127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奥出雲町議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会(第2日 3月13日)

○議員(4番 土屋 武雄君) 次に、第2項目めは光ファイバー網の進んだ、そして株式会社セラクさんも営業されている本町での情報通信技術、ICTの活用による効率農業についてどのようなことが考えられるかを伺います。 ○議長(岩田 明人君) 勝田町長。 ○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えをいたします。  

大田市議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第3日 3月 8日)

そのほかにも4K・8Kの視聴環境の整備、Wi-Fiの充実、遠隔地医療、教育のICT化など、あらゆる取り組みの可能性が広がります光ケーブル網の整備を市内全域に整備することが私の責務と認識し、積極的に推進してまいります。  次に、国、県に対する支援要望についてであります。  

大田市議会 2019-03-07 平成31年第 2回定例会(第2日 3月 7日)

この大田市では、来年度RPAといういわゆるロボテックを導入する実証実験を来年度からやるという発表がございましたのでとってもいいことだなというふうに思いますけれども、まさにこの現在のICTとかAI、この技術の進歩を見ますと、仮に行政が小さくなる、人は少なくなるとしても、何とかカバーできていくぐらいのテクノロジーはあるということで、こういった導入に関してはいいことだなというふうに思うんですが、ただ、この

雲南市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第6日 3月 6日)

その中にあって、教育環境整備につきましても、掛合小学校の移転新築、三刀屋中学校の改築、大東小学校の大規模改修のほか、小・中学校の普通教室へのエアコンの設置、それからICT教育のためのパソコン等の整備を行ってきたところでございます。  

雲南市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会(第5日 3月 5日)

まず、授業のICT化について伺います。  昨日も13番議員よりこれに関した質問がありましたが、私も大変重要な課題と考えています。社会の情報化が急速に進展し、ICT、情報コミュニケーション技術の発展が著しい中、学校においても、コンピューター、パソコンでICTが学習の重要な手段として活用されるようになり、児童生徒が情報社会に対応できる情報活用能力を身につけることの重要性がますます高まってきています。

雲南市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(第4日 3月 4日)

例えば愛知県の一番小さなまちのようですが、豊根村では、ICT(情報通信技術)を取り入れた教育に力を注いでいると言われています。その狙いは、都市部と教育格差の是正であります。その中学では、平成28年度から全校生徒にタブレット端末を貸与し、授業や下校後の予習、復習に活用されているそうであります。各教室には電子黒板を設置し、他の自治体の中学校と連携の授業なども行っているようであります。

雲南市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会(第3日 3月 1日)

そうした中で、御提案ございましたICTの活用とか、いろいろな面での連携体制、またはきょうもお話をいたしましたように、人を介しての連絡体制というのも非常に必要だというふうに思っておりますので、両面を考えながら、今後も引き続き検討を進めてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(山﨑 正幸君) 藤原総務部長。 ○総務部長(藤原 靖浩君) 接遇につきまして何点か御指摘をいただきました。  

雲南市議会 2018-12-14 平成30年12月定例会(第7日12月14日)

─────────────・───・───────────── ◎日程第7 雲南市議会ICT化検討会議委員長中間報告 ○議長(山﨑 正幸君) 日程第7、雲南市議会ICT化検討会議委員長の中間報告を行います。  雲南市議会ICT化検討会議において調査中の事項について、雲南市議会会議規則第45条第2項の規定により中間報告を行いたいとの旨、申し出がありますので、これを許します。  

奥出雲町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2日12月10日)

その改善のためには、教職員をふやすことはもとより、部活動の外部指導員の活用や、スクールサポートスタッフを大規模校だけではなく全ての学校に配置することといった人の面の支援、校務支援システムなどのICTの活用や給食費の公会計化などのソフト面の支援、会議や業務の効率化や、学校閉庁日の設定などの運営面での支援などを確実に進めていくことが大事であると考えております。  

大田市議会 2018-12-06 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日)

あわせて、島根県と連携いたしまして、農業の技術における自動化、例えば施設のハウスを自動的にあけたり閉めたりするですとか、あるいはICT化などで日照などの関係で全てそのIT化するようなスマート農業といわれる、こういったものも導入を検討しておるところでございまして、県内における中山間地域の農業のモデルとして目指していきたいというふうなことを思いながら、整備を進めているというところでございます。  

雲南市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会(第3日12月 3日)

1つちょっとなかったなと思ったのは、これからはICTを活用したスマート農業をやはり考えていくべきだというふうに思います。国や県ができない支援、また、助成、そういったことを、稲作から園芸への移行を考える組織や農家がいらっしゃいますので、しっかりサポートしていただきたいということを求めて、次の質問に行きます。  

奥出雲町議会 2018-10-10 平成30年第3回定例会(第3日10月10日)

この項目が達成できなかった理由は、達成基準にICT等を活用し検診結果を提供しているかとあり、ICTの活用がないために非該当となったためでございます。ただ、他の項目は全て満たしておりましたし、結果についても他の媒体を活用して提供しております。  これに関する県からの御指導につきましても、具体的な事例を示していただいたところでございます。  

出雲市議会 2018-09-03 平成30年度第2回定例会(第2号 9月 3日)

特に、この若手の農業者をクローズアップされたのは、やはり機械化を進めていくことによって、あるいはICTを進めることによって、やはり投資をすることによって生産性が拡大して所得が上がっていくのが現実だと、こういうことでございます。国においては、農林水産業地域の活力創造プランにおいて農業を成長産業といたしまして、農業者の所得向上に向けた改革を展開するということにしております。  

安来市議会 2018-09-01 平成30年 9月定例会一般質問通告表

」について5原田貴与子一問一答1.幼児教育・保育に関わる問題について 2.放課後児童クラブについて 3.生活保護基準の引き下げの影響について6岩崎 勉一括1.教職員人事権の中核市等への移譲について 2.平成30年度の農林水産諸施策の進捗状況について7向田 聡一問一答1.通学路の安全対策について 2.災害対策について8作野幸憲一問一答1.防災対策等について 2.児童虐待防止について9原瀬清正一括1.ICT

安来市議会 2018-09-01 平成30年第 96回 9月定例会

ICTの活用によるデータ取得を含め、新たな健康増進策の推進を図られたい。 今回の決算審査が今後の安来市財政の健全化への一助となることを望み、決算審査特別委員長報告といたします。 ○議長(田中武夫君) 決算審査特別委員長の報告が終わりました。 委員長の報告に対し質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(田中武夫君) 質疑なしと認めます。 以上で質疑を終わります。 

出雲市議会 2018-06-13 平成30年度第1回定例会(第2号 6月13日)

また、関係人口を創出する施策の一つとして、情報通信技術ICTを活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークがありますが、市の考えを伺うものです。  以上、答弁をお願いいたします。 ○議 長(福代秀洋君) 長岡市長。 ○市 長(長岡秀人君) 登壇 それでは、ただいまの今岡議員さんのご質問にお答えをしてまいりたいと思います。  

江津市議会 2018-06-01 平成30年 6月(第2回)定例会

………………………………………                   申 出 書〇議会運営委員会 次期会議の会期等に関する調査〇総務文教委員会 小中学校への訪問調査 学校給食に関する調査 学力向上に関する調査 地域コミュニティに関する調査 まちづくりに関する調査 徴収対策に関する調査 地域防災に関する調査 ICTに関する調査 選挙の投票率に関する調査〇建設厚生委員会 農業経営に関する調査 エネルギーに

雲南市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会(第6日 3月 8日)

○教育長(景山 明君) 平成31年度の10月ですね、木次町内の小・中学校、そして三刀屋高校でICT教育の全国大会が開催されます。それに向けて30年度からしっかりやっぱり町内の先生方、研究を進めてもらわなきゃいけないということで、12月補正のところで木次町内の小・中学校のインフラ整備ということは認めていただいたところでございます。