2976件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-21 令和元年企画総務委員会( 6月21日)

○大野総務課長  ただいまの憲法第95条での特定の地方自治体のみに適用される特別法ですが、正式な名称は、うろ覚えで申し上げられないのですが、広島と長崎の平和記念都市建設に関する特別法が終戦後、この特別法として制定されたと存じます。  以上です。 ○そうだ委員長  ほかにございますか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○そうだ委員長  ないようですので、質疑を終わります。  暫時休憩といたします。  

目黒区議会 2019-06-21 令和元年文教・子ども委員会( 6月21日)

長崎子育て支援部長  これまで、きのうもちょっと若干答弁いたしましたけれども、3歳児の目黒区の待機児童の状況というのは、例えば平成28年度で34人、29年度で35人と非常に多い人数がいました。今回1名ということなんですけれども、実際、小規模保育施設の今年度の進路状況、先ほどから課長が申し上げてますように、ほとんど認可に入れてると。

目黒区議会 2019-06-20 令和元年文教・子ども委員会( 6月20日)

長崎子育て支援部長  本条例案につきましては、きのうの本会議におきまして副課長から御説明申し上げた提案理由のとおりでございまして、国の省令の施行に伴い国の基準に準じた改正を行うものでございます。  子育て支援課長から若干補足説明をさせていただきます。 ○篠﨑子育て支援課長  それでは、私から補足説明をさせていただきます。  

目黒区議会 2019-05-29 令和元年文教・子ども委員会( 5月29日)

子育て支援部長、長崎隆参事でございます。  私のほうからは以上でございます。 ○尾﨑教育長  それでは、私のほうから教育委員会事務局の部長級職員の紹介をさせていただきますけれども、初めに、私は教育長の尾﨑富雄でございます。どうぞよろしくお願いします。  それでは、教育次長の秋丸俊彦参事でございます。  私からは以上でございます。

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  総務財政委員会-05月27日-01号

それが大阪府のシャープ、長崎県のソニーなど、雇用創出に無関係な理由で被災地以外でも使われたのです。大田区でも防災対策という理由で、京急蒲田西口再開発にも、社会資本整備総合交付金として使われてきたなどの経過があるからです。 ○松原〔秀〕 委員長 続きまして、令和、お願いします。

目黒区議会 2019-04-10 平成31年文教・子ども委員会( 4月10日)

長崎子育て支援部長  それでは、私から子育て支援部の課長級職員を御紹介させていただきます。  子ども家庭課長、新任でございます。松尾伸子副参事でございまして、松尾副参事につきましては、児童相談所設置調整課長を兼務いたします。  保育施設整備課長、藤原康宏副参事でございます。  私からは以上でございます。

豊島区議会 2019-03-28 平成31年豊島副都心開発調査特別委員会( 3月28日)

(2)長崎地区の防災まちづくりについて、平成30年6月15日、小澤沿道まちづくり担当課長(心得)より説明を受け、質疑を行う。(3)池袋西口公園整備について、平成30年7月17日、小堤公園計画特命担当課長及び活田都市計画課長より説明を受け、質疑を行う。平成30年9月14日、小堤公園計画特命担当課長及び星野東京オリンピック・パラリンピック連携担当課長より説明を受け、質疑を行う。

世田谷区議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号

昨年八月九日の長崎の原爆の日、長崎市長の平和宣言では、二〇一七年は国連で核兵器禁止条約が採択され、核兵器廃絶国際キャンペーン、ICANがノーベル平和賞を受賞したことに触れ、地球上の多くの人々が核兵器のない世界の実現を求め続けているあかしと評価し、世界各国からの核兵器廃絶への願い、その取り組みの大切さを訴えました。  

豊島区議会 2019-03-27 平成31年公共施設・公共用地有効活用対策調査特別委員会( 3月27日)

長崎第四区民集会室と南長崎四丁目児童遊園の敷地のところに区民ひろば椎名町を移転するものでございます。昨年9月の施設用地特別委員会におきまして報告をさせていただいているところでございます。  次に、②福祉・保健関係施設でございます。NO.3、旧東池袋豊寿園につきましては、フレイル対策センターとして整備いたしますことから、新規に掲載をしてございます。

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

中学生平和の旅についてですが、広島・長崎に続き沖縄にも派遣していただきますようお願いいたします。沖縄は日本で唯一地上戦が行われた激戦地であり、戦争の爪痕が多く残され、戦争の悲惨さ、平和の大切さを知る上で非常に重要な学びの場所です。広島・長崎の平和の旅が中学生に与えた多くの平和への学びをこの次は沖縄で行っていただきますよう要望いたします。  

豊島区議会 2019-03-19 平成31年豊島副都心開発調査特別委員会小委員会( 3月19日)

(2)長崎地域の防災まちづくりについて、平成30年6月15日、小澤沿道まちづくり担当課長(心得)より説明を受け、質疑を行う。(3)池袋西口公園整備について、平成30年7月17日、小堤公園計画特命担当課長及び活田都市計画課長より説明を受け、質疑を行う。平成30年9月14日、小堤公園計画特命担当課長及び星野東京オリンピック・パラリンピック連携担当課長より説明を受け、質疑を行う。

板橋区議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

これは、我が会派、平和が一番、いつもおっしゃっている高橋正憲幹事長の提案で実現をしたものと聞いておりますし、また今回は坂本区長におかれましては、平成23年から、さらに加えて長崎市の平和祈念式典にも、中学学生を派遣しております。大変、これについてはすばらしい事業だというふうに思っておりますし、また感謝もしております。長崎平和の旅に関しての区長のご見解を、お聞かせください。

豊島区議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会( 3月18日)

佐藤介護保険特命担当課長                     │ ├────────────────────────────────────────────┤ │ 樫原健康担当部長(地域保健課長)                           │ ├────────────────────────────────────────────┤ │ 佐藤池袋保健所長  栗原生活衛生課長  関健康推進課長  荒井長崎健康相談所長

目黒区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会(第6日 3月15日)

長崎子育て支援部長  今いろいろとお話を聞かせていただきましたが、まず、この実地検査の、東京都がやるのに、区は同行はしています。ですから、区がやっていないというのは、ちょっと違うんじゃないかと思います。ただ、東京都が例えば昨年、わずか4つしかやっていないということは事実ですので、そこのところは、やはり大きな問題だと思っています。  

目黒区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会(第5日 3月14日)

長崎子育て支援部長  2点目のゼロ歳の枠のことですけれども、今年度もう1,000人規模の定員拡大をして、来年度も同様の規模で拡大、また再来年度も一定程度拡大していきます。  そういった中で、恐らくゼロ歳についても、我々としては当然待機児童ゼロを目指しているわけですので、余裕が出てくれば当然そういったことも考えられると思いますし、ただ今の時点では難しいと申し上げてます。  

豊島区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会( 3月14日)

○木下広委員  なかなか総論賛成で、各論になると自分の近くにこういうのが来ると困るという方の御意見もあるということで、本区においても長崎健康相談所の跡に児童相談所を設置するということで、平成28年の暮れぐらいからですか、第1回目の説明会をやって、順調に行くかなと思っていまして、特に地元の町会にも、この第1回説明会の前に結構いろいろ御説明、町会長さんだとか、第6地区の区政連絡会とかに御説明をいただいていて

豊島区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会( 3月12日)

佐藤介護保険特命担当課長                     │ ├────────────────────────────────────────────┤ │ 樫原健康担当部長(地域保健課長)                           │ ├────────────────────────────────────────────┤ │ 佐藤池袋保健所長  栗原生活衛生課長  関健康推進課長  荒井長崎健康相談所長

世田谷区議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号

長崎市では、八月、母子二人暮らしのアパートで、当時七十六歳の母親の遺体が見つかり、息子、四十八歳が死体遺棄容疑で長崎署に逮捕された。息子は無職で、長年ひきこもり状態だった、というわけで、今や、ひきこもり八〇五〇問題は、刑事事件にまで発展してしまっている深刻な問題であります。  NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会(東京)によると、福岡や札幌の事例は氷山の一角にすぎないということです。