65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松江市議会 2023-12-02 12月02日-02号

さらに、段階的避難を理解していただくために、9日にPAZ避難訓練、それから10日にUPZ避難訓練日程を分けて実施されたのが特徴でございます。 今回の広域避難訓練に御協力いただきました鹿島、島根、生馬、古江、持田、本庄、美保関地区の皆様、それから大田市、奥出雲町、倉敷市におかれましては、本訓練に対して真摯に御対応いただいたことに対して、この場をかりて深く感謝を申し上げる次第でございます。 

松江市議会 2022-12-03 12月03日-03号

これは、島根県がPAZ内の個別訪問調査UPZ内のアンケート調査を行った結果、人口の、住民皆さんの約10%程度がバスによる避難を行うことを想定したものでございまして、それを想定しバスの確保を行っているところでございます。 それから、道路状況等についてでございますけれども、交通渋滞を避けるためにあわせて警察の避難誘導のもとで中心部を避けて郊外へ出る避難ルートを設定しているところでございます。 

雲南市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(第6日 3月 5日)

陳情第1号、島根原子力発電所事故時の避難の際、UPZ圏内に住む乳幼児及び妊産婦等PAZ圏内住民同様に被ばくしないで避難できる具体的な対策を求める陳情については、会議規則第140条第2項の規定により、島根原子力発電対策特別委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長山﨑 正幸君) 異議なしと認めます。  

松江市議会 2020-03-04 03月04日-04号

─────────────────────── △日程第5 陳情第29号      (特別委員会付託) ○議長森脇幸好) 日程第5、陳情第29号「島根原子力発電所事故時の避難の際、UPZ圏内に住む乳幼児及び妊産婦等PAZ圏内住民同様に被ばくしないで避難できる具体的な対策を求めることについて」を議題といたします。 お諮りいたします。 

雲南市議会 2020-03-02 令和 2年 3月定例会(第3日 3月 2日)

また、UPZ圏内におきましては、施設敷地緊急事態と判断された時点から配布体制を整え、一時集結所等での配布を行うということにされておるところでございます。  なお、一時集結所等から距離が遠い方など、また緊急時に速やかに配布を受けることができないなど一定の事由に基づきまして、希望をいただきました方々へは事前配布を行うということにしているところでございます。  

雲南市議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会(第2日 6月 4日)

島根原発から30キロ圏内緊急措置区域UPZ2県6市が参加する初めての訓練となるようです。当然本市も参加することになりますが、どのような訓練が想定されるのか。住民参加等もあるのか。本市としてはどのようにするのか。考え方をもし今の時点であれば伺っておきたいと思います。 ○議長山﨑 正幸君) 中村防災部長

松江市議会 2019-03-26 03月26日-05号

陳情第22号「原子力発電所の再稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村事前了解要件とするよう強く求める意見書を国に提出することについて」では、陳情書に記載されている、「より多くの関係自治体が厳しく監視することにより安全性が高まる」という表現についての見解を求めたいとの質疑に対し、執行部より、原発安全性については、まず一義的に事業者対策を行い、原子力規制委員会規制庁

雲南市議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会(第7日 3月20日)

陳情第1号、原子力発電所の再稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村事前了解要件とするよう強く求める意見書を国に提出することについての陳情に対する委員長報告は、採択すべきものであります。  陳情反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。              

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

陳情第1号、原子力発電所の再稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村事前了解要件とするよう強く求める意見書を国に提出することについての陳情については、会議規則第140条第2項の規定により、島根原子力発電対策特別委員会に付託したいと思います。これに御異議ありませんか。             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長山﨑 正幸君) 異議なしと認めます。

松江市議会 2019-03-04 03月04日-04号

─────────────────────── △日程第6 陳情第22号・陳情第24号・陳情第25号      (特別委員会付託) ○議長森脇勇人) 日程第6、陳情第22号「原子力発電所の再稼働及び新規稼働の際、UPZ範囲内にあるすべての道府県及び市町村事前了解要件とするよう強く求める意見書を国に提出することについて」、陳情第24号「松江市新庁舎建設工事に関することについて」、陳情第25号「松江市役所庁舎建設

松江市議会 2018-12-04 12月04日-03号

UPZ竹矢地区が岡山県の笠岡市、それから忌部地区住民皆さん方が広島県の神石高原町へバスによる広域避難訓練を行ったところでございます。 この笠岡市、それから神石高原町、いずれも7月の豪雨災害で多大な被害を受けられたにもかかわらず、この訓練に対しまして大変真摯に対応いただいたわけでございまして、私ども本当に感謝を申し上げたいと思っております。 

雲南市議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会(第4日 9月 6日)

これについては、島根県の配布計画に基づきまして、私どもはUPZの30キロ圏内周辺自治体では29年度、昨年度初めて取り組んだところでございます。ちょうど雲南市の場合については、本年の3月4日と3月11日の2回に分けて午前、午後、大東町の地域交流センター雲南市役所、この市役所の本庁舎で行ったところでございます。  

大田市議会 2018-06-14 平成30年第 3回定例会(第3日 6月14日)

なお、2号機の再稼働及び3号機の新規稼働につきましては、国が直接、市民及び自治体に説明するとともに、原発事故のリスクを鑑みて、立地自治体意見が最大限尊重されることはもちろん、UPZを含む周辺自治体意見も十分に反映できる新たな法制度を構築することを、島根市長会を通じまして国に対し要望しているところでございます。 ○副議長(林 茂樹) 大谷健康福祉部長。             

出雲市議会 2018-06-13 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日)

○5番(川光秀昭君) 立地場所をこの場所にして、いろいろな機能を備えていきたいというふうに私は受け取ったんですけども、出雲市の地域防災計画原子力災害対策編では、原子力災害対策を重点的に実施すべき地域範囲として、緊急防御措置を準備する区域UPZというのを挙げております。具体的な範囲は、原子力施設から概ね30キロということでございます。

安来市議会 2018-03-22 03月22日-06号

議第57号 平成31年度母里財産特別会計予算   議第58号 平成31年度井尻財産特別会計予算   議第59号 平成31年度赤屋財産特別会計予算   議第61号 平成31年度安来市病院事業会計予算   陳情第6号 恵乃島工業団地北側農地市街化区域編入について   陳情第3号 国に対し「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める陳情書   陳情第4号 原子力発電所の再稼動及び新規稼動の際、UPZ

出雲市議会 2018-03-20 平成30年度第4回定例会(第6号 3月20日)

          工事)    議第 99号 平成30年度(2018)出雲一般会計第5回補正予算    議第100号 平成31年度(2019)出雲一般会計第1回補正予算    議第101号 工事請負契約の締結について(古志86号線外道路改良工事(4工           区))    議第102号 土地の減額譲渡について(加茂精工株式会社工場用地) 第2.請願第 6号 原子力発電所の再稼働及び新規稼働の際、UPZ

安来市議会 2018-03-07 03月07日-04号

今後とも周辺自治体UPZ圏内も、松江ほどじゃないかもしれんにしても、万々が一、起こったときにはそういうことが起こり得るということがありますので、今後ともぜひとも中電に働きかけていきたい、こういうふうに思っております。 ○議長田中武夫君) 向田議員。 ◆6番(向田聡君) ありがとうございます。 ぜひ近藤市長の積極的な働きかけをお願いしたいと思います。