460件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

児童虐待や生活困窮、あるいは日々報じられている不幸な事件の中には保護者自身の子供時代の生育歴の問題や発達の問題が背景に伺える場合がございます。また、議員のおっしゃられましたように孤立化しているケースもございます。そこに現在の子育ての悩みや家庭環境などが複雑に絡み合い、解決が難しくなっているケースが多く見られます。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

○金子喜彦 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  ただいま議員御指摘の児童虐待に関するニュースが連日報道される中、どの地域においても起こりうる事件であり、福祉行政を担う担当者として重く受けとめているところでございます。  諏訪市におきましては、家庭教育相談室において子供家庭にかかわるさまざまな相談を受け付けておりますが、そのうち約半数が児童虐待に関するものでございます。

諏訪市議会 2019-02-19 平成31年第 1回定例会−02月19日-01号

新年度から全ての子供とその家庭、妊産婦等へのさまざまな支援策を有機的につなぐ「子ども家庭総合支援拠点」を設置し、児童虐待の予防、要保護児童への支援のほか、子供発達段階に応じた相談や福祉サービスの利用調整を行うなど、妊娠期から子供社会的自立に至るまでの包括的な支援を行います。また、教育委員会と連携し、ひとり親家庭や生活困窮家庭子供を対象とした学習生活支援を新たに展開します。

茅野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−03号

相談内容としては、児童虐待、子どもの育て方や環境に関する相談のほか、子どもの発達や性格、行動、不登校に関する相談、児童のしつけに関する相談が増加しています。また、近年では、若年層の方の妊娠、出産に関する相談や、子どもの眼前でのDV相談、DVについての相談も増加傾向となっています。  

長野市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−04号

その他、具体的な事業につきましては、現在予算編成作業中ではございますが、例えば、健康寿命長野県一を目指して、寝たきりを未然に防ぐフレイル予防でありますとか、今社会的に問題になっております児童虐待対策、また、道路などのインフラ長寿命化、こういったものを、YOBOUの視点から、様々な新規・拡大事業の予算要求が現在上がってきております。その辺を、今、鋭意査定作業を行っているところでございます。  

長野市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会-12月05日−02号

また、同じく市民要望が高かった結婚、妊娠、出産、育児への継続的支援と、子供が安心して学べる支援体制の充実については、児童虐待防止対策や小中学校クール化事業など、子供たちの安全を守る取組も提案されております。  このように、アンケート結果を全庁的に共有し、各部局の予算編成に生かしているとともに、年明けに行う予算の市長査定では、私自身がアンケート結果を念頭に置きまして査定を行うことを考えております。

飯田市議会 2018-09-13 平成30年  9月 社会文教委員会協議会-09月13日−01号

子供発達に関することや児童虐待予防に関する機能のほか、就学相談等の機能を有し、関係する専門機関へつなげ、その後の支援に努めているところでございます。  相談対応は、主要な施策の成果説明書資料10ページでも記載しておりますが、まとめたものが資料1の3にございますので、そちらをごらんください。  横長の表の続きにございます。  

長野市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会-09月13日−03号

続きまして、児童虐待防止についてお伺いいたします。  今年、東京都目黒区で両親から虐待を受け、女児が死亡するという痛ましい事件は記憶に新しいところです。児童相談所への児童虐待相談件数は、2017年度には13万件を超え、5年前と比べて倍増しています。また、児童虐待により年間約80人もの子供の大切な命が失われているという現状があります。

長野市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号

次に児童虐待について伺います。  報道等で御承知のとおり、東京都目黒区在住の5歳の女の子が、この3月に両親による虐待で亡くなるという大変痛ましく、悲しい事件が起きました。また、大阪府堺市でも、両親が9歳になる長男を暴行して死亡させるという事件がありました。このような死亡事件を含め、全国的にも児童虐待は後を絶たない状況であります。  

飯田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号

近年、この事業の利用者が増加してきておりまして、昨今はこういった児童養護施設の側も地域子育て支援に御協力をいただいておる中で、こういった資源を活用して家庭養育の行き詰まりや児童虐待を未然に防止する取り組みと考えておりまして、これを進めておるところでございます。特定財源は、国・県支出金と保護者の負担金でございます。  

茅野市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会-09月11日−05号

先日も、総務省の方が児童虐待防止についての行政の連携のあり方について、育ちあいちのの視察に来たところであります。  以上です。 ○議長(両角昌英) 望月克治議員。 ◆14番(望月克治) 確保されているということで安心しました。これからもさらに強く、そういうパイプを太くしていっていただきたいと思います。  健全教育という言葉がありますね、最近は余り聞かないのかな。

箕輪町議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会-09月11日−03号

はじめに児童虐待の防止策についてでございます。箕輪町における児童虐待の把握と対応についてをお伺いいたします。東京都目黒区で5歳の女児が亡くなった事件を初めとして昨今後を絶たない痛ましい事件が年々増えてきていることから、行政も私たち住民も改めて深く考え、取り組むことが必要と思い質問をいたします。

下諏訪町議会 2018-09-06 平成30年 9月定例会−09月06日-03号

保護者のいない児童虐待されている児童など、養護を必要とする児童を入所させて養護し、あわせて自立を支援することを目的とする施設ですが、このところずっと満床状態だそうであります。それだけ問題を抱え困っている児童が多いということだと思いますが、諏訪地方では同学園と茅野市、諏訪市岡谷市契約しているものの、当町は契約していないというふうな話でした。今までに何か経過がございますか。

飯田市議会 2018-08-22 平成30年  8月 全員協議会-08月22日−01号

児童虐待について、件数が増加している。背景として、社会意識の高まりがあるかもしれないが、検証対策が必要。子育て世代はSNSを活用している。子育て世代情報をSNSを使用して発信するような施策を検討してはどうかなどの意見がありました。  総合的な評価としては、取り組んでいる姿勢は評価するが、さらに理想実現に向け取り組みを強められたいを評価としてまとめました。  

飯田市議会 2018-07-19 平成30年  7月 議会による行政評価・全体会-07月19日−01号

こども家庭応援センターを中心に関係機関の連携ネットワークの運営によりまして、子育ての行き詰まりを予防しまして児童虐待に陥らないように支援する取り組みを行いました。市内公立保育園の全園と私立保育園4園が信州やまほいく認定を取得しまして、飯田の持ち味を生かした子育て環境見える化が進みました。  

安曇野市議会 2018-06-20 平成30年  6月 福祉教育委員会-06月20日−01号

今、さまざまな問題、この陳情書にも書かれていますけれども、社会が変化している中、過保護、過干渉放任などの家庭の……、教育力の低下が指摘されているということを書かれていますし、若さゆえの心配、ひとり親の育児不安など、児童虐待やいじめ、子供たちの自尊心の低さということが書かれていますけれども、こういった部分を支援していけばいいということでしょうか。

長野市議会 2018-06-19 平成30年  6月19日 経済文教委員会-06月19日−09号

次に、児童虐待の早期発見、早期解決に向けた地域全体で子供を見守る体制づくりにつきまして申し上げます。  東京都目黒区における痛ましい事件の発生は記憶に新しいところです。教育委員会といたしましては、引き続き各校において児童虐待の防止等に関する法律に基づいた対応を行うとともに、関係機関と連携しながら、各校を通じて保護者等に周知を図ってまいります。