172件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

直近の同様な領空侵犯については、平成29年に沖縄県石垣市尖閣諸島魚釣島周辺であったほか、昭和62年12月9日には当時のソビエト空軍所属のTU−16(ツポレフ16)爆撃機が沖縄本島上空を領空侵犯する事件が発生している。これらの行動は不必要に緊張を高めることで偶発的な軍事衝突の危険を招き、沖縄県民の生命財産を脅かすもので決して容認できない。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会-07月01日-09号

直近の同様な領空侵犯については、平成29年に沖縄県石垣市尖閣諸島魚釣島周辺であったほか、昭和62年12月9日には当時のソビエト空軍所属のTU-16(ツポレフ16)爆撃機が沖縄本島上空を領空侵犯する事件が発生している。これらの行動は不必要に緊張を高めることで偶発的な軍事衝突の危険を招き、沖縄県民の生命財産を脅かすもので決して容認できない。  

宮古島市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会(第5回)-06月25日−06号

つまり中国尖閣諸島領海侵入をして、これが日常化しております。それから、思い起こしてみると、日本国憲法が発布されたのは1952年のサンフランシスコ講和条約、これが発布されて以後のことですから、1945年、敗戦からずっと1952年のサンフランシスコ講和条約まで、日本には主権というものが存在しておりません。確かに憲法には国民主権とうたわれておりますけれども、実際にはアメリカGHQの施政権下にあった。

那覇市議会 2018-06-25 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月25日-付録

│ │       │        │                      │ │ │       │6 米軍航空法特│ 米軍の航空法特例について、現在の問題点を │ │ │       │ 例について  │市長に伺う                 │ │ │       │        │                      │ │ │       │7 中国日本周│ 現在の尖閣諸島

那覇市議会 2018-06-15 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月15日-08号

中国人民解放軍及び中国当局関係者の活動が尖閣諸島で活発化し、日本全土を含めた極東全体の安全を脅かす存在となっております。  尖閣諸島を含め沖縄県、そして那覇市でも非常に注目を浴び、那覇市としても6月13日の私の一般質問でも、当局についてはその行動は認識していることは明らかになりました。  

那覇市議会 2018-03-09 平成 30年(2018年) 3月 9日総務常任委員会(総務分科会)−03月09日-01号

陳情内容ですが、ことしの1月の中国潜水艦の尖閣諸島の接続水域の通過に関し、政府中国大使抗議をしたが、昨年11月、12月の中国空軍戦闘機等が宮古海峡を通過した訓練、中国海軍のフリゲート艦等の訓練、今後も中国が同様の訓練を行うこと、活動範囲を広げることに対し、日本政府が表立った抗議をせず、国際法上問題ないとしていると。  

豊見城市議会 2017-12-20 平成29年第6回豊見城市議会定例会会議録-12月20日−05号

総務財政常任委員長から目下、委員会において審査中の陳情第5号 政府に「尖閣諸島地方を分割して特出した天気予報の実施を求める」意見書の提出を求める陳情については、会議規則第104条の規定により、閉会中も引き続き審査したい旨の申し出があります。その理由は、なお慎重審査を要するためとなっております。  お諮りいたします。

豊見城市議会 2017-12-01 平成29年第6回(12月)定例会議案等処理一覧表-議案等処理一覧表

   │下 げ│審 査┃ ┠───┼───╂───┼───┼────┼───┼───┼───┨ ┃ 2 │ 2 ┃ 1 │ 0 │  0  │ 0 │ 0 │ 3 ┃ ┃   │   ┃   │   │    │   │   │   ┃ ┗━━━┷━━━┻━━━┷━━━┷━━━━┷━━━┷━━━┷━━━┛ 3 委員会への継続審査事件  (1) 総務財政常任委員会(1件)    陳情第5号 政府に「尖閣諸島地方

豊見城市議会 2017-09-27 平成29年第4回豊見城市議会定例会会議録-09月27日−05号

総務財政常任委員長から目下、委員会において審査中の陳情第5号 政府に「尖閣諸島地方を分割して特出した天気予報の実施を求める」意見書の提出を求める陳情については、会議規則第104条の規定により、閉会中も引き続き審査したい旨の申し出があります。その理由は、なお慎重審査を要するためとなっております。

宮古島市議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月25日−06号

なぜ沖縄県全域ではなくて離島のみなのか、またなぜ中国尖閣諸島奪取作戦で長期スパンで確実に計画を実行して既成事実を積み上げている今なのか。いろいろ疑えば疑えることがあって、今回の国家戦略特区の要請であります。そういう思いが私にはあります。これは私見ですので、答弁は要らないです。   次、排水路についてです。

宮古島市議会 2017-09-22 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月22日−05号

この図は、無人島である尖閣諸島などではなく、陸上自衛隊が配備される宮古島などの島を示しています。この図からわかるように、陸上自衛隊配備は抑止力になど全くなっておらず、防衛省宮古島での戦闘を想定していますが、市長は宮古島がこの図のような状況になることを受け入れるのでしょうか。

豊見城市議会 2017-09-12 平成29年第4回豊見城市議会定例会会議録-09月12日−01号

48号  平成28年度豊見城市水道事業会計利益の処分及び決算の認定につ              いて  日程第16.同意案第3号 豊見城市農業委員会の委員の過半数を認定農業者等又はこれに準              ずる者とすることについて  日程第17.報告第9号  平成28年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告につい              て  日程第18.陳情第5号  政府に「尖閣諸島地方

豊見城市議会 2017-09-12 平成29年第4回豊見城市議会定例会会議録-目次

                  経  過 経建委員会                  結  果 同  意……………… 210 報告第9号   平成28年度沖縄県町村土地開発公社事業報告         及び決算報告について………………………………………28                  経  過 報  告                  結  果 報  告…………………29         政府に「尖閣諸島地方

豊見城市議会 2017-09-01 平成29年第4回(9月)定例会審議結果-審議結果

─────────┼────────────────────┼────┼────┨┃ 31 │陳情第4号    │国民健康保険都道府県単位化に係る意見書採│教  民│一部採択┃┃   │         │択についての陳情書           │委 員 会│    ┃┠───┼─────────┼────────────────────┼────┼────┨┃   │         │政府に「尖閣諸島地方

豊見城市議会 2017-09-01 平成29年第4回(9月)定例会議案等処理一覧表-議案等処理一覧表

───┼───┼───┼───┨ ┃ 2 │ 3 ┃ 2 │ 1 │    │   │   │ 2 ┃ ┃   │   ┃   │   │    │   │   │   ┃ ┗━━━┷━━━┻━━━┷━━━┷━━━━┷━━━┷━━━┷━━━┛ 3 委員会への継続審査事件  (1) 総務財政常任委員会(2件)    認定第1号 平成28年度豊見城市一般会計歳入歳出決算    陳情第5号 政府に「尖閣諸島地方

宮古島市議会 2017-03-24 平成29年  3月 定例会(第2回)-03月24日−09号

1つ、台湾統一戦争2020年から2025年、南シナ海のさまざまな諸島の領土回復戦争2025年から2030年、チベット南部の領土回復戦争2035年から2040年、尖閣諸島及び琉球諸島回復戦争2040年から2045年、ほかにあと2つありますけど、このようなことをですね、これはちゃんとした評論家にも私確認しました。インターネットで全部出てきます。このようなものが妙に合致するんですね。

名護市議会 2017-03-13 平成29年第186回名護市定例会-03月13日−07号

尖閣諸島の問題にしても、以前からこの尖閣諸島の問題には国境の問題はあるんですけれども、ほとんどそれが抑えられてきたと、これは日中において抑えられてきたという過程があるようです。ところが尖閣諸島国有化したことによって、多分、中国の動きが活発になってきたのではないかとか、こういうことも考えると何か情報の操作で国民に不安をあおっているのではないかと思ったりもします。