288件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

浜田市議会 2042-06-21 06月21日-03号

それから、ICT機器等を使う、また教材を使うということにつきましても、少人数の場合はそういった機器が十分に整備できて、1人に十分な機器が配布できるといった利点もございます。そういった点については、さらに充実を図っていくということが大事だろうと思っております。 また、一方小規模校のデメリットですね、これについては、何とかそれを緩和するといったようなことを検討する必要があろうかと思っております。

松江市議会 2023-12-02 12月02日-02号

それから、いわゆる担い手確保でございますけれども、今後工事現場でのICT活用、あるいは週休2日制の導入といった建設業の働き方改革が促進されるような制度を検討していきたいと思っております。 大きな2点目は、人口増加施策減少防止対策ということでございます。 若者あるいは若い女性の増加及び流出対策、それから子育て環境日本一施策充実が重要であると。

江津市議会 2022-12-11 12月11日-02号

学校教育課長竹内修二) 本市におきましては、昨年度より児童・生徒、教員タブレット端末整備を始め、教育ICT化を進めております。今後は、これらのハード整備の進捗にあわせてプログラミング、またはICT支援員等人員配置についても必要に応じて検討していく必要があると考えております。 ○議長森脇悦朗) 6番田中利徳議員

松江市議会 2021-09-10 09月10日-03号

主に英語教育ICTについてお伺いしましたが、そのインタビューを通して感じたことは、先生方共通の思いは、どうしたら子どもたちによりよい学びを届けられるかということでした。それを実現するためには、先ほど提案いたしました英語教育の積極的な推進や、ICT機器が当たり前にある環境がどれほど重要か再認識したところです。 

松江市議会 2021-09-09 09月09日-02号

次に、教室ICT化についてお伺いをいたします。 新学習指導要領実施とともにクローズアップされてきております教室ICT化でありますが、学校教育の基本となります教科用図書につきましては、既に各教科書会社で、QRコードやバーコードを読み取っての動画再生機能や、英語のネーティブスピーキングなどを聞くことができるなど、イノベーションが進展してきております。 

浜田市議会 2020-12-04 12月04日-03号

特に美川西集落については、独自に鳥獣被害策専門部会を設けられ、島根県の鳥獣専門員等を講師に招いた研修やICT活用した捕獲おり実験も行っていました。これらの取り組みにより、集落住民が相互に鳥獣被害防止共通認識連帯感が生まれ、効果的な鳥獣被害防止による農作物被害の軽減や住環境の保全がなされていると考えております。 ○議長川神裕司) 串崎議員

松江市議会 2020-11-27 11月27日-01号

年度中に契約準備を行うことにより、新年度早期機器配置し、全校においてICT活用した教育推進してまいります。 このほか、次年度契約準備のため、所要の追加、変更を行うものであります。 地方債補正につきましては、歳出の補正に伴い所要変更をいたしております。 次に、議第73号から議第77号の令和年度特別会計補正予算につきまして、御説明申し上げます。 

出雲市議会 2020-06-29 令和 2年度第3回定例会(第5号 6月29日)

ソサエティ5.0時代にふさわしいスマートシティ実現のため、AIICTなどの先端技術など、デジタルの力を最大限に活用し、持続可能な都市づくり推進するというものですけれども、問題は、そのときにおいて、経費削減効率化を追求する中で、紙(ペーパー)や窓口を利用した行政手続が後景に追いやられ、利用者利便性がないがしろにされないか、また、障がい者や高齢者経済的事情でパソコンやスマートフォンなどを持っていない

奥出雲町議会 2020-06-15 令和 2年第2回定例会(第1日 6月15日)

先ほどの繰越明許でも学校ICT関連ありまして、非常に大きな金額を使って、国の政策の流れもありますし、またコロナの問題もありますので結構なことだとは思っておりますが、片方で、現在奥出雲町で展開されている情報奥出雲といいますか、情報通信網、この中で、情報奥出雲インターネットサービスをやってもらっておりますけども、こちらのほう非常に不便だという話をかねがね聞いてもおりますし、一般質問等でも私に限らずほかの

出雲市議会 2020-06-12 令和 2年度第3回定例会(第2号 6月12日)

また、各学校では現在、それぞれ教員ICT機器を使用しているものの、今後さらに教職員のICT活用した授業構想力及び授業力を高めていく必要があると考えます。  本市では、平成29年度(2017)から、市内小中学校教員委員としますICT活用教育調査研究委員会を立ち上げ、ICTのより効果的な活用方策等について調査研究を行ってまいりました。

出雲市議会 2020-05-25 令和 2年度第2回臨時会(第1号 5月25日)

国庫支出金は、国の補正予算で創設された新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金及び小中学校タブレット端末配置するICT教育環境整備事業に伴う国庫補助金を、県支出金は、地域商業等再起支援事業に伴う県補助金を、寄附金は、新型コロナウイルス感染症対策に関する寄附金を計上しています。  

松江市議会 2020-03-26 03月26日-05号

内訳を見ますと、教育委員会予算総額で125億円を確保され、玉湯町の統合小学校整備費ICT活用教育推進などの教育費普通建設事業を中心とした公共事業推進112億円、これは全体予算の11.2%を計上され、今議会の繰越額14億円を含めれば地方経済対策基盤整備において今後に一層の期待が持てることと同時に、ハードソフト事業を織り込まれた予算であると思っております。

雲南市議会 2020-03-19 令和 2年 3月定例会(第8日 3月19日)

今後、マイナンバーカードによる保険証の関係や、ICT活用した取り組みも出てきて効率化が図られると思うが、事務量的には今までと余り変わりはないとの答弁でした。  県に一本化した意味がない。成果を出し、市町村の負担を減らすように県に対し声を届けるように申し添えました。  議案第41号、令和年度雲南病院事業会計補正予算(第4号)について。  

大田市議会 2020-03-19 令和 2年第 1回定例会(第5日 3月19日)

委員からは、子供の目の疲れ、保護者負担、低学年やソフト利用などについて質問があり、基本的にはタブレット端末利用であるが、講習会実施ICT支援員配置利用ソフト充実経費負担等を含め、今後さらに検討したいとの答弁でした。  続いて、条例制定条例審査について報告いたします。  議案第210号、大田市消費生活センターの組織及び運営等に関する条例制定についてであります。