運営者 Bitlet 姉妹サービス
松浦市議会 > 2018-09-20 >
平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月20日
平成30年第3回定例会(第5号) 名簿 開催日:2018年09月20日

ツイート シェア
  1. 松浦市議会 2018-09-20
    平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月20日


    取得元: 松浦市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-04-15
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1        午前10時 開議 ◯ 議長(椎山賢治君)  おはようございます。  出席議員は全員であります。  これより議事日程第5号により本日の会議を開きます。  主管委員会付託案件の審査報告・採決を行います。  なお、議案第116号「平成30年度松浦市一般会計補正予算(第3号)」につきましては、各常任委員会に分割して付託した関係上、他の案件を採決した後に審査報告をお願いし、一括して採決することといたしております。  それでは、去る9月7日、総務委員会に付託いたしました案件のうち、  日程第1 議案第112号 松浦市税条例の一       部改正について から、  日程第3 議案第128号 あらたに生じた土       地の確認及び字の区域の変更につ       いて までの以上3件を一括議題とし、総務委員長の審査報告を求めます。 2 ◯ 総務委員長(徳田詳吾君)(登壇)  おはようございます。       審 査 報 告 書  本委員会に付託の案件につき審査の結果を、下記のとおり会議規則第109条の規定により報告をいたします。           記
     事件番号、件名、審査の結果、決定の理由の順に読み上げます。  議案第112号 松浦市税条例の一部改正につ         いて  原案可決であります。  地域再生法及び同法関係省令の一部改正等に伴い、本条例の一部を改正するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第127号 あらたに生じた土地の確認及         び字の区域の変更について  原案可決であります。  平成30年2月15日付で長崎県が申請した地方港湾松浦港区域内における公有水面の埋め立てに関する工事の竣功について、平成30年6月8日付で県知事から竣功認可がなされたので、地方自治法の規定により、新たに生じた土地を確認し、字の区域の変更をするものであり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第128号 あらたに生じた土地の確認及         び字の区域の変更について  原案可決であります。  平成30年6月5日付で長崎県が申請した第2種阿翁浦漁港区域内における公有水面の埋め立てに関する工事の竣功について、平成30年7月17日付で県知事から竣功認可がなされたので、地方自治法の規定により、新たに生じた土地を確認し、字の区域の変更をするものであり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 3 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (徳田総務委員長 降壇)  これより討論を行います。ありませんか。──なければ、討論を終結し、採決いたします。  日程第1.議案第112号「松浦市税条例の一部改正についてを採決いたします。  議案第112号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第112号については原案のとおり可決されました。  次に、日程第2.議案第127号及び日程第3.議案第128号の「あらたに生じた土地の確認及び字の区域の変更について」の以上2件を一括して採決いたします。  議案第127号及び議案第128号の以上2件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第127号及び議案第128号の以上2件については、いずれも原案のとおり可決されました。  次に、去る9月7日、文教厚生委員会に付託いたしました案件のうち、日程第4.議案第113号「松浦市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」から、日程第14.議案第131号「訴訟上の和解について」までの以上11件を一括議題とし、文教厚生委員長の審査報告を求めます。 4 ◯ 文教厚生委員長(武辺鈴枝君)(登壇)  おはようございます。  文教厚生委員会に付託の案件につき審査の結果を、会議規則第109条の規定により報告いたします。  事件番号、件名、審査の結果、決定の理由の順に読み上げさせていただきます。  議案第113号 松浦市家庭的保育事業等の設         備及び運営に関する基準を定         める条例の一部改正について  原案可決でございます。  家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、本条例の一部を改正するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第114号 松浦市放課後児童健全育成事         業の設備及び運営に関する基         準を定める条例の一部改正に         ついて  原案可決でございます。  放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、本条例の一部を改正するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第115号 松浦市学校給食費条例の制定         について  原案可決でございます。  松浦市立の小学校及び中学校において、学校給食法の規定に基づき実施する学校給食に係る学校給食費の取り扱いを公会計により実施することに伴い、本条例を制定するものであり、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第117号 平成30年度松浦市青島診療所         事業特別会計補正予算(第2         号)  原案可決でございます。  青島診療所の事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第118号 平成30年度松浦市国民健康保         険特別会計補正予算(第1         号)  原案可決でございます。  国民健康保険事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第119号 平成30年度松浦市後期高齢者         医療特別会計補正予算(第1         号)  原案可決でございます。  後期高齢者医療事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第120号 平成30年度松浦市鷹島診療所事業特別会計補正予算(第1号)  原案可決でございます。  鷹島診療所の事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第121号 平成30年度松浦市介護保険特         別会計補正予算(第2号)  原案可決でございます。  介護保険事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第129号 損害賠償額の決定について  原案可決でございます。  松浦市今福町浦免(松浦市東部交流センター)で発生した公務上の事故に対する損害賠償であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第130号 福島地区小中学校屋内運動場         改築 建築工事請負契約の変         更について  原案可決でございます。  工事内容の変更に伴い、契約を変更するものであり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第131号 訴訟上の和解について  原案可決でございます。  長崎地方裁判所佐世保支部平成29年(ワ)第25号損害賠償請求事件に関し、裁判所から提示された和解条項案に基づき和解するものであり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上でございます。 5 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (武辺文教厚生委員長 降壇)  これより討論を行います。 6 ◯ 10番(安江結子君)(登壇)  おはようございます。  日本共産党の安江結子です。  議案第130号「福島地区小中学校屋内運動場改築 建築工事請負契約の変更について」賛成の討論をいたします。  福島小中学校の体育館が建築されておるわけですが、最初の契約金額3億7,422万円を907万8,480円増額されて3億8,329万8,480円となります。  変更の理由は2点ありまして、1番目に、施設管理者の要望により、砂利敷のままとなっていたところを透水性アスファルト舗装として、舗装範囲の追加で工期を7日間延長するものです。金額は舗装範囲の追加で約600万円、税別になっております。  また、変更理由の2番目、建築場所が海に近いので、金属性の屋根を耐食性の高い仕様に変更となっています。金額は1,074万8,638円を1,370万4,316円に約300万円の増額、これは税別になっております。  そのほかとして、岩盤の深度、高さを変更して減額が約100万円、外壁誘発目地に58万円追加となって、合計で907万8,480円、税込みの増額となっています。  子どもたちの学習環境を最善のものにするということですので賛成はしますが、理由の1つ目、施設管理者の要望は設計の段階で教育委員会に伝えておくべきだったことと考えますし、また理由の2は、建築場所が海に近いのは最初からはっきりしておったわけですので、それを認識されていながら、あたかも新たな事実が判明したかのような建築工事の変更はあり得ないのではないかと考えています。契約変更も屋根材の発注は既に済み、工事も完成間近となっての契約変更です。市民感情からいえば、市の工事の契約は終わってみないと金額がはっきりしないと、こうなります。  今後は関係者の要望や使い勝手のよさ、長寿命に資するような設計と施工を求めて賛成の討論といたします。(降壇) 7 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。  〔「ありません」と言う者あり〕  なければ、討論を終結し、採決いたします。  日程第4.議案第113号「松浦市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」、日程第5.議案第114号「松浦市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」及び日程第6.議案第115号「松浦市学校給食費条例の制定について」の以上3件を一括して採決いたします。
     議案第113号、議案第114号及び議案第115号の以上3件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第113号、議案第114号及び議案第115号の以上3件については、いずれも原案のとおり可決されました。  次に、日程第7.議案第117号「平成30年度松浦市青島診療所事業特別会計補正予算(第2号)」から日程第11.議案第121号「平成30年度松浦市介護保険特別会計補正予算(第2号)」までの以上5件を一括して採決いたします。  議案第117号から議案第121号までの以上5件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第117号から議案第121号までの以上5件については、いずれも原案のとおり可決されました。  次に、日程第12.議案第129号「損害賠償額の決定について」を採決いたします。  議案第129号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第129号については原案のとおり可決されました。  次に、日程第13.議案第130号「福島地区小中学校屋内運動場改築 建築工事請負契約の変更について」を採決いたします。  議案第130号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手多数であります。よって、議案第130号については原案のとおり可決されました。  次に、日程第14.議案第131号「訴訟上の和解について」を採決いたします。  議案第131号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第131号については原案のとおり可決されました。  次に、去る9月7日、産業経済委員会に付託いたしました案件のうち、  日程第15 議案第122号 平成30年度松浦市       松浦魚市場特別会計補正予算(第       1号) から、  日程第22 認定第3号 平成29年度松浦市下       水道事業の決算認定について までの以上8件を一括議題とし、産業経済委員長の審査報告を求めます。 8 ◯ 産業経済委員長(宮本啓史君)(登壇)       審 査 報 告 書  本委員会に付託の案件につき審査の結果を、下記のとおり会議規則第109条の規定により報告いたします。  事件番号、件名、審査の結果、決定の理由の順で申し上げます。  議案第122号 平成30年度松浦市松浦魚市場         特別会計補正予算(第1号)  原案可決でございます。  松浦魚市場運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第123号 平成30年度松浦市臨海土地造         成事業特別会計補正予算(第         1号)  原案可決でございます。  臨海土地造成事業運営に必要な歳入歳出予算の補正であり、妥当と認められる。  また、地方債の廃止についても妥当な措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第124号 平成30年度松浦市水道事業会         計補正予算(第2号)  原案可決でございます。  水道事業運営に必要な業務の予定量と収益的収支及び資本的収支の予定額の補正であり、妥当と認められる。  また、経費の流用に関する事項及び他会計からの補助金を改めることについても妥当な措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第125号 平成30年度松浦市工業用水道         事業会計補正予算(第2号)  原案可決でございます。  工業用水道事業運営に必要な収益的支出の予定額の補正であり、妥当と認められる。  また、資本的支出の予定額を定めることについても妥当な措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  議案第126号 平成30年度松浦市下水道事業         会計補正予算(第2号)  原案可決であります。  下水道事業(公共下水道事業)運営に必要な業務の予定量と収益的収支及び資本的収支の予定額の補正であり、妥当と認められる。  また、経費の流用に関する事項及び他会計からの補助金を改めることについても妥当な措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  認定第1号 平成29年度松浦市水道事業の決        算認定について  認定。  認定第2号 平成29年度松浦市工業用水道事        業の決算認定について  認定でございます。  認定第3号 平成29年度松浦市下水道事業の        決算認定について  認定でございます。  決算審査意見書を参考に、経営状況等決算内容全般にわたり慎重審査の結果、適正と認め認定すべきものと決定いたしました。 9 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。 10 ◯ 10番(安江結子君)  議案第123号「平成30年度松浦市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)」ですけど、この13億4,100万円が38億2,512万円になるということに対して事業が中止されたわけですが、この責任はどういうふうにとるという話になりましたか。 11 ◯ 産業経済委員長(宮本啓史君)  責任の議論はそこではありませんでした。済みません。 12 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (宮本産業経済委員長 降壇)  これより討論を行います。 13 ◯ 10番(安江結子君)(登壇)  日本共産党の安江結子です。  議案第123号「平成30年度松浦市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)」に反対の討論を行います。  平成29年度に3月議会で、調川港の一部を埋め立てて護岸を構築し、西九州自動車道松浦佐々道路のトンネル工事で発生する掘削残土を用いて埋め立てを行い、工業団地として売却するということでした。そして、そのときに6,692万8,000円が調査設計委託料として計上されておりました。  当初の計画では、測量設計が7,900万円、護岸工事が約8億円、造成が2億3,670万円、漁業補償が2億2,500万円の計の13億4,100万円でした。  それで、調査が進む中で軟弱地盤であると判明して工事の変更を余儀なくされて、かかる費用も変更で、護岸工事が約27億9,200万円、造成工事が2億5,540万円、漁業補償は2億4,300万円となって、合計の38億2,512万円ということです。  結局、13億4,100万円が38億2,512万円となって、工業団地の土地の売却単価が1平米当たり4万3,500円となって、とてもこれでは売れなく塩漬けになるので、この調川港埋め立ては中止となったものです。  問題なのは、軟弱地盤とわかっていたのではないかという点です。水きよら館の建設のときの資料は十分精査されたのかどうか。海のふるさと館建設のときは、軟弱地盤があって設計変更して沖合まで延ばさずに横に広げた経過があったのに、その点は考慮されたのかどうか。もっといえば、もともとこの伊万里湾は佐世保港と軍港をどちらにするかの候補に挙がるぐらいの、海底が遠浅ではなく途中から急に深くなる、そういう地形です。言いかえれば、これまでの市が持っていた貴重な経験が、資料が生かされなかったのではないかという点です。  これまで執行した事業費は、補助金が4,600万円、起債1,070万円、一般財源463万円、計6,133万円が失われました。では、この責任は誰がとるのかといえば、誰も責任をとらない。つくっても売らないのでやめましょうといえば、これで終わり。これでは6,133万円が失われたことに市民は納得しません。  このことを申し上げて、私の反対の討論といたします。(降壇) 14 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。 15 ◯ 2番(和田大介君)(登壇)  議案第123号に対する賛成の討論をいたします。  この調川港の埋め立てに関しましては、西九州自動車道の進捗はもとより、松浦インターができることによって、その周辺に工業団地を立地する、そういう促進の側面があって計画したものでありまして、まさに西九州自動車道で30万立米の土砂が出ると。この土砂を松浦市内でどうにか役に立てようということで計画に入ったものであります。  しかも、その計画は十分な調査をしたかということでございますが、見ていただいてわかるように真ん中に大きな岩があって、浮き島が1個あります。そういうふうなところから岩盤は浅いという判断をして、その中でやったものでございます。それで、詳細な調査をした結果、岩盤が深かったという結論に達したわけなんですけれども、それをもっても三十何億円という形で事業費が倍になる、3倍になるということですが、ただ、そのままその事業を進めて、その単価で売れないからやめたということじゃなくて、その事業を実行することによって、ほかにもいろんな影響が出てくるということを考えてやったものでございます。  ですから、私は勇気ある撤退であったというふうに思っておりますので、この予算に関しては賛成をいたします。  以上です。(降壇) 16 ◯ 議長(椎山賢治君)
     ほかにありませんか。──なければ、討論を終結し、採決いたします。  日程第15.議案第122号「平成30年度松浦市松浦魚市場特別会計補正予算(第1号)」を採決いたします。  議案第122号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第122号は原案のとおり可決されました。  次に、日程第16.議案第123号「平成30年度松浦市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1号)」を採決いたします。  議案第123号に対する委員長の報告は原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手多数であります。よって、議案第123号は原案のとおり可決されました。  次に、日程第17.議案第124号「平成30年度松浦市水道事業会計補正予算(第2号)」、日程第18.議案第125号「平成30年度松浦市工業用水道事業会計補正予算(第2号)」及び日程第19.議案第126号「平成30年度松浦市下水道事業会計補正予算(第2号)」の以上3件を一括して採決いたします。  議案第124号、議案第125号及び議案第126号に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、議案第124号、議案第125号及び議案第126号の以上3件については、いずれも原案のとおり可決されました。  次に、日程第20.認定第1号「平成29年度松浦市水道事業の決算認定について」、日程第21.認定第2号「平成29年度松浦市工業用水道事業の決算認定について」及び日程第22.認定第3号「平成29年度松浦市下水道事業の決算認定について」の以上3件を一括して採決いたします。  認定第1号、認定第2号及び認定第3号の以上3件に対する委員長の報告は、いずれも認定であります。  委員長報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、認定第1号、認定第2号及び認定第3号の以上3件については、いずれも認定することに決しました。  次に、各主管委員会分割付託案件の審査報告・採決を行います。  去る9月7日に、関係常任委員会に分割付託をいたしました、  日程第23 議案第116号 平成30年度松浦市       一般会計補正予算(第3号) を議題とし、各委員長の審査報告を求めます。  なお、念のため申し上げますが、これの審議順序は、各委員長の審査報告、質疑の後、一括して討論・採決を行います。  それではまず、総務委員長の審査報告を求めます。 17 ◯ 総務委員長(徳田詳吾君)(登壇)  審査報告書を読み上げて報告をいたします。  本委員会に付託の案件につき審査の結果を、下記のとおり会議規則第109条の規定により報告します。           記  事件番号 議案第116号  件  名 平成30年度松浦市一般会計補正予       算(第3号)~関係分  審査の結果 原案可決であります。  決定の理由 第1表歳入の全部並びに歳出のうち、2款総務費(関係分)、4款衛生費の1項7目(関係分)・8目、8款土木費の5項2目及び9款消防費は、行政事務並びに事業遂行に必要な経費の補正と認められる。  また、第2表債務負担行為補正(関係分)及び第3表地方債補正についても、妥当な財政措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上です。 18 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (徳田総務委員長 降壇)  討論・採決は各委員長の審査報告の後に行います。  次に、議案第116号関係分について文教厚生委員長の審査報告を求めます。 19 ◯ 文教厚生委員長(武辺鈴枝君)(登壇)  文教厚生委員会に付託の案件につき審査の結果を、会議規則第109条の規定により報告いたします。  事件番号 議案第116号  件  名 平成30年度松浦市一般会計補正予       算(第3号)~関係分  審査の結果 原案可決でございます。  決定の理由 第1表歳出のうち2款総務費の3項、3款民生費、4款衛生費(関係分)及び10款教育費は、行政事務並びに事業遂行に必要な経費の補正と認められる。  また、第2表債務負担行為補正(関係分)についても、妥当な財政措置と認められるので、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上でございます。 20 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (武辺文教厚生委員長 降壇)  次に、議案第116号関係分について産業経済委員長の審査報告を求めます。 21 ◯ 産業経済委員長(宮本啓史君)(登壇)       審 査 報 告 書  本委員会に付託の案件につき審査の結果を、下記のとおり会議規則第109条の規定により報告します。  事件番号 議案第116号  件  名 平成30年度松浦市一般会計補正予       算(第3号)~関係分  審査の結果 原案可決であります。  決定の理由 第1表歳出のうち6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費(関係分)及び11款災害復旧費は、行政事務並びに事業遂行に必要な経費の補正であり、妥当と認め原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 22 ◯ 議長(椎山賢治君)  これより委員長報告に対する質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  (宮本産業経済委員長 降壇)  これより討論を行います。ありませんか。──なければ、討論を終結し、採決いたします。  日程第23.議案第116号「平成30年度松浦市一般会計補正予算(第3号)」を採決いたします。  議案第116号に対する各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。  各委員長の報告のとおり決するに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手多数であります。よって、議案第116号については原案のとおり可決されました。  次に、市長提出案件の追加上程・説明・審議を行います。  日程第24 諮問第2号 及び  日程第25 諮問第3号 の「人権擁護委員候補者の推薦について」の2件を一括議題とし、理事者の説明を求めます。 23 ◯ 副市長(橋口忠美君)(登壇)  諮問第2号及び諮問第3号の「人権擁護委員候補者の推薦について」を一括して御説明申し上げます。  いずれも次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものでございます。  諮問第2号により前田公子氏を、諮問第3号で近藤敦臣氏を推薦するものでございます。  住所及び生年月日につきましては、それぞれ記載のとおりでございます。  提案理由につきましては、委員の任期満了により、長崎地方法務局長から候補者推薦依頼があったため、前田公子氏及び近藤敦臣氏を適任と認め推薦いたしたいので、提案するものでございます。  参考資料としてそれぞれの経歴書を添付しておりますので、御参照の上、御審議方よろしくお願い申し上げます。  以上です。(降壇) 24 ◯ 議長(椎山賢治君)  以上で理事者の説明が終わりました。  ここでお諮りいたします。  日程第24.諮問第2号及び日程第25.諮問第3号の2件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と言う者あり〕  御異議なしと認めます。よって、諮問第2号及び諮問第3号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより質疑を行います。ありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  これより討論を行います。ありませんか。──なければ、討論を終結し、採決いたします。  まず、日程第24.諮問第2号を採決いたします。  諮問第2号について了承することに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、諮問第2号については了承することに決しました。  次に、日程第25.諮問第3号を採決いたします。
     諮問第3号について了承することに賛成諸君の挙手を求めます。  〔賛成者挙手〕  挙手全員であります。よって、諮問第3号については了承することに決しました。  次に、認定案件の追加上程・説明・質疑を行います。  日程第26 認定第4号 平成29年度松浦市一       般会計の決算認定について から、  日程第38 認定第16号 平成29年度松浦市工       業団地造成事業特別会計の決算認       定について まで、以上13件を一括して議題とし、理事者の説明を求めます。 25 ◯ 会計管理者(橋本真一君)(登壇)  それでは、決算書の表紙を1枚めくっていただきたいと思います。    平成29年度長崎県松浦市各会計の    決算認定について でございます。  地方自治法第233条第3項の規定により、平成29年度長崎県松浦市下記会計の決算を、別冊監査委員の意見を添えて、議会の認定に付すものでございます。  まず、  認定第4号 平成29年度長崎県松浦市一般会        計歳入歳出決算 であります。  以下、各会計の歳入歳出決算でありまして、  認定第5号 平成29年度長崎県松浦市青島診        療所事業特別会計歳入歳出決算  認定第6号 平成29年度長崎県松浦市鉱害復        旧灌漑用水施設維持管理事業特        別会計歳入歳出決算  認定第7号 平成29年度長崎県松浦市国民健        康保険特別会計歳入歳出決算  認定第8号 平成29年度長崎県松浦市後期高        齢者医療特別会計歳入歳出決算  認定第9号 平成29年度長崎県松浦市介護保        険特別会計歳入歳出決算  認定第10号 平成29年度長崎県松浦市簡易水        道事業特別会計歳入歳出決算  認定第11号 平成29年度長崎県松浦市福島診        療所事業特別会計歳入歳出決算  認定第12号 平成29年度長崎県松浦市鷹島診        療所事業特別会計歳入歳出決算  認定第13号 平成29年度長崎県松浦市下水道        事業特別会計歳入歳出決算  認定第14号 平成29年度長崎県松浦市松浦魚        市場特別会計歳入歳出決算  認定第15号 平成29年度長崎県松浦市臨海土        地造成事業特別会計歳入歳出決        算  認定第16号 平成29年度長崎県松浦市工業団        地造成事業特別会計歳入歳出決        算 分でございます。  それでは、1、2ページの平成29年度松浦市各会計歳入歳出決算総括表をごらんくたさい。  まず、一般会計ですけれども、予算現額が221億685万8,000円。歳入に行きまして、調定額220億2,090万8,591円、収入済額213億683万3,817円、不納欠損額550万2,165円、収入未済額7億857万2,609円、予算現額と収入済額との比較、マイナスで8億2万4,183円。続いて、歳出に行きまして、支出済額206億1,558万4,260円、翌年度への繰越額が7億1,820万9,000円、不用額7億7,306万4,740円。歳入歳出差し引き残額6億9,124万9,557円であります。  次に、各特別会計の歳入歳出決算につきましては記載のとおりでございまして、特別会計の合計欄は下から2行目の小計の欄になります。  ただし、簡易水道事業会計につきましては、平成30年4月1日から水道事業会計に統合されましたので、平成30年3月31日で出納閉鎖した打ち切り決算となっております。  下から2行目、特別会計の小計でございます。予算現額115億7,358万円。歳入に行きまして、調定額116億8,669万9,928円、収入済額91億7,170万2,862円、不納欠損額1,055万6,020円、収入未済額25億441万1,046円、予算現額と収入済額との比較、マイナスで24億187万7,138円。歳出で、支出済額89億2,152万6,753円、翌年度への繰越額24億1,999万4,000円、不用額2億3,205万9,247円。歳入歳出差し引き残額2億5,017万6,109円でございます。  続いて、一番下の欄になりますけど、一般会計と特別会計の合計です。予算現額が336億8,043万8,000円。歳入の調定額337億757万8,519円、収入済額304億7,853万6,679円、不納欠損額1,605万8,185円、収入未済額32億1,298万3,655円、予算現額と収入済額との比較は、マイナスで32億190万1,321円。歳出の支出済額295億3,711万1,013円、翌年度への繰越額31億3,820万3,000円、不用額10億512万3,987円。歳入歳出差し引き残額9億4,142万5,666円でございます。  なお、括弧内の金額につきましては、繰越明許費繰越額の再掲でございます。  また、次ページ以降に附属資料といたしまして、歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書、基金の運用状況報告書、あと、別冊で主要施策の成果報告書を添付しております。  御審議いただきますようお願いいたします。(降壇) 26 ◯ 議長(椎山賢治君)  以上で理事者の説明が終わりました。  これより議案質疑に入りますが、質疑に当たっては簡潔明瞭に、また、議題以外の問題、あるいは賛成・反対を表明するなど自己の意見は避けてください。  また、この後、決算審査特別委員会を設置し、審査を付託いたすことにしておりますので、議事進行に御協力をお願いいたします。  これより質疑を行います。 27 ◯ 10番(安江結子君)  成果報告書の85ページですけど、福島町全島公園化事業の中で、大山公園のライトアップですけど、この業者選定の経過をお願いします。 28 ◯ 議長(椎山賢治君)  誰が答弁するの。(「議長、休憩お願いします」と言う者あり)  暫時休憩。       午前10時50分 休憩 ───────── ◇ ─────────       午前10時51分 再開 29 ◯ 議長(椎山賢治君)  再開いたします。 30 ◯ 会計管理者(橋本真一君)  この件につきましては物品購入ということですので、会計課の事務になります。(183ページで訂正)  それで、指名業者につきましては市内の業者さんを指名いたしまして、競争入札ということで決めさせていただいております。 31 ◯ 10番(安江結子君)  入札結果一覧では、第1回目、辞退が続いて、再度入札も辞退が続いて、入札の顛末は不調です。だから、聞いたんです。 32 ◯ 福島支所長(松永 毅君)  この件につきましては、最低の札の業者と協議をいたしまして、予定価格内での契約で行っております。 33 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。 34 ◯ 10番(安江結子君)  成果報告の105ページと106ページは松浦福岡観光交流事業ということでお金が使われているんですけど、105ページと106ページは同数の成果の指標が使われておりますが、この事業が別々であれば別々の指標結果があって当然ではないかと考えますが、そこら辺の説明をお願いします。 35 ◯ 食と観光のまち推進課長(川上利幸君)  この件につきましては、福岡都市圏交流事業の計画がございまして、目標については同じ事業でやっておりますので、同じ目標値ということでしております。 36 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。 37 ◯ 10番(安江結子君)  決算書の605ページに物品のことがありますが、絵画が77点あります。この絵画は辻利平さん方の絵画じゃないかというふうに考えておりますが、これらの保管とか管理とかに対しての市の方針というのはどういうふうになっておりますか。 38 ◯ 生涯学習課長(近藤寿一君)  この77点のうち、辻利平さんの絵画が35点ほどございます。市内の主要な公共施設にも展示させていただいていますし、それ以外の分につきましては、今、きらきら21──生涯学習センターのほうで管理させていただいております。  今後、これだけ重要な備品ということで管理しておりますので、適切な管理に努めていきたいと思っているところでございます。 39 ◯ 会計管理者(橋本真一君)  先ほど福島の全島公園化のことで安江議員から質疑があった件で、私、物品購入ということで御説明いたしましたけど、これは別件のものでしたので、この件については工事請負のほうでやられておりますので、私の発言のほうはちょっと間違いでございました。どうも済みませんでした。 40 ◯ 議長(椎山賢治君)  ほかにありませんか。──なければ、質疑をとどめます。  次に、特別委員会の設置・付託を行います。  日程第39 決算審査特別委員会の設置につい
          て を議題といたします。  認定第4号から認定第16号まで、以上13件については、8名の委員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、審査することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と言う者あり〕  異議なしと認めます。よって、認定第4号から認定第16号までの以上13件については、8名の委員による決算審査特別委員会を設置し、審査することに決しました。  ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、  谷口議員 武部周清議員 川下議員  徳田議員 武辺鈴枝議員 山口議員  久枝議員 崎田議員 の以上8名を指名いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と言う者あり〕  御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり選任することに決しました。  それでは、ただいま選任されました決算審査特別委員会の委員によって正副委員長を互選していただきたいと思います。  ここで正副委員長互選のため、決算審査特別委員会を招集いたします。  暫時休憩いたします。       午前10時57分 休憩 ───────── ◇ ─────────       午前11時30分 再開 41 ◯ 議長(椎山賢治君)  再開いたします。  休憩前に引き続き、会議を開きます。  休憩中に開かれました決算審査特別委員会において正副委員長の互選が行われましたので、その結果を御報告いたします。  委員長に山口議員  副委員長に久枝議員 と決定いたしました。  ここでお諮りいたします。  認定第4号から認定第16号まで、以上13件についての審査を決算審査特別委員会に付託し、議会閉会中の継続審査といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と言う者あり〕  異議なしと認めます。よって、認定第4号から認定第16号までの以上13件については、その審査を決算審査特別委員会に付託の上、議会閉会中の継続審査とすることに決しました。  以上で予定されました議事は終了いたしましたが、この際、お諮りいたします。  今期定例会において議決されました案件について、その条項、字句、数字その他の整理を要するものにつきましては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思いますが、これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と言う者あり〕  異議なしと認めます。よって、さよう取り計らうことに決しました。  以上をもちまして今期定例会に付議されました事件は全て議了いたしました。  これをもちまして平成30年第3回松浦市議会定例会を閉会いたします。       午前11時31分 閉会 ───────── ◇ ───────── 上記のとおり会議録を調製し署名する  議  長   椎 山 賢 治  署名議員   徳 田 詳 吾  署名議員   宮 本 啓 史 この会議録の全ての著作権は松浦市議会が保有し、国内の法律または国際条約で保護されています。 Copyright (C) MATSUURA CITY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....