6643件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2045-06-16 熊本県議会 平成57年 6月 定例会-06月16日−06号 一方、昭和四十九年の人材確保法成立で教員の待遇が改善されたことから、教師志願者は年々増加してきましたが、半面、採用者にはペーパーテストに強い受験エリートも目立つようになってまいりました。こうしたエリート教師が一般的に苦手とするのが、落ちこぼれ、非行に走る児童生徒の扱いであります。 もっと読む
2019-03-14 東京都議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第4号)(速報版) 本文 中学校では、授業時間の確保のために五教科の中間テストを一日で終わらせたり、期末テストの日も午後に授業をするなどのことが行われております。子供も大変だし、先生は採点の時間もとれません。  都として、なぜ、こうしたことが起きるのか、どうしたら改善できるのか、根本的なところに踏み込んで考えていただきたいと思っております。   もっと読む
2019-03-13 兵庫県議会 平成31年度予算特別委員会・速報版(第10日 3月13日) 本県における全国体力テストの結果は、いまだに全国平均を下回る状況であることから、改めて質問することとする。  スポーツ庁が行った2018年度の全国体力・運動能力、運動習慣等調査、いわゆる全国体力テストの結果によると、小5と中2の児童生徒全員を対象に50メートル走や反復横跳びなど実技8種目のテストを実施し点数化した体力合計点の平均は、2008年度の調査開始以来、最高を更新した。   もっと読む
2019-03-08 滋賀県議会 平成31年 3月 8日予算特別委員会県民生活・土木交通分科会−03月08日-01号 ◎大野 スポーツ局交流推進室長  米原のホストタウンにつきましても、今年度は、男子ホッケーの代表チームが来られて、日本とのテストマッチや小中学生を対象にしたホッケー教室を開催していただいたところです。  来年度につきましても、引き続きこういった交流事業をする予定と伺っておりますが、具体的には、今検討されていると伺っています。 もっと読む
2019-03-07 滋賀県議会 平成31年 3月 7日予算特別委員会文教・警察分科会−03月07日-01号 平成31年度からの取り組みでリーディングスキルテストというしっかりと読み取れているかどうかを評価するテストがありますので、高校生全員ではなく、一部の学校でテストを行い、その状況を把握した上で、それを改善するためにどうしたらいいかを今後研究していくために取り組んでいきたいと考えています。 もっと読む
2019-02-27 福井県議会 2019.02.27 平成31年土木警察常任委員会及び予算決算特別委員会土木警察分科会 本文 また、聞くところによると、高齢者講習のテストが厳しくなっているとおっしゃっている方がいる。どういう対応をされているのか、その点についてもお聞きする。 ◯交通部長  免許の自主返納の関係についてのお尋ねであるけども、返納数は昨年までは増加傾向であった。平成30年は2,609件、うち高齢者は2,551件と、わずかながら減ったものの、高水準で返納はされている。   もっと読む
2019-02-13 福井県議会 2019.02.13 平成31年第405回定例会(第1号 開会日) 本文 さて、高校の学力向上についてでありますが、新学習指導要領や大学入学共通テストに対応するため、教育委員会において授業改善の中核を担う授業力向上リーダーを対象とした研修を行ってまいります。また、より丁寧な進学指導を行うため、生徒の進学、また学力に応じた対策講座を各校ごとに開くなど、教員の指導力向上と生徒の皆さんの進学対策を強化してまいります。   もっと読む
2019-02-09 福岡県議会 平成31年2月定例会(第9日) 本文 県として、本年度から新たに、中学校三年生全員を対象に、英検三級程度を測定できる簡易版のテストを実施しております。また、県中学生英語スピーチコンテストを実施し、互いの考えを英語で発表、交流し、日ごろの学習で身につけたコミュニケーション能力を発揮する場を設けております。 もっと読む
2019-02-07 福岡県議会 平成31年2月定例会(第7日) 本文 スポーツ庁の調査報告でも、幼少期に外遊びの頻度が高かった小学生ほど運動習慣が身につき、体力テストの合計点が高い傾向にあるといった、幼少期の運動の重要性が示されています。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第6号) 本文 県独自の学力テストのうち、小学三年、五年をやめたとしても、単元テストを四年生にまで拡大します。全県の児童のデータを県教育委員会に集めるものです。授業改善するなら抽出で十分です。子供にとっても教師にとっても、とても大きな負担を強いることになります。  重度心身障害者医療費助成の窓口無料を廃止したことで始まった貸し付け制度も、制度開始時の一億円から、来年度は五千万円と減少します。 もっと読む
2019-02-01 山梨県議会 平成31年2月定例会(第2号) 本文 また、自転車競技ロードレースの開催に向けては、本年七月に予定されているテストイベントにおきまして、大会組織委員会や道志村、山中湖村等と緊密に連携し、ボランティア運営や救急医療体制などの確認を行っていくことや、また、県として必要なコース整備など、準備に万全を期してまいります。   もっと読む
2019-01-21 青森県議会 平成31年文教公安委員会 本文 開催日: 2019-01-21 発掘方法は、県内全小学校で実施している新体力テストにおいて、総合A判定となった小学校4年生及び6年生のうち、希望者に対して、県スポーツ科学センターの協力を得ながら、スポーツ科学的見地に基づく測定を行い、すぐれた素質を持つ児童を男女合わせ30名程度選抜しております。   もっと読む
2019-01-08 福岡県議会 平成31年 文教委員会 本文 開催日: 2019-01-08 なお、県教育委員会としましては、体力向上方策等を通しまして、単に体力テストの点数だけを上げることを目標、目指しているということではございませんで、私たちの本来の目的は、本県の子供たちに運動への動機づけや習慣化を図りまして、運動が好きな子供たちになってもらいまして、生涯にわたって豊かなスポーツライフへと導くことであると考えております。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日厚生文教委員会-12月19日-01号 それに関連しまして、ことしの学力テストの結果等も過去最高の結果でよい結果も出ていたり、体力等々についても石川県は常にベストテンに入っているような状況で、学業の面でも、学力の面でも、体力、健康の面でも非常によい結果が小中学校では出ているわけですけれども、実は、多忙化の改善の取り組みをすることによって、例えば部活動の活動時間も少し減ることになったり、先生方の時間外を減らすということもありましたので、個人的 もっと読む
2018-12-18 滋賀県議会 平成30年12月18日行財政・働き方改革特別委員会−12月18日-01号 また、学力テストに対する学び確認テストなどの負担がふえていると思いますが、そのあたりの状況を教えてください。 ◎杉本 教職員課主席参事  学び確認テストなど、子供たちに学力をつけることは非常に大事なことであり、その時間の確保は、子供一人一人と向き合う時間の確保とともに、大事にしていきたいと思っています。  また、現在、12月28日締め切りで、働き方改革に係る意識調査を行っています。 もっと読む
2018-12-13 石川県議会 平成30年12月第 5回定例会-12月13日-04号 また、学校の業務改善等に関することし二〇一八年二月九日の文部科学省通知を踏まえ、多忙化に拍車をかける多くの施策の削減、中止が必要であることを強調し、何かを加えるなら何かを削ることを鉄則して、学力テスト対策の補習の中止などを行った学校があることも紹介をしています。   もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会環境産業観光委員会−12月12日-01号 試飲は、メーカーさんで、少し反応をテストしたいという商品を、店舗の中ですけれども、入り口のあたりとかでテストマーケティングなどを行う場合もございます。店舗の外は、結構、規制もいろいろあるところでして、あまり簡単に飲食出来ませんので、お祭りのタイミングですとかに許可をとってやることはありますけれども、イベントに限られてきます。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 また、足立区では、東京都の学力テストの自治体ランキングが低かったことが問題視され、学力向上として学校間競争があおられてきました。区のテストも行われ、学校別の平均点が公表されて、下位の学校には指導が入り、先生は、点数を上げようとして過去問の練習をさせている実態があります。点数がとれそうにない子供は別室でテストを受けさせ、集計から外すといった教育が行われています。   もっと読む
2018-12-12 沖縄県議会 文教厚生委員会記録 平成30年 第 8 回 定例会第 2 号 処理方針では、確かな学力保障のために教師が一人一人の児童と向き合えるようにということなのですが、WEBテストとかという調査が多いので、それも厳しいという現場からの声があります。当初は1人の教師が4コマ持っていたところにいろいろと指導の教育課程がふえてきて、今6コマになっているとか。結局は文部科学省による教育行政の中で教師の数はふえていないが、持ち時間はどんどんふえていると。 もっと読む
2018-12-12 長野県議会 平成30年11月定例会文教企業委員会-12月12日-01号 最後に伺うんですが、学校の業務を減らすということで、例えば県単独の学力テストとか行政研修、各種研究授業の簡素化、こういうところも求められていると思うんです。長野県が県単独の学力テストをやめたというお話も伺っているんですが、それはどのようなテストだったのか。やめたことの理由といいますか、をお願いします。 ◎佐倉俊 参事兼教学指導課長 県単独の学力テストの廃止についてのお尋ねかと思います。 もっと読む