129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茨木市議会 2020-03-11 令和 2年文教常任委員会( 3月11日)

○松山人権男女共生課長 人権に関する市民意識調査でございますけれども、中間見直しに当たりまして、この意識調査につきましては、昨今、性的マイノリティーの人権ですとか、外国人に対する偏見、またはヘイトスピーチ等ございますので、そういう新たな課題も含めて、市民の皆様がどういう意識を持っておられるのかというところを把握させていただいた上で、次の計画の中間見直しを行うということで、その市民意識に則した新たな

泉南市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日: 2020-03-05

また、国におきましては、2018年に部落差別解消法・障害者差別解消法・ヘイトスピーチ解消法のいわゆる人権3法の施行がなされました。  大阪府におきましても、昨年、人権尊重の社会づくり条例の一部改正を初め、性の多様性理解増進条例ヘイトスピーチ解消推進条例施行され、国内においても人権尊重の機運が高まっておるというふうに認識をいたしてございます。  

能勢町議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会議(第2号 3月 5日)

次に、この間、人権三法、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法の制定や、人権関係三条例成立等を受け、能勢町としてどのような取り組みを進めようとされるのか、基本的な見解を明らかにしていただきたい。  次に、公の施設は、住民福祉を増進する目的で設けられており、住民の利用は、正当な理由がない限り拒んではならないと定められております。  

八尾市議会 2020-02-26 令和 2年 3月定例会本会議−02月26日-03号

2016年に障害者差別解消法、部落差別解消、ヘイトスピーチ対策法、いわゆる人権3法が施行されてから5年が経過しようとしています。人権課題の解決のためには、教育、啓発、相談が基本となります。この3点を踏まえた上で、この間の本市の取り組みと成果についてお答えください。  本年1月22日から、大阪府ではパートナーシップ宣誓証明制度が開始されております。

大東市議会 2019-12-19 令和 元年12月定例月議会−12月19日-03号

3点目として「大阪府人種又は民族を理由とする不当差別的言動の解消の推進に関する条例」いわゆる「大阪府ヘイトスピーチ解消推進条例」の制定がございます。  2025年大阪・関西万博が開催されるなど、大阪では、今後、海外からの旅行者、外国人人材の受け入れなどの来阪外国人の増加を見据えた国際都市にふさわしい環境を整備していくことが喫緊の課題となっております。  

泉南市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-12-06

その間に、直近では本年6月28日に、日本語教育の推進に関する法律施行されたり、さらにはこの11月1日には、大阪府におきましても大阪府ヘイトスピーチ禁止条例施行されるなど、大きくそういった法制度面でも変化がございます。  またもちろん、国におかれましても、ヘイトスピーチ解消のための法律平成28年に施行されているという状況がございます。  

門真市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日決算特別委員会-10月03日-01号

◎笹井 人権女性政策課長  平成30年度に開催に至った経緯についてですが、平成28年障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法がそれぞれ施行されるなど、あらゆる差別の撤廃が個別法によって規定され、人権の尊重が平和の基盤であるということが改めて共通認識となってきています。  

門真市議会 2019-09-19 令和 元年第 2回定例会-09月19日-02号

市によると条例に基づきペナルティで氏名を公表する制度大阪市ヘイトスピーチ抑制条例などがあるが、養育費の不払いでは全国で初めてとなる。市は個人情報保護との整合性など慎重に検討した上で条例案を来年3月議会に提出したいというふうなことが書かれてありました。  実は三、四年前に我が会派の男性議員4名で明石市に当時行政ロイヤーの視察に行ってまいりました。

大東市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例月議会-06月26日-04号

ヘイトスピーチの問題や、性的少数者に対する差別など、人権課題が複雑・多様化しておりまして、また大阪で開催されますG20サミット首脳会議、ラグビーのワールドカップ2019日本大会、2025年大阪万博など、世界的なイベントが開催されるほか、出入国管理及び難民認定法の一部改正などの動きを受けて、増加する来阪外国人旅行者や外国人労働者の受け入れを見据えた国際都市にふさわしい環境整備をしていくことが喫緊の課題

能勢町議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会議(第1号 6月17日)

そしてまた、ヘイトスピーチ解消法等も制定はされておりますけれども、そういったことを地域福祉社会全体でどう解決するかというふうな、取り組んでいくかというところについても、若干トーンが弱い部分があるのかなというふうにも思っておりますので、そういった課題の解決に向けた計画となるよう、第4次に向けては取り組んでまいりたいというふうに思っております。

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

次に、市民人権意識の高揚と差別のない社会を目指す施策の認識についてでありますが、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法のいわゆる差別解消三法が施行されるなど、人権課題への意識が高まる中で、本市としても今後とも、市民の一人一人の人権が尊重され、差別のない、明るい社会づくりを進めていくため、市民とともに、人権啓発を初めとした人権施策の推進に努めてまいりたいと考えております。  

茨木市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1日 6月13日)

また、一方で、2016年度、国会ではいわゆる差別解消3法、これは略称ですけれども、障害者差別解消法、部落差別解消推進法、またヘイトスピーチ対策法の3つが成立をいたしました。とりわけ部落差別の解消の推進に関する法律につきましては、自民党、公明党与党を初めとして、維新、立憲など、ほぼ全ての党が賛成し成立を見たものでございます。  

八尾市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-02号

在日外国人権利を守り、ヘイトスピーチを根絶するなど、差別や分断をなくし、誰もが尊厳を持って、自分らしく生きられる社会をつくる上での市長の決意と、具体的な施策をお示しください。  教育について、お聞きします。  子どもたちが、生き生きと、あしたも学校に行きたいな、そう思える学校にあってほしい。子どもも親も願っています。また、そんな教育保障したいと、現場では日々願い、実践をしていると思います。  

八尾市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会本会議−06月10日-01号

目標6の、みんなでつくる八尾におきまして、人権意識の高揚と差別のない社会の推進では、人権啓発の推進として、障害者差別解消法、ヘイトスピーチ解消法、部落差別解消推進法が施行されると、個別人権課題への意識が一層高まっている中で、市民一人一人が差別されることのない地域社会づくりを進めるとともに、八尾市人権啓発推進協議会協力のもと、市内各地区福祉委員会が実施する人権研修を支援するなど、地域に根差した人権啓発

豊中市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(本会議)−03月06日-04号

ヘイトスピーチやヘイト言説が流布される状況。また、同和教育に十分接していない若手教職員が増えるなど、人権に関する新たな状況があります。今日の多様な人権課題に対応する人権啓発基本方針、人権教育・啓発基本計画、人権教育推進プランの改訂は必要不可欠であると考えます。答弁に沿った取組みをお願いいたします。  

茨木市議会 2018-12-18 平成30年第5回定例会(第3日12月18日)

そして、近年の社会状況を見たとき、インターネットの普及や、ここ数年ヘイトスピーチ等が話題になるに従い、匿名での言論の自由について、弁護士会等でも研究、議論が重ねられていることや、九州地方の市議が匿名でのインターネット手紙等による脅迫文を受け取り、刑事告発に踏み切ったこと、さらには、インターネットまとめサイトに対して、名誉毀損が認められる最高裁判決が出されるなど、言論の自由保障するために、言葉の暴力