793件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿屋市議会 2023-12-10 12月10日-03号

このような子どもたちを何とか支援したいと、地域でも子ども食堂を行っています。私が住んでいます寿小学校区の町内会で取り組んでおり、これに参加させていただきましたが、学校との連携もあり、1回に80人から90人の子どもたちが来ています。学校外での友達との交流地域大人たちとの交流の場となっており、大変よい取り組みだと思っております。 

鹿屋市議会 2021-06-26 06月26日-04号

今後も、鹿屋市の発展のために、そして子どもたち未来のために全力で活動していくことを約束して、私の質問を終わります。 ○議長宮島眞一君) 午前の会議はこれで終わります。再開は、おおむね午後1時の予定であります。これをもって休憩いたします。午後0時01分休憩───────────午後0時59分再開議長宮島眞一君) 会議再開いたします。 24番 岡元浩一議員。  

鹿屋市議会 2020-12-09 12月09日-02号

このように、多くの子どもたちが熱心に清掃活動に取り組んでおりますが、家庭生活を含めた日常生活での習慣化という面ではなかなか難しい面もあることから、人としての基盤づくりである義務教育段階では、環境美化環境保全に対する取り組みを実践していく態度、他者に対する配慮や思いやりの心を養うことがとても大切であると考えております。 

鹿児島市議会 2020-09-28 09月28日-07号

第1の理由としては、請願では、「子どもたちのいのちと健康を守り、成長と発達を保障するため、緊急に20人程度で授業ができるようにすること。そのために教職員の増員と教室の確保を国の責任で行うこと」となっていますが、新型コロナウイルス感染症感染拡大が本市でも予断を許さない状況の中、今後は文科省学校の新しい生活様式行動基準を踏まえた対応が必要です。

鹿屋市議会 2020-09-19 09月19日-04号

本市にもたくさんのかわいい子どもたちが生活しており、転出入もあります。いずれにしても社会の宝物である幼い命を守るのは、家族はもとより私たち大人責任でもあります。関係機関との連携が大切とよくいわれますが、自治体として何ができるのか、大人は何をなすべきかを再認識する必要があると考えます。 そこでお尋ねしますが、(1)新生児家庭訪問及び乳幼児・未就園児の健診未受診者の現状についてお示しください。

姶良市議会 2020-09-18 09月18日-06号

若い方たちが姶良市に居を構え、子どもたちを含めて人口が増えることで、扶助費がそれに合わせるように増えていくことは当たり前と言えば当たり前のことです。人口増地方交付税算定基準となる基準財政需要額に反映され、市民税などの税収が増えてくることも考慮すべきことで、親の育児疲れを解消することで、子どもも元気に育ち扶助費削減につながるなど、目に見えない部分で扶助費削減効果も十分に考えるところであります。

姶良市議会 2020-09-08 09月08日-05号

それから、ほかの小学校蛇口は足りているのかというご質問ですけれども、今回の補正の中では、特に手洗い場蛇口が不足しているということで、子どもたちが休み時間に特に多く列をつくる建昌小学校、それから帖佐小学校、この2か所を選定して設置するということで計画したところでございます。 ○議長東馬場弘君) ほか、ありませんか。    

鹿屋市議会 2020-09-06 09月06日-01号

9月21日には、遊びを通して子どもたちが健やかに成長することを目的とした、「第2回リナシティまるごとキッズフェス」、10月には、地域住民外国人がイベントを通して多文化共生社会について考える、「世界ワクワクまるごとフェスタ」を開催することとしております。 今後もリナシティかのやの利用促進を図りながら、まちのにぎわいの創出に努めてまいります。 次に、補正予算の概要について御説明申し上げます。 

姶良市議会 2020-09-03 09月03日-04号

この間の学習遅れを取り戻すために、夏季休業を短縮して、授業を実施したり、時間割編成を工夫したりし、子どもたち学習保障に努めてまいりました。 子どもたち心理的影響を和らげるために学校では様々な取組を行っております。 臨時休業中は、家庭学習に取り組めない子ども学校に呼んで学習指導を行ったり、定期的な電話連絡家庭訪問を行ったり、校区内の商業施設公園等の巡回を行ったりしました。 

姶良市議会 2020-09-02 09月02日-03号

子どもたちではないんです。外から大人が持ってくるんです。そのようなお話もされておりました。 どのような思いで日々、お仕事をされているかということにも思いをしっかりとさせていきたいと思います。 昨日の子ども館質問の中で、市長は「主人公は、未来の担い手である子どもたちです。その親御さんたちです」と言われました。その主人公を支えているのが、保育士幼稚園教諭の皆様ではないでしょうか。

姶良市議会 2020-07-09 07月09日-05号

これにより児童生徒同士間の意見交換が活発になったり、なかなか手を挙げられない子どもたちタブレットを通じて意見や感想を大画面に映し、授業に反映させたりできます。 デメリットについては、画面を見続けることでの視力の低下などが考えられます。また、タブレットを落として壊してしまうことも出てくると思います。 保健福祉部、特に報告する質疑はありませんでした。 

鹿屋市議会 2020-07-03 07月03日-05号

─────────────────── 意見書案第1号   教職員定数改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書(案) 学校現場では、解決すべき課題が山積しており、子どもたちの豊かな学びを実現するための教材研究授業準備の時間を十分に確保することが困難な状況となっている。特に小学校においては、新学習指導要領移行期間中であり、外国語教育実施のため授業時数の調整など対応に苦慮している。

鹿屋市議会 2020-06-24 06月24日-02号

次に、未来ある子どもたちのための教育行政についてお伺いいたします。 2020年度教育改革で、幼児から大学生まで学習する内容や時間、受験などが変わろうとしております。文部科学省は、これまでの大学入試センター試験にかわり、2020年度から大学入試共通テストを実施すると発表しました。 知識の理解を図るとともに、知識に基づいた思考力判断力表現力などを評価するとして、記述式問題が新たに導入されます。

姶良市議会 2020-06-23 06月23日-03号

それと、あと子どもたちに対する語りとか、あるいは図書館行事をやっていく上にはそれなりのスペース、広場が──広場というか、部屋が必要です。 そういった意味でも、全く加治木は足りていないし、先ほど言うようにどういう考えで図書館を捉えるかということなんです。