運営者 Bitlet 姉妹サービス
541件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 骨髄移植ドナー登録について伺います。  昨年末の会派要望に引き続き、先日私たちは、白血病患者の方々を救うことができるよう、骨髄移植ドナーについての正しい理解の促進や、助成金制度を導入する基礎自治体を支援する都の費用負担制度の周知を行うとともに、国に対して、企業等のドナー休暇の制度化などの働きかけを求める要望書を小池知事に提出しました。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 角膜移植医療はドナーが存在して行うことができる医療である。県内では平成30年3月現在で眼球提供実登録者数は1万1,107名になっている。また、そのうち献眼した人が380名、678の眼球が移植をされた。誰かのために死後に角膜を提供したいと思う患者さんや家族の意思を、角膜移植を待つ患者さんに届ける橋渡しをしている公的機関がアイバンクであり、県内にも1カ所設置をされている。   もっと読む
2018-10-25 茨城県議会 平成30年決算特別委員会  本文 開催日:2018.10.25 最後の骨髄移植普及対策事業でございますが,県内各地域におきまして骨髄ドナー登録会を開催したほか,市町村が行う骨髄ドナー助成費の一部を補助することで骨髄移植の推進を図ってまいりました。  薬務課関係の説明は以上でございます。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ◯福地委員長 次に,前田技監兼生活衛生課長。 ◯前田技監兼生活衛生課長 生活衛生課関係につきまして御説明申し上げます。   もっと読む
2018-10-02 青森県議会 2018.10.02 平成30年第295回定例会(第4号)  本文 しかし、骨髄移植を希望しても、適合するドナーが見つかる確率は低く、また、ドナーには五十四歳までという制限があり、超過すると登録自体が取り消しとなり、その失われていく数は毎年約二万人を数えると言われています。  したがって、ドナー登録が一時的、一過性のものではなく、常に一人でも多くのドナー登録を継続的に呼びかける必要があります。   もっと読む
2018-09-21 茨城県議会 平成30年予算特別委員会  本文 開催日:2018.09.21 県では,骨髄移植の推進のために,平成28年度から骨髄ドナー助成費補助事業というものを展開をしていただいております。実際に,今後,この取り組みによりまして,骨髄提供が促進をされて,骨髄移植により救われる命がふえていくということが期待されております。 もっと読む
2018-09-07 茨城県議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.09.07 一方,骨髄移植については,公益財団法人日本骨髄バンクが中心となってドナー登録者数をふやしております。現在では90%以上の患者さんに適合するドナー候補者が見つかるようになりましたが,実際に移植を行うことができるのは,約6割にとどまっている状況であります。   もっと読む
2018-07-20 青森県議会 2018.07.20 平成30年環境厚生委員会 本文 本県では、まず、県のホームページにおけるドナー登録手順の掲載など骨髄バンク事業のPR、また、骨髄移植に係る県民公開講座の後援及び関係機関への周知、ラジオ等の県広報番組を活用した啓発活動、県内各種イベントにおける啓発活動、厚生労働省等で作成したドナー登録のしおりの市町村への配付・周知などを実施しております。 もっと読む
2018-06-27 長野県議会 平成30年 6月定例会本会議-06月27日-03号 現在のドナー登録者の年齢構成からすると、若年層にドナー登録の普及を進めていくことが極めて重要と考えられます。  さらに、課題の一つとして、ドナーとして骨髄等を提供するためには、事前の検査、面談や入院期間を含め7日から10日ほど必要になることが挙げられます。 もっと読む
2018-06-26 富山県議会 2018.06.26 平成30年厚生環境委員会 中谷医療政策班長 ドナー登録を行いますためには、医師による問診、それから採血が不可欠ということから、医師や看護師が配置されております献血会場などでドナー登録会を開催しております。 もっと読む
2018-06-12 石川県議会 平成30年 6月12日予算委員会-06月12日-01号 そういったことからもできる限りドナーの数を確保する、そういった必要があるわけですが、まずは昨年度の新規のドナー登録者数と、またここ最近の推移をお聞かせください。 ◎片岡穣 健康福祉部長  骨髄ドナー登録でございますが、18歳以上54歳以下の方を対象としておりまして、骨髄提供の意思確認を行いました上で採血、検査をいたしましてドナーとなる方の氏名、白血球の型などを登録しているところでございます。 もっと読む
2018-05-31 群馬県議会 平成30年 第2回 定例会−05月31日-02号 骨髄移植ドナー登録者をふやす取組が重要になっています。昨年、部長はドナー登録者を増やす方法として、説明員の養成を重点的に進めるとしましたが、その成果はどのようになっているのか、お伺いをいたします。 もっと読む
2018-03-14 茨城県議会 平成30年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2018.03.14 次の骨髄移植登録強化推進費は,献血併行型骨髄ドナー登録会や各種キャンペーンにより骨髄バンク登録者の確保を図るとともに,市町村が骨髄の提供者へ助成する経費の一部を補助するものでございます。  次に,左側一番下の麻薬大麻取締費でございます。茨城県薬物の濫用の防止に関する条例に基づき,教育や啓発の充実,再乱用防止対策を図ることとしております。  100ページをお開き願います。   もっと読む
2018-03-12 愛媛県議会 平成30年環境保健福祉委員会( 3月12日) 3は、市町が実施する骨髄バンクドナーに対する補助への助成、献血推進計画の策定や献血の普及啓発等、骨髄バンク事業及び献血事業の推進に要する経費であります。4は、薬物乱用防止の啓発活動及び薬物相談に要する経費であります。5は、麻薬及び覚醒剤の取り扱い施設の立ち入り検査等に要する経費であります。6は、温泉法に基づく許可や指導に要する経費であります。   もっと読む
2018-03-12 千葉県議会 平成30年_健康福祉常任委員会(第1号) 本文 2018.03.12 1つは骨髄バンクのドナー助成制度の支援について、もう1点が日本版のネウボラ、子育て世代包括支援センターについてです。  まず、骨髄バンクドナー助成制度の支援についてでございますけれども、千葉県は平成29年度から骨髄バンクドナー支援制度を導入しています。 もっと読む
2018-03-09 高知県議会 平成30年  3月 危機管理文化厚生委員会-03月09日−01号 次の骨髄・末梢血幹細胞移植促進事業費補助金については、ドナーからの申請が見込みを下回ったことによる減額です。  次の8地域医療介護総合確保積立基金積立金につきましては、国の内示額が当初要望額を下回ったことによる減額です。  次の高知医療センター費の高知医療センター運営支援事業費の負担金の減額は、企業債利息の負担分などが見込みを下回ったことによるものです。  次に60ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-03-07 京都府議会 2018.03.07 平成30年府民生活・厚生常任委員会及び予算特別委員会府民生活・厚生分科会2月定例会2日目[ 配付資料 ] │ │ そこで、国際移植学会は、平成20年5月に「各国は、自国民の移植ニーズに足る臓器を自国のドナーによって確保する努力をすべ  │ │きだ」とする主旨の「臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言」を行った。                     もっと読む
2018-03-06 福島県議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−一般質問及び質疑(一般)−08号 次に、骨髄ドナー支援についてであります。  現在、骨髄バンクに骨髄や末梢血幹細胞の提供を希望しているドナーの登録者が全国に約48万人おります。今では移植を待つ患者の9割以上に適合ドナーが見つかるようになりましたが、実際に骨髄の提供に至るのはこのうち6割程度にとどまっております。その原因の1つがドナー側の入院、通院の負担が大きいことにあります。   もっと読む
2018-02-27 愛媛県議会 平成30年第356回定例会(第3号 2月27日) 一方、この修復腎移植は海外の学会からドナー不足を解消するすばらしい医療として称賛され、特にアメリカでは、一昨年4月から国を挙げて修復腎移植の推進を始めました。  こうした中、徳洲会グループは、一昨年の6月、修復腎移植の早期再開に向けて厚労省に先進医療指定の申請をし、昨年10月、3度目の審議で条件つきながらやっと承認されました。禁止から11年目にして、再開への道筋が見えてきたのであります。   もっと読む
2018-02-14 茨城県議会 平成30年保健福祉常任委員会  本文 開催日:2018.02.14 3の造血幹細胞移植の推進でございますが,献血会場でのドナー登録会開催により骨髄バンクドナー登録者の確保を図るとともに,市町村が行う骨髄ドナーへの助成に対して支援を行っております。  次に,[2]の医薬品等の安全対策の充実でございます。  1の医薬品等の安全確保でございますが,医薬品製造業や薬局等の監視指導等の徹底を図っているところでございます。  57ページをごらんください。   もっと読む
2017-12-07 滋賀県議会 平成29年11月定例会議(第15号〜第21号)−12月07日-03号 ◆39番(成田政隆議員) (登壇)それでは、次に、骨髄ドナー登録について伺います。  小児がん、AYA世代のがんに共通して多いがんとして、白血病を含む血液腫瘍があります。現在、白血病などで苦しむ患者を救おうと、骨髄や末梢血幹細胞の提供を希望して骨髄バンクドナー登録をしている人は現在約48万人おられるものの、ドナー登録は減少傾向にあり、また、取り消し者数は増加傾向にあります。 もっと読む