運営者 Bitlet 姉妹サービス
27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月14日) 具体的な治山事業は、災害等により荒廃した谷や山を復旧させるための治山ダム工、山腹工、森林整備を行うもので、その周辺を守ることで、ダムと森林の土砂流出防止機能を一体的に発揮させるものであるということでございます。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  土木建設部長。 ○(今井由紀土木建設部長)  私のほうからは、砂防事業について、お答えします。   もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 次に、土砂の流入対策でございますが、土砂流入が想定される大谷谷川や馬場谷川、不動谷川などは、上流に砂防ダムや治山ダムが設置されており、土砂の流出を防いでおります。また、狩尾川や木樵谷川など主要な河川につきましては、年に1度しゅんせつ作業を行っております。河川内に土砂や樹木の流れ込みが想定される降雨前には、職員が事前に危険箇所のパトロールを行い、状況把握に努めているところでございます。   もっと読む
2018-09-13 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日) それを受けて、京都府では、治山ダムを現在まで5基、そして1基工事中であるとの答弁でありました。それにもかかわらず、同じ災害がこの7月にも発生しました。まずは、この頻繁に起こる災害、この地区の災害について、原因をどのように分析されておられるのか、お伺いいたしたいと思います。 ○(大谷洋介議長)  土木建設部長。 もっと読む
2018-09-12 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日) 山間部には、いわゆる堰堤と呼ばれている砂防ダムや治山ダムなどが数多くありますが、その実態は常に把握され、良好な管理がされているのか、お尋ねをいたします。  (3)河川水路のしゅんせつについて、お尋ねします。  たび重なる大雨で、川に大量の土砂が流れ込んで堆積し、川底が浅くなっている場所がたくさん見受けられます。 もっと読む
2016-02-29 木津川市議会 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年02月29日 2項林業費、1目林業振興費で、京都府からの委託事業の災害に強い森づくり事業による治山ダムなどの機能回復に要する経費515万円などを計上いたしております。  続きまして、6款商工費では、対前年度17.6%、2,363万1,000円増額の1億5,789万7,000円を計上いたしております。  164ページ、165ページをお願いいたします。   もっと読む
2015-09-04 八幡市議会 平成27年第 3回定例会-09月04日-02号 災害に強い森づくりにつきましては、京都府より委託を受け、不動谷川にあります治山ダム上流域等の堆積土砂の撤去や倒木竹の除去を行いました。  次に商工費です。  商工振興につきましては、中小企業や個人商店の活性化に取り組む必要がありますことから、中小企業者の業務改善の取り組み、事業の活性化活動に対して、商工会に支援を行いました。 もっと読む
2015-07-15 南山城村議会 平成27年第 1回臨時会(第2日 7月15日) 4、災害に強い森づくり事業で、既設治山ダムの堆積土砂撤去について、南大河原地区では雨が降ればかなり濁った水が出てくる。1年延期せずにできないのか。  答弁は、府は堰堤の調査をして機能は保たれていると判断した。  5、農業者トレーニングセンターの空調設備はいつから故障をしていたのか。  答弁は、約10年前からだが、何とか修理しながら使ってきた。今回、全面的に改修する。  土木費について。   もっと読む
2015-07-07 南山城村議会 平成27年予算決算常任委員会( 7月 7日) 全体事業費は1,200万円で山腹工が2カ所、それから治山ダム堰堤の堆積土砂の撤去、しゅんせつですね、いわゆるしゅんせつでございます。流路工10メートルと上げております。箇所が3カ所に分かれておりまして1カ所目、ことし施工させていただくのが泉ヶ谷地内で山腹工、で土留の構造物を延長12メートル、高さ3メートルの土留工を施工すると。   もっと読む
2015-06-22 福知山市議会 平成27年第4回定例会(第2号 6月22日) 水は上から下へ流れますので、山に降った雨はなるべく山の近くで、また山で、田んぼに降った雨はなるべく田んぼで保水する、そういうことでは、田んぼダムを提案された方もいらっしゃいますけれども、上流の雨はなるべく上流の近いところでという考え方に立てば、上流の対策は上流のため池や治山ダムや砂防などの対策も含めて、長期的な観点からは山林の保水力の向上を図り、下流へ流出するピークを緩和させなければならないと思いますが もっと読む
2015-06-04 宮津市議会 平成27年第 2回定例会(第3日 6月 4日) 治山事業は、森林法に基づきまして、荒廃が著しい森林を保安林に指定した上で、主に植生を回復するための植栽、それから、生育状況が芳しくない森林での間伐、渓流の侵食を防止する治山ダムの整備など、森林の保全を通じて山地災害から住民の生命、財産を守ろうとするものでございます。所管官庁は農林水産省となりまして、施設用地等については用地買収を伴わない土地の使用承諾で実施されます。   もっと読む
2014-09-11 福知山市議会 平成26年第3回定例会(第3号 9月11日) そこには過去に治山ダム、あるいは砂防ダムがつくられてきておりますし、全くない箇所もございます。これらの多くは府の管轄ですけれども、つくりっぱなしで土砂で埋まってしまっているものも数多くあり、下流には民家もございます。まず総点検して、浚渫が必要だと思いますけれども、この点についてお考えをお聞かせください。 ○(奥藤 晃議長)  農林商工部長。 もっと読む
2014-09-09 八幡市議会 平成26年第 3回定例会−09月09日-03号 本市においても一昨年の豪雨により土砂災害が発生し、治山ダム、砂防ダムの整備等が行われました。危惧するところは、そうした対策整備をされた箇所についての点検はどのようになっているかということであります。土砂や木材等が堆積していれば、ダム機能が低下もしくは喪失してしまいます。本市においてのメンテナンス状況についてお示しください。あわせて、本市の砂防ダムと治山ダムの設置状況についてお示しください。 もっと読む
2014-06-06 八幡市議会 平成26年第 2回定例会−06月06日-01号 災害に強い森づくり事業費では、京都府の委託事業として、不動谷川にあります治山ダム上流域等の堆積土砂の撤去や倒木竹の除去を行うための経費400万円を計上しております。財源には全額、府委託金を充当しております。  bSに移りまして、土木費でございます。 もっと読む
2013-09-18 八幡市議会 平成25年第 3回定例会−09月18日-05号 そのことから、今定例会では、同僚議員からもさまざまな角度より災害対策について質問がされていますが、私は、治山ダム、砂防ダムを有する石清水八幡宮周辺の河川についてを中心に質問させていただきます。   もっと読む
2013-06-17 八幡市議会 平成25年第 2回定例会−06月17日-04号 男山周辺の山腹崩落4カ所のうち、鳩茶屋下から馬場運動公園につきましては、京都府において平成25年度治山事業として4月から本復旧工事に着手され、中腹までを1期工事として、治山ダム2カ所の設置を8月末の完了予定で進めていただき、中腹上部を2期工事として平成26年度に着工していただけると伺っております。 もっと読む
2013-03-05 宇治市議会 平成25年  3月 京都府南部地域豪雨災害対策特別委員会(第3回)-03月05日−03号 戦川上流の治山ダムに堆積しております多量の流木等につきましては、京都府より本市が委託を受けまして、平成25年度より撤去をしてまいりたいと考えております。 もっと読む
2012-12-11 八幡市議会 平成24年第 4回定例会−12月11日-03号 3点目に、京都府はこの12月補正予算に防災基盤整備促進費として、高坊地区内の治山ダム計画が予算として計上されております。概要を教えていただきたいと思います。   もっと読む
2012-09-18 福知山市議会 平成24年第4回定例会(第4号 9月18日) 土木工事での木材利用といたしましては、農林分野では京都府が実施をしております治山ダム等の積極的な利用というふうなことをされておりますし、また一般的な土木工事における仮設工事などの実績は少ないながらも、利用されているという実例もございますが、地元産材であるかという把握はなかなか難しくて、現在いたしておりません。 もっと読む
2012-07-06 福知山市議会 平成24年第3回定例会(第2号 7月 6日) ○1番(桐村一彦議員)  今、お話をいただきました間伐材を利用しての治山ダムについてなんですけれども、もう少し詳しくお教えいただけませんでしょうか。 ○(野田勝康議長)  農林商工部長。 もっと読む
2011-12-09 宮津市議会 平成23年第 5回定例会(第3日12月 9日) また、滝馬地域におきましても激甚災害対策特別緊急事業により、治山ダムや砂防堰堤などの事業で安全対策をしていただき、安心な生活を取り戻しかけたところでありました。  しかし、ことし発生いたしました台風15号の影響で、金引の滝の入り口付近の山が崩落、幸い人的被害はありませんでしたが、その崩落によりその流木が下流の橋をふさぎ、滝馬川がはんらん、台風23号と同じような道路へ水が流れ込み、川と化しました。 もっと読む
  • 1
  • 2