故の増発はまことに目に余るものがあるのであります。

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

事業費の見直しに当たりましては、工事による二次災害を絶対に発生させないことが第一の課題でありますので、経済面ももちろん考慮する必要がございますが、日進月歩する技術革新の中で、第一工区のこれまでの施行実績を踏まえまして、詳細かつ慎重に今後の工法について運輸省当局と協議を行っておる現況でございます。

熊本県議会 2045-06-07 平成57年 6月 定例会-06月07日−01号

改正する条例の制定ついて 第九号 熊本県伝統工芸館条例の制定について 第十号 熊本県漁港管理条例の一部を改正する条例の制定について 第十一号 和解及び損害賠償額の決定について 第十二号 熊本県都市公園条例の一部を改正する条例の制定について 第十三号 工事請負契約締結について 第十四号 県道の路線認定について 第十五号 県道の路線廃止について 第十六号 熊本県学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償

福井県議会 2019-10-04 2019.10.04 令和元年第408回定例会(第5号 閉会日) 本文

町長からかけられた言葉は「佐藤さん、見てのとおりの大災害です」と、「県会議員さんは1人1億円、国会議員さんは1人3億円持ってきてください」と、そういう言葉でした。今、同様の災害が美山地区を襲ったらと考えるとぞっといたします。巨大災害が連続する時代だからこそ、財源と人材をより住民の近くに配置することが真に強靭な国土づくりとなります。  

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-10-02

平成三十年の七月豪雨、台風第二十一号や北海道胆振東部地震、さらに、直近では千葉県を襲った台風第十五号など、全国的に災害が頻発をしておりまして、激甚化をしてきております。これらの災害においては、多くの人命が奪われた上に、重要施設の浸水被害であったり、広域にわたって長時間の停電を引き起こすなど、人々の生活や経済活動に非常に大きな影響を来しております。  

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 概要

方改革について …………………………… 7       3 働き手の活躍支援について ……………………………………… 9       4 スポーツ文化による交流について …………………………… 12       5 杉田玄白記念公立小浜病院について …………………………… 15       6 消費税の引き上げについて ……………………………………… 16 2 西本 恵一 委員       1 災害対策

福井県議会 2019-09-27 2019.09.27 令和元年長期ビジョンに関する特別委員会 本文

市町との連携、地域の自助・共助ということで、災害の対応力を向上させていくと。それから、インフラの老朽化対策である県土強靭化も大切な事柄である。それから、子ども、女性、高齢者など県民を守る犯罪事故対策なども強化していきたいというふうに考えている。  以上、今後意見を伺いながら具体策を肉づけしていくものと考えている。  資料の2−1をごらん願う。  

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

そして、県外調査で行った熊本地震の爪跡、橋が崩れ落ちているのを見て、災害の恐ろしさ、自然の力を感じずにはいられませんでした。最近は頻繁に雨、風による災害が多く、いつ、どこの地区で起こっても不思議ではありません。  青森県の管理する橋梁は、高度経済成長期以降に集中され、近い将来において大量更新時代が到来することが予測されていると認識しております。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

多くの県民に意識してほしいのは、今、災害が発生したらみずからがどのような行動をとるべきかです。行動指針として、県はあおもりおまもり手帳を発行し、県民に広く行き渡らせました。  避難指示や勧告といったわかりにくい表現も、現在は五段階の警戒レベルといった、より危険性について理解しやすい報道へと変化しています。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

                                │ │(農林水産部関係)                              │ │ 議案第1号中関係分                             │ │(3)報告事項                                  │ │(生活環境部関係)                              │ │  ①災害