4117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

音更町議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-30

3、森林資源の循環利用を通じて林業木材産業の成長産業化を実現するため、地域の実情を十分に踏まえ、森林整備から木材加工、流通、利用までの一体的な取り組みや森林づくりを担う林業事業体や人材育成に必要な支援措置を充実・強化すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和元年9月30日。北海道音更町議会議長高瀬博文。  

音更町議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-13

次に、子供を取り巻く施設で働く有資格者の確保と対応についてでありますが、子供を取り巻く施設については、児童福祉施設など国や道が所管する施設もありますが、本町における保育施設について申し上げますと、町立、民間を問わず職員数の確保が困難な状況にあり、人材の確保は保育の質にかかわる上で重要な課題であることから、官民挙げて対応していくべきものと認識しております。  

音更町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 2019-09-10

南中音更小学校は、昭和7年に中音更尋常高等小学校所属南中音更特別教授場として開校以来、90年の長い歴史と伝統を有し、学びやから巣立った数多くの卒業生は、それぞれ社会の有能な人材として活躍されております。  しかし、近年は児童数の減少傾向が続き、今後も回復が見込めない状況にあります。

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−07月03日-記録

そこで、質問ですが、平素から災害対応に関する若手職員の研修を充実し、人材育成を図っていく必要があると思いますけれども、どのように取り組むのか、お伺いいたします。 ◎中出 危機管理対策部長  若手職員など経験の浅い職員育成についてのご質問でございます。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月03日-05号

今回の補正内容を見ますと、さきの震災を踏まえた防災減災関連事業や保育人材の確保、子育て家庭経済的負担の軽減など、喫緊の政策課題に対応した計上が特徴的となっているところでありますが、一方で、将来を見据えた持続可能なまちづくりを進めていくことも重要であると考えます。  

札幌市議会 2019-07-03 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月03日-05号

次に、保育人材確保緊急対策についてです。  保育人材確保に向けた一時金の給付は、就業継続や離職防止を図る目的とのことですが、保育業界が抱える若年層の早期離職などの背景には、給与を初めとする処遇などさまざまな問題もかかわることと思われることから、今回の対策についての効果などを十分検証するとともに、長年にわたって就業を続けられる方々への配慮も検討するなど、総合的な対策も講じることを求めます。  

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第二部議案審査特別委員会−07月01日-04号

がんゲノム医療は、患者のがん細胞から遺伝子を取り出して、その遺伝情報解析し、適切な治療法を見つけるというものですが、この遺伝情報解析するためには、生物学知識情報処理知識の両方が必要で、双方の知識を兼ね備えた人材、すなわち、バイオインフォマティクス、生命情報科学分野の人材が全国的に不足していると伺っています。

札幌市議会 2019-07-01 令和 元年第一部議案審査特別委員会−07月01日-04号

◆北村光一郎 委員  私からは、保育人材確保緊急対策費について質問させていただきたいと思います。  札幌市では、保育ニーズの増加に対応するため、認可保育所の整備などにより、保育定員を急速にふやしてきております。一方で、全国的な保育人材不足の状況は札幌市例外ではありません。定員の増とあわせて、保育を担う人材確保策にも取り組まなければならない状況であります。  

札幌市議会 2019-06-26 令和 元年(常任)文教委員会−06月26日-記録

◆森山由美子 委員  先日の代表質問において、我が会派の福田議員が、第2児童相談所の開設を含めた児童相談体制の強化について札幌市の考えをただし、市長から、第2児童相談所の可能な限りの早期開設や、人材育成を含めて計画的に専門職を確保する旨の答弁がございました。第2児童相談所ができるのは数年先になりますが、それまでの間、児童相談所の体制強化をどのように行うかが喫緊の課題と言えます。  

音更町議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-19

そうすると数カ所になると、そういった想定だと思うんですけれども、そういった想定の中で、そうするとやっぱり人材が必要になると。足りなければ民間に委託するということであれば、そういった協定も必要になってくるんじゃないかというふうに思いますし、やはり分別をしなければいけませんので、そういった分別の知識というのも必要になってくると思うんです。

札幌市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回定例会−06月19日-02号

その一方で、今、保育士の不足が全国的な問題となっており、その人材確保が大きな課題となっております。保育士が集まらず、児童の受け入れができないとの事業者の声も多く聞かれるところであり、そのことは札幌も例外ではなく、保育の受け皿を実質的にも拡大するためには、施設整備とあわせて、保育を担う人材の確保策を積極的に進める必要があると考えるところであります。  

音更町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-18

あわせて、今御心配をいただいております保育士の確保、これは本当に日本中そうでありますし、特に人材の確保という中で一番難しいのは、我が町にあっても大谷短期大学さんと連携を保ちながら保育士さんの育成に努めてきているところですけれども、なかなか、何とか保育士の部分では大谷短大さんも人材確保というか学生さんの確保もしていただいておりますけれども、これが地元音更に必ずしも反映されるという状況にはないことも、またこれも

音更町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-17

質問にありました道からの雇用対策に係る調査については毎年実施されており、調査に係る事業区分は、市町村が行っている雇用創出、人材確保、就業支援などの11項目であります。本町におきましては、人手不足対策である人材確保事業は実施していないところですが、調査項目にある高齢者と障がい者の就業支援対策については、音更町障がい者職場体験事業として実施している旨回答したところです。  

札幌市議会 2019-06-13 令和 元年大都市税財政制度・災害対策調査特別委員会−06月13日-記録

また、保育所定員の拡充や保育人材の確保に取り組みますとともに、子ども医療費助成の対象拡大を進めてまいります。  一方で、札幌市は、生産年齢人口の減少と老年人口の増加が急速に進むことが見込まれておりまして、質の高い地域包括ケア体制の構築や介護人材の確保が急務となっている状況でございます。