ツイート シェア
  1. 青森県議会 2011-06-16
    平成23年第266回定例会(第1号)  本文 開催日: 2011-06-16


    取得元: 青森県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 ◯議長高樋 憲) ただいまより第二百六十六回定例会を開会いたします。  会議を開きます。    ──────────────────────       ◎ 会   期   決   定    ────────────────────── 2 ◯議長高樋 憲) 会期決定の件を議題といたします。  お諮りいたします。会期は、本日から六月三十日までの十五日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 3 ◯議長高樋 憲) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日から六月三十日までの十五日間と決定いたしました。    ──────────────────────       ◎ 会議録署名議員指名    ────────────────────── 4 ◯議長高樋 憲) 会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員に、十五番工藤慎康議員、二十八番熊谷雄一議員、四十八番相馬しょういち議員を指名いたします。    ──────────────────────       ◎ 議案上程及び提案理由説明    ────────────────────── 5 ◯議長高樋 憲) 知事より、お手元に配付のとおり議案等が送付されましたので、御報告いたします。《登載省略》  議案第一号から議案第九号まで及び報告第一号から報告第十五号までを一括議題とし、知事の説明を求めます。―知事。 6 ◯知事三村申吾) おはようございます。
     本日ここに、県議会第二百六十六回定例会の開会に当たり、県政運営に関する所信の一端と、上程されました議案概要を御説明申し上げ、議員各位並びに県民皆様の深い御理解と御協力をお願い申し上げる次第でございます。  私は、このたび、県民皆様の温かい御支援を賜り、三たび知事の重責を担うこととなりました。今後の県政運営に思いをいたすとき、私に課せられました使命と責任の重大さに改めて身の引き締まる思いがいたします。  今、我が国は、三月に発生いたしました東日本大震災によって戦後最大の危機を迎えております。本県においても震災による傷跡はいまだ生々しく、私も、選挙期間中、県内各地で、震災の影響、復興への思いなど、たくさんのお声を伺いました。対応を急がなくてはならない多くの課題や県政に対する期待を肌で感じたところであります。  再選を果たしました今、私の最大の使命は「震災復興防災おもり」の迅速かつ着実な実行であります。  さきに策定しました青森復興プラン取り組みを着実に進めつつ、今後は、県民のとうとい生命と財産を守るため、青森地域防災計画見直しなど危機管理体制強化するとともに、孤立集落をつくらないというこれまでの取り組みを深化させ、防潮堤避難道路等インフラ整備県民の命を守る防災公共と新たに位置づけ、計画的に推進していきます。  また、創造的復興に向けた中長期的な取り組みに係る青森復興ビジョンを早期にお示しすることとしております。  あわせて、これまでも皆様の御支援、御協力のもとで進めてまいりました「暮らしやすさのトップランナー生活創造社会」」の実現に向けた取り組みをさらに加速しなければならないと決意しております。  青森県のすばらしい地域資源や人財を不断のイノベーションと攻めの行動力で生かしながら、自主自立にして世界の一翼たる青森づくり県民皆様とともに進めます。  今こそ、希望なくして未来なし―私が今なすべきは、何よりも、県民皆様の安全・安心を絶対に守り抜くという強い信念のもと、改めてふるさと青森を再生・新生すべく希望の光を高らかに掲げること、希望のともしびのもと、県民皆様とともに苦難を乗り越え、未来に向かって進むことであります。  そして、一つ、みずからの地域はみずからが責任を持ってつくり上げる覚悟と同時に、グローバルな発想で地域を元気にする自立の姿勢、一つ、持続可能な活力あふれる青森の新しい地平線を目指す挑戦の姿勢、一つ、世代や地域産業などさまざまな領域間できずなという原点に立った協働の姿勢の三つの姿勢を大切にし、県民皆様とともに、日本の元気、青森の元気を取り戻していきたいと考えております。  具体的には、県政が抱える諸課題を踏まえ、「教育、人づくり」、「産業・仕事」、「安全・安心、健やか」、「行財政基盤安定」の四つの分野に「震災復興防災おもり」を加えた五本の柱を「元気、再生!フルパワーおもり」として掲げ、青森県ならではの地域力である青森力を生かしながら、暮らしやすさではどこにも負けない地域づくりの歩みを加速させていく所存であります。  時代が大きく変動し、あわせて未曾有の災害に遭遇しているこのようなとき、求められるのは、県民の命と暮らしを守るという強い決意と覚悟、そして、ぶれることのない政策の実行であります。  これらの政策の実現に向け、まずは、平成二十三年度当初予算に計上している未来への挑戦推進事業等について、より効果が早く、かつ高くあらわれるよう万全を期していくとともに、これまでにも増して施策の選択と集中の視点を徹底しながら、柔軟に、かつスピード感を持って県民皆様とともに取り組んでまいります。  今回の大震災では、県内全域が停電となるなど大変厳しい状況の中で、県内各地から被災地に向け、人的支援物的支援が迅速に行われました。また、被災された地域の方々がみずから力を合わせて炊き出しや瓦れきの片づけをしている姿がありました。さらには、全国各地、そして世界からも、青森県頑張れと物心両面にわたる多くの励ましをいただきました。本県からも、岩手、宮城、福島の各被災県に向けた支援の輪が日に日に広がりを見せております。  互いが互いを支え合うという青森県民のすばらしいきずな、また、地道にこつこつと物事をなし遂げる正直で生まじめな県民性、これら「青森の正直」とも言うべき県民力を結集することにより、青森の持つ底力、真の力が引き出され、青森県の未来を切り開く大きなパワーが生まれるものと考えております。  こうした県民パワーと豊かな地域資源が結合すれば、震災からの復興ふるさと青森の再生・新生は必ずやなし遂げられると確信しているところであります。  以上、再び県政運営を担うに当たっての私の基本的な考え方について申し上げました。  ふるさと青森やこの国の元気な再生・新生を目指し、くじけず、ひるまず、しっかりとした目標を持って県民皆様とともに挑戦を続ける覚悟でありますので、議員各位並びに県民皆様の御理解と御協力を心からお願い申し上げます。  それでは、上程されました議案の主なるものについて、その概要を御説明申し上げ、御審議の参考に供したいと思います。  まず、議案第一号「平成二十三年度青森一般会計補正予算案」について御説明いたします。  今回の補正予算は、東日本大震災に係る生活再建産業復興対策として、被災中小企業者等施設復旧等に対する支援に要する経費、港湾、漁港等インフラ施設復旧に要する経費東日本大震災復興基金の積み立てに要する経費等について、所要の予算措置を講ずるものであります。  その結果、今回の補正予算額歳入歳出とも二百三十八億六千三百八十万円余となり、これと既決予算額とを合計いたしますと、平成二十三年度青森一般会計予算規模は七千四百三十六億五千五百九十万円余となります。  以下、計上の主なるものについて御説明申し上げます。  まず、公共事業関係費について申し上げます。  災害公共事業費については、災害査定の進捗を踏まえ、農林水産施設災害復旧費において漁港災害復旧費等三十九億六千九百三十万円余、土木施設災害復旧費において港湾災害復旧事業費等三十億四千四十万円余、合わせまして七十億九百七十万円余を計上するとともに、災害国直轄事業負担金については、港湾災害国直轄事業負担金三十八億九千六百十万円を計上いたしました。  一般公共事業費については、漁港施設機能強化等に要する経費として三億九千二百五十万円余を計上するとともに、八戸港の緑地等復旧に要する経費として一億千二百九十万円余を計上いたしました。  次に、その他の計上の主なるものについて、款を追い御説明申し上げます。  総務費については、防災費において、県が受け入れた寄附金等を活用し、震災からの復興に関する事業を実施するため、今回提案しております議案第四号「青森東日本大震災復興基金条例案」で当該基金を設置することとし、基金積立金五億三千五百五十万円余を計上いたしました。  環境保健費については、公害対策費において、本県原子力防災対策強化見直しを検討するための専門家による委員会の設置・運営に要する経費として三百九十万円余を計上いたしました。  農林水産業費については、農業費において、本県農林水産物への信頼を維持・確保するため、放射性物質モニタリング調査を実施するのに要する経費として千七百八十万円余を計上するとともに、農協等セルフチェック体制の構築を支援するのに要する経費として八百万円を計上したほか、津波により被害を受けた卸売市場施設復旧に要する経費に対する助成として一億七千二百三十万円余を計上いたしました。  また、水産業費において、被災した青森産業技術センター食品総合研究所施設設備復旧等に要する経費として三億二千八百五十万円余を計上いたしました。  商工費については、商工費において、震災に伴う間接被害により事業活動に影響を受けている中小企業者に対する金融の円滑化を図るための青森特別保証融資制度拡充実施に要する経費として二十九億四千万円を計上いたしました。  また、被災した中小企業者等復興事業計画に基づいて実施する施設等復旧事業及び事業協同組合等が実施する共同施設等復旧に要する経費に対する助成として四十七億六千四百七十万円余を計上したほか、今回提案しております議案第三号「平成二十三年度青森小規模企業者等設備導入資金特別会計補正予算案」において、被災中小企業者等自己負担分に対する貸付金十五億八千六百四十万円余を計上いたしました。  さらに、被災中小企業者等設備投資に係る負担を軽減し、早期の経営再建支援するため、財団法人21あおもり産業総合支援センターが行う機械類貸与事業東日本大震災被災企業枠を創設するのに要する経費等として一億八百二十万円余を計上したほか、二千六百万円余の債務負担行為を設定いたしました。  このほか、観光費において、震災の影響により大きな打撃を受けている本県観光産業復興に向けて、旅行業者に対する商品造成支援を行うなど誘客促進対策を実施するのに要する経費として一億円を計上いたしました。  教育費については、教育総務費及び保健体育費において、被災した幼児、児童及び生徒の緊急的な就学支援等の実施に要する経費として一億五千三百九十万円を計上するとともに、青森東日本大震災復興基金を活用し、子供の防災意識の向上及び防災教育の充実を図るため、子供防災推進大会の開催及び防災教育教材作成等に要する経費千五十万円を計上いたしました。  以上が歳出予算概要であります。  次に、歳入について申し上げます。  今回の補正予算の主なる財源としては、歳出との関連等において、国庫支出金、諸収入及び県債を計上したほか、普通交付税八億九十万円余を計上いたしました。  以上が議案第一号「平成二十三年度青森一般会計補正予算案」の概要であります。  議案第二号「平成二十三年度青森港湾整備事業特別会計補正予算案」は、東日本大震災に関連して、八戸港のコンテナヤードコンテナクレーン等復旧に要する経費として十五億三千七百万円を計上いたしました。  議案第六号「青森県税条例の一部を改正する条例案」は、地方税法の改正に伴い、個人の県民税について、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除適用期間の特例を定めるものであります。  議案第八号「青森高等学校授業料減免事業等臨時特例基金条例の一部を改正する条例案」は、被災児童生徒就学支援等臨時特例交付金基金として積み立てて、東日本大震災により被災した幼児、児童または生徒の就園または就学の支援等のための事業に要する経費及び当該事業を行う市町村に対する補助に要する経費の財源に充てることができることとするものであります。  以上をもちまして提出議案概要について御説明申し上げましたが、議事の進行に伴い、御質問に応じ、本職を初め関係者から詳細に御説明申し上げたいと思います。  何とぞ、慎重御審議の上、原案どおり御議決を賜りますようお願い申し上げます。  なお、この機会に、議長のお許しを得て、オーダーメード型貸し工場活用状況について御報告申し上げます。  さきの二月定例会において、財団法人21あおもり産業総合支援センターが実施しているオーダーメード型貸し工場の利用によって、旧エーアイエス株式会社従業員の雇用や技術の確保を図るとともに、損失補償契約による県民負担を生じさせないために、同センター貸し工場の建設に伴う金融機関からの借入金を一括返済するのに要する経費等約二十九億円を貸し付けすることについて御議決をいただいたところです。  その際、貸し工場を利用する企業経営基盤強化策の一環として当該企業に係る合弁会社の設立のめどがついた段階で、県議会に御報告した上で、同センターにおいて金融機関への返済や貸し工場の正式なリース契約を締結することとしたところであります。  今般、貸し工場利用企業として、六ヶ所村に本社を有する相和物産株式会社と、神戸市に本社を有し、グループ本社がアメリカ合衆国にある株式会社サンテクノロジーが新たな合弁会社を設立することで基本合意に至りました。  企業概要を申し上げますと、社名は仮称「サンテックソウワ株式会社」で、当該二企業のほか、国内大手電機メーカー等の出資により資本金約二億二千万円で設立し、貸し工場を利用して、カラーフィルタータッチパネル基板の製造など、フラットパネルディスプレー事業を展開することとしております。  私としては、本合弁会社の設立により、貸し工場利用企業として経営基盤安定化営業力強化が図られるものとの判断に至ったことから、同センターにおいて金融機関への返済及び貸し工場の正式なリース契約を行うこととしたいと考えております。  今後は、貸し工場の安定した活用によってリース料を計画的に徴収し、県民負担が生じないよう最大限の努力をしてまいる所存でありますので、御理解賜りますようお願い申し上げます。  以上です。    ──────────────────────       ◎ 臨時の協議又は調整を行うための場の設置    ────────────────────── 7 ◯議長高樋 憲) 次に、臨時の協議又は調整を行うための場の設置の件を議題といたします。  会議規則第百二十二条第二項に基づく臨時の協議又は調整を行うための場について、お手元に配付のとおり設置することに賛成の方は御起立願います。  〔賛成者起立〕 8 ◯議長高樋 憲) 起立総員であります。よって、さよう決定いたしました。  なお、ただいま臨時の協議又は調整を行うための場として設置されました議員説明会は、本日午後一時より西棟八階大会議室において開催いたしますので、この席上より口頭をもって招集いたします。    ──────────────────────       ◎ 議   会   報   告    ────────────────────── 9 ◯議長高樋 憲) 議会報告として、第一号「監査の結果について」、第二号「例月出納検査の結果について」、第三号「請願・陳情の処理の経過及び結果について」、第四号「決議の処理の結果について」、第五号「議員派遣の結果について」をお手元に配付してあります。《議会報告第三号の別冊は登載省略》    ──────────────────────       ◎ 本 会 議 休 会 提 議    ────────────────────── 10 ◯議長高樋 憲) 本職より提議があります。  お諮りいたします。議案熟考のため、明十七日、二十日及び二十一日の三日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 11 ◯議長高樋 憲) 御異議なしと認めます。よって、さよう決定いたしました。  なお、六月十八日及び十九日は、県の休日ですから休会であります。  以上をもって本日の議事は終了いたしました。  六月二十二日は午前十時三十分から本会議を開きます。  本日はこれをもって散会いたします。 午前十時五十分散会 Copyright © Aomori Prefecture, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...