494件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能美市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-12-11

私たちの石川県では、幸いにもこうした台風において大きな被害はなかったようでありますが、歴史をひもときますと昭和9年7月の梅雨前線の影響による手取川大洪水では、死者、行方不明者は112人、流出・倒壊家屋は約240戸を数えております。それ以前の大きな洪水も記録にとどめられているところでもあります。  

小松市議会 2019-12-09 令和元年第5回定例会(第3日目)  本文 開催日: 2019-12-09

1975年(昭和56年)に完成したこの出張所は未耐震であり、耐震診断も実施されておりません。今後、大きな地震が発生したときの防災拠点としての役割を果たすことができるのか、適切な消防活動のためには、財政状況の厳しさも十分認識しておりますが、ぜひとも早期に対応すべきであると考えます。見解をお伺いいたします。  また、粟津温泉出張所についても築37年が過ぎております。

小松市議会 2019-12-06 令和元年第5回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-12-06

昭和46年以来、長年にわたって梯川は引き堤や河川の改修工事が進められ、そしてまた天神さんの保存のために浮島までできております。また、白江大橋まではほぼこの工事は完成したと聞いておりますが、今後は荒木田大橋、白江大橋の間、この区間においてまだ工事が残っていると聞いております。梯川の水防対策のこの現状と今後の計画についてお聞きをしたいと思っております。  

小松市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日目)  資料 開催日: 2019-09-25

記   議員提出議案第5号   新たな過疎対策法の制定に関する意見書           ─────────────────────────────                                         議員提出議案第5号                新たな過疎対策法の制定に関する意見書  過疎対策については,昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」制定以来,4次にわたる

小松市議会 2019-09-13 令和元年予算決算常任委員会総括質疑 本文 開催日: 2019-09-13

この夏、8月10日に行われました南極教室、皆さん方にもたくさん御来場いただいたわけでございますが、140人の参加者を得まして、南極昭和基地とライブトークを開催いたしました。子供たちもたくさん参加してくれまして、最後にいろんな質問がございました。例えば南極で魚がとれるのか。それから、オーロラはどれくらい見れるのか。

珠洲市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第4回定例会(第2号)  本文

珠洲市に関する記録資料として、珠洲市全体や各町ごと、市内各地域の郷土史家により発刊されたたくさんの郷土誌や、昭和25年に初発刊され、珠洲郷土史研究会により今日まで発刊されている「すずろものがたり」、教育委員会による遺跡や史跡及び資料の調査報告、珠洲市役所発行の「珠洲市史」、「珠洲市十年史」及び珠洲郡役所発刊の「石川県珠洲郡誌」などがあります。

小松市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-09-09

それが昭和合併で3,300になった。そして、今はその半分の1,740ということでありますので、やはり知らずうちにそれぞれ統廃合が進む。これは市民サービスの活動の範囲が広がっているということなんですね。それはそういう意味で当然、自治体の統合が進んでいくということは、これはごく自然なことだろうと思います。  

珠洲市議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第3回定例会(第3号)  資料

                     〃     〃    番 匠 雅 典                      〃     〃    濱 野 隆 三                      〃     〃    向 山 忠 秀      …………………………………………………………………………………………………             新たな過疎対策法の制定に関する意見書  過疎対策については、昭和

珠洲市議会 2019-07-03 2019.07.03 令和元年第3回定例会(第3号)  本文

過疎対策については、昭和45年に過疎地域対策緊急措置法が制定されて以来、4次にわたり、特別措置法の制定により、生活環境の整備や産業振興等に一定の成果を上げてきたところでありますが、引き続く人口の減少と著しい高齢化をはじめ、産業経済の停滞、生活基盤の整備の格差など、過疎地域は今なお様々な課題を抱えており、その解決が必要とされております。  

珠洲市議会 2019-06-25 2019.06.25 令和元年第3回定例会(第2号)  本文

平成が、これまでの明治大正昭和の時代の流れの転換点となり、令和の時代に入り、こうした動きがさらに顕著になるものと考えております。  「SDGs未来都市」としての事業の1つである「奥能登国際芸術祭」を通して、珠洲市から人の流れ、時代の流れを変えてまいりたいと考えております。  

能美市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第4号) 本文(委員長報告・採決等) 2019-06-21

また、15園の認定こども園のうち、7カ所は昭和40年代から60年代に建設されており、福島保育園や緑が丘保育園は建設から40年以上が経過し、老朽化が進んでおります。  限られた市の予算の中で、今後さらなる高まりを見せる保育へのニーズに対応し、いかにして施設更新を含めた老朽化対策を打ち出すのか、政治責任において課題解決をしていく必要に迫られています。  

小松市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第2日目)  本文 開催日: 2019-06-17

石川県の状況も昨年の死者数は前年比6人減の28人で、昭和31年に統計をとり始めて以降、過去最少でした。ただし、65歳以上の高齢被害者が全死者の71.4%を占める20人となっています。  また、警察庁の資料によれば、高齢運転者が最も過失割合が重い第一当事者となる交通事故の割合は年々増加傾向にあり、こうした中、本年4月に東京都豊島区池袋において高齢運転者による悲惨な事故も生じました。  

小松市議会 2019-06-10 令和元年第3回定例会(第1日目)  本文 開催日: 2019-06-10

上皇陛下は、全国植樹祭に寄せて、昭和天皇お手まきの杉からつくられたくわでお手植えされたことをお詠みになられました。  昭和から平成、そして令和へと時代が引き継がれました。私たちは、陛下の温かな御心とともに、記念の樹木をふるさとの豊かな森と美しい自然を守るシンボルとして大切に育て、次の世代、そして未来へつないでまいりましょう。  

能美市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3号) 本文(一般質問) 2019-06-07

森喜朗元総理は昭和44年、第32回総選挙において、若干32歳で衆議院議員に初当選して以来、平成24年に引退されるまで、14期43年の長きにわたり衆議院議員として国政の中枢で活躍してこられました。そしてその間、文部大臣を初め通商産業大臣建設大臣を歴任され、また自民党においては政調会長、幹事長など要職を務められ、平成12年4月5日には、石川県戦後初めての内閣総理大臣に就任されたのであります。

能美市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2号) 本文(一般質問) 2019-06-06

昭和13年9月、前身である保証責任医療利用組合連合会加賀病院として診療を開始以来、時代の流れとともに変遷を経ながら、令和時代となった今に至る80年という長きにわたり、能美市立病院地域住民の生命健康を守る最前線の医療機関として重要な役割を担い、多くの住民が能美市立病院医療のよりどころとしてきました。