211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2021-06-29 06月29日-05号

毎日のPCR検査をはじめ、外部との完全な分離や、受け入れる側のホテルも含めた舞鶴市の関係者全員ワクチン接種を行ったとお聞きしております。感染対策にあらゆる手法で万全を期していただきますよう、お願いいたします。 地域運動部活動推進事業は、国の部活動改革に沿って、休日の部活動を段階的に地域に移行するものであります。

向日市議会 2021-06-25 令和 3年第2回定例会(第5号 6月25日)

採決の前に一委員より、PCR検査について考えられたことは評価したいが、向日市でコロナで亡くなった方もおられて、検査をしていたら、そうならなかったかもしれないと思うと、向日市でコロナで亡くなる方を出さないとの思いで今後進めてほしいことを要望し、賛成するとの意見がありました。  一委員より、1年ずっとPCR検査について要望してきた。

八幡市議会 2021-06-25 令和3年6月25日文教厚生常任委員会−06月25日-01号

令和2年度のPCR検査陽性者は合計254人、月別では、2回目の緊急事態宣言下であった令和3年1月が115人と最も多く、次いで、その前月の令和2年12月が46人となっております。年代別では20歳代が最も多い結果ですが、昨年上半期と比べますと、どの年代にも感染者が一定数おられるといった結果になっております。

向日市議会 2021-06-16 令和 3年第2回定例会(第4号 6月16日)

5番目に、医療介護事業所福祉施設学校関係、学童、放課後デイも含みます、保育園等、特に感染拡大のおそれのあるところへ定期的なPCR検査抗原検査を行うことについてはいかがでしょうか。また、誰もがいつでもPCR検査を受けることができる仕組みをつくって、検査費用補助制度を検討されていると、この点は初日の本会議で、市長はPCR検査で初めて補助制度を検討していると言われました。

八幡市議会 2021-06-15 令和 3年第 2回定例会−06月15日-02号

吉川佳一理事 登壇) ◎吉川佳一 理事  PCR検査実施についてでございますけども、施設学校等PCR検査陽性者が発生した場合で、保健所での行政検査というのがまず判断をしていただくわけですけども、それに時間を要する場合、児童生徒の場合は保護者の了解が得られましたら、本市独自でPCR検査を拡大して実施しております。

与謝野町議会 2021-06-11 06月11日-04号

PCR検査キットを使った補助制度を与謝野町でもつくりました。この検査キットを使って学校生徒保育園児には定期的にPCR検査を、私は実施する必要があるんではないかというふうに思っておりますが、この点についてはどういうふうに考えておられるのか聞かせていただきたいと思います。 ○議長(多田正成) 山添町長

大山崎町議会 2021-06-11 令和 3年第2回定例会(第4日 6月11日)

この間、私たち議員団は、町に対して、感染者早期発見のため、社会的検査を町独自に実施することや、クラスター防止のため、行政検査拡充京都府に要請することを申し入れてきたところ、さきの3月議会では、町内の高齢者通所施設に対するPCR検査費用補助事業が提案、施策化され、これに加え、今議会には、抗原定性検査事業が提案されております。  そこで質問です。  

大山崎町議会 2021-06-10 令和 3年第2回定例会(第3日 6月10日)

また、このような中で、令和2年2月から令和3年6月までの国内におけるPCR検査実施件数、これは、厚生労働省データでございますが、昨日現在、1,596万5,000件以上に上っているということで、検査体制も徐々に拡充をされているところでございます。  しかしながら、先ほどの話でございます。

大山崎町議会 2021-06-09 令和 3年第2回定例会(第2日 6月 9日)

よく分かったなと思ったらそういう関連で恐らく中でちょっとPCR検査をなさって分かったということだと思うのですけれど、ただ中には、いろいろあってそういうのを言わない方もあるので、町なかには随分、症状のない、すばらしい健康体保菌者といいますか、そういう方が日本全国におられるのです。

向日市議会 2021-06-01 令和 3年第2回定例会(第1号 6月 1日)

また、コロナ禍状況の中で、発熱や体調不良などで仕事やアルバイトを休んだ場合、復帰するに当たり、PCR検査の結果を求められる場合が多く、その場合、全て自己負担であり、高額なことから、本市として補助できないかと考えております。しかしながら、以前から申し上げておりますように、PCR検査には医師のチェックが必要であり、加えて、仮に陽性となった場合には、医師から保健所へ連絡していただかなければなりません。

宇治市議会 2021-03-30 03月30日-07号

集会所については耐震改修ができていないことから、地元に対し無償譲渡もしくは廃止の判断を急がせたのではないかについて   ⑤市が自ら地域コミュニティーを壊しているのではないかについて  ◯未来型公共施設について   ①莵道ふれあいセンター跡地利用について   ②莵道ふれあいセンターのトイレの利便性について  ◯新型コロナウイルス感染症対策について   ①介護施設障害者施設入所者通所者職員が行うPCR

舞鶴市議会 2021-03-26 03月26日-05号

県内5か所で飲食店医療機関介護事業所などの無症状従事者を対象に、最大1日1万3,000件の唾液によるPCR検査を大規模に実施し、クラスターを防いでいます。日々報告される感染者も、現在、県全体で1桁となっています。県がこれまでに時短要請への協力金などで支出した予算総額は149億円、これに対し、PCR集中検査費用は10億4,000万円です。

向日市議会 2021-03-23 令和 3年第1回定例会(第5号 3月23日)

人との接触の多い方にPCR検査実施をする考えはいかがかとの質疑があり、PCR検査は全ての施設が正しい検査ができているわけではないと認識している。保健所を持っていないので正確な検査を依頼できる場所を確保することが難しい。本来なら市でイニシアチブを取って、PCR検査ができる体制があればよいと思っているとの答弁がありました。  

長岡京市議会 2021-03-18 令和 3年予算審査常任委員会小委員会( 3月18日)

コロナ禍における市政の在り方について伺うんですけども、先ほどPCR検査に関して国の基本的対処方針ということ、エビデンスに基づきっていう御議論もいただいたんですけども、私は国は本当に後手後手じゃないかなというのを非常に感じていまして、今日打つ手がないっていって緊急事態宣言解除されるんですけれども、コロナが消えるのを祈りながら待ってるのだとそういうふうに感じられてしまう状態やなと思ってます。

与謝野町議会 2021-03-17 03月17日-06号

その中には医療介護教育施設等クラスター回避必要性の高い施設職員と、入院、入所者について定期的なPCR検査を、全額町で負担して実施するように求めております。 緊急事態宣言の効果もあり、現在は感染者数は減少しておりますが、こうしたときこそ検査を強化して感染を食い止めると、このことが必要だというふうに思っております。