44717件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-01 06月22日-07号

わが国の食糧をめぐる情勢は、二年続きの冷災害で米の需給が逼迫する事態に直面しており、他方、農産物の国際需給は近年不安定な様相を深め、長期的に見て楽観を許さないものがあるので、食糧農業基本政策並びに米穀政策の確立と、昭和五十七年産米政府買い入れ価格について、その要求実現のため御高配をお願いしたいというものであります。 以上、二件の陳情につきましては、前向きで検討の上善処することといたしました。 

熊本県議会 2045-06-01 06月16日-06号

干拓事業自然流水ができるようにしてもらうか、あるいは災害時や生活排水分は公費で負担してもらうのが筋だと思うのですが」と厳しい口調で訴えられました。他県にはまだ例はないと思いますが、本県独自の制度を設け、干拓地農業発展等を考えていただきたいと存じます。 農政部長より答弁をいただき、後再登壇いたします。  

熊本県議会 2045-06-01 06月12日-03号

したがって、日常生活の不便はもとより、国道二百十九号線の再三の災害による交通どめ、あるいは渋滞時の迂回路としても全く機能していない実情であります。特に近年、高速道路が北から八代市まで、南からはえびの市まで開通したことに伴いまして、国道二百十九号線への車の流入が激しく、その渋滞交通事故の増発はまことに目に余るものがあるのであります。

熊本県議会 2045-06-01 06月07日-01号

熊本心身障害者対策協議会条例の一部を改正する条例制定ついて第九号 熊本伝統工芸館条例制定について第十号 熊本漁港管理条例の一部を改正する条例制定について第十一号 和解及び損害賠償額の決定について第十二号 熊本都市公園条例の一部を改正する条例制定について第十三号 工事請負契約の締結について第十四号 県道路線認定について第十五号 県道路線廃止について第十六号 熊本学校医学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償

兵庫県議会 2021-06-16 令和 3年総務常任委員会( 6月16日)

──┘   開会日時 令和3年6月16日(水)       午前10時0分開会       午後0時24分閉会 場   所 第1委員会室 議   題 (部外局関係)       1 正副委員長あいさつ並びに各委員紹介       2 当局あいさつ並びに幹部職員紹介       3 令和3年度事務概要について       (企画県民部関係政策調整局企画財政局管理局、新庁舎整備室防災企画局災害対策局

兵庫県議会 2021-06-16 令和 3年総務常任委員会( 6月16日)

──┘   開会日時 令和3年6月16日(水)       午前10時0分開会       午後0時24分閉会 場   所 第1委員会室 議   題 (部外局関係)       1 正副委員長あいさつ並びに各委員紹介       2 当局あいさつ並びに幹部職員紹介       3 令和3年度事務概要について       (企画県民部関係政策調整局企画財政局管理局、新庁舎整備室防災企画局災害対策局

兵庫県議会 2021-06-09 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第4日 6月 9日)

また、復興象徴として迎えた平成18年ののじぎく兵庫国体復興シンボルとして整備された県立美術館芸術文化センター県内外の自然災害への迅速な対応と、災害教訓を生かした県民緑税総合治水条例などの時代を先導する対策、そして地方分権を先導する関西広域連合発足など、その功績を挙げると枚挙にいとまがありません。  

兵庫県議会 2021-06-09 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第4日 6月 9日)

また、復興象徴として迎えた平成18年ののじぎく兵庫国体復興シンボルとして整備された県立美術館芸術文化センター県内外の自然災害への迅速な対応と、災害教訓を生かした県民緑税総合治水条例などの時代を先導する対策、そして地方分権を先導する関西広域連合発足など、その功績を挙げると枚挙にいとまがありません。  

兵庫県議会 2021-06-08 令和 3年総務常任委員会( 6月 8日)

       知事室長     城 谷 美也子        ビジョン局長   守 本   豊        地域創生局長   井ノ本 知 明        科学情報局長   吉 高 昌 広        県民生活局長   高 永   徹        女性青少年局長  木 村 晶 子        防災企画局長   計 倉 浩 寿        広域防災参事   小野山   正        災害対策局長

兵庫県議会 2021-06-08 令和 3年総務常任委員会( 6月 8日)

       知事室長     城 谷 美也子        ビジョン局長   守 本   豊        地域創生局長   井ノ本 知 明        科学情報局長   吉 高 昌 広        県民生活局長   高 永   徹        女性青少年局長  木 村 晶 子        防災企画局長   計 倉 浩 寿        広域防災参事   小野山   正        災害対策局長

兵庫県議会 2021-06-07 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第3日 6月 7日)

平成26年8月に発生した丹波豪雨では、本庁丹波県民局災害復興室を設置し、県と市が連携して円滑な復旧復興に取り組まれ、約3年でほぼ全ての災害復旧を完了させることができました。県ではこの災害経験を踏まえ、新たに県単独土砂災害対策事業を創設し、被災地だけでなく、全県下において防災工事を強力に推進してこられました。  

兵庫県議会 2021-06-07 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第3日 6月 7日)

平成26年8月に発生した丹波豪雨では、本庁丹波県民局災害復興室を設置し、県と市が連携して円滑な復旧復興に取り組まれ、約3年でほぼ全ての災害復旧を完了させることができました。県ではこの災害経験を踏まえ、新たに県単独土砂災害対策事業を創設し、被災地だけでなく、全県下において防災工事を強力に推進してこられました。  

兵庫県議会 2021-06-04 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第2日 6月 4日)

五つ目災害後に弱い立場にある人の支援についてであります。  大きな災害が起きた際、国や地方公共団体では災害救助法により、被災者救援に当たります。要件を満たせば、災害救助法が適用されますが、それだけで災害を被った全ての人に救助の手が行き届くわけではありません。どうしても支援を受けることができない方々がいることも大きな課題一つであります。  

兵庫県議会 2021-06-04 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第2日 6月 4日)

五つ目災害後に弱い立場にある人の支援についてであります。  大きな災害が起きた際、国や地方公共団体では災害救助法により、被災者救援に当たります。要件を満たせば、災害救助法が適用されますが、それだけで災害を被った全ての人に救助の手が行き届くわけではありません。どうしても支援を受けることができない方々がいることも大きな課題一つであります。  

東京都議会 2021-06-02 2021-06-02 令和3年第2回定例会(第9号)(速報版) 本文

災害対策において、新型コロナウイルス感染症と自然災害との複合災害対策は喫緊の課題です。とりわけ、複合災害対策において、避難所対策は極めて重要です。  私たちはこれまで、避難所テントの配備など、感染症対策の取り組みをさまざま提案してまいりました。そこで、感染症と自然災害との複合災害における避難所対策を一層充実強化すべきと考えますが、知事の見解を伺います。  

東京都議会 2021-06-02 2021-06-02 令和3年第2回定例会(第9号)(速報版) 名簿・議事日程

令和三年度東京一般会計補正予算(第七号) 第二 第百八号議案   令和三年度東京病院会計補正予算(第二号) 第三 第百九号議案   東京都知事給料等の特例に関する条例の一部を改正する条例 第四 第百十号議案   非常勤職員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例 第五 第百十一号議案   東京新型コロナウイルス感染症対策条例の一部を改正する条例 第六 第百十二号議案   東京都特定非常災害

兵庫県議会 2021-06-01 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第1日 6月 1日)

新型コロナウイルスとの対応が続く中でも、自然災害は待ってくれません。このようなときこそ、県民の安全・安心への取組を着実に進めていかなければなりません。  近畿地方は、統計史上最も早い、5月16日に梅雨入りとなりました。出水期を迎え、自然災害感染症との複合災害へ備えなければなりません。昨年は、県内で大きな豪雨災害はありませんでしたが、頻発・激甚化する災害に対し決して油断はできません。  

兵庫県議会 2021-06-01 令和 3年 6月第354回定例会・速報版(第1日 6月 1日)

新型コロナウイルスとの対応が続く中でも、自然災害は待ってくれません。このようなときこそ、県民の安全・安心への取組を着実に進めていかなければなりません。  近畿地方は、統計史上最も早い、5月16日に梅雨入りとなりました。出水期を迎え、自然災害感染症との複合災害へ備えなければなりません。昨年は、県内で大きな豪雨災害はありませんでしたが、頻発・激甚化する災害に対し決して油断はできません。