263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 民生協議会-07月19日-01号

2の事案の概要の(1)の概要でございますが、原告は、八戸市福祉事務所長が行った生活保護廃止決定処分が原告の審査請求によって青森県知事より取り消し裁決を受けたにもかかわらず、福祉事務所原告に対する生活保護を再開するなどの処分をしないまま8カ月が経過したことが精神的苦痛を与えるものだとして、国家賠償法第1条第1項に基づく損害賠償を求め、青森地方裁判所八戸支部へ提訴したものでございます。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

請求の主な内容については、1つとして建物の明け渡し、2つとして未払い賃料及び賃料相当損害金として372万円及び訴状送達の日の翌日から明け渡し済みまでの1カ月金6万2000円の割合による賃料相当損害金の支払いについて、青森地方裁判所訴えの提起をしていたところである。  裁判の状況については、平成30年9月12日青森地方裁判所訴状を提出し、以後、口頭弁論及び弁論準備手続を5回開催している。  

弘前市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会(第6号 6月28日)

との質疑に対し「当該訴訟がどのような判決結果となるかはわからないが、裁判所から求められた新たな証拠資料を提出していることなどからも、市側の主張が全て否定されることはないのではないかと考えている。」との理事者の答弁でありました。  ここで、委員より「市が当事者となる裁判においては、敗訴が多い印象であるため、本当に勝てる弁護士をつけて勝ちにいっていただきたい。」

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

これは政府自身が地方自治政府の意のままになるのではないかという印象さえ持つものですが、昭和38年ですが、最高裁判所地方公共団体についての判決を出しております。日常生活に密接な関連を持つ公的事務は、その地方の住民の手で、その住民団体主体となって処理する政治形態を保障する趣旨という判断を出しております。

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

近年は、歩行中の女性をはねて重傷を負わせた小学生の親に裁判所が約9500万円の支払いを命じるなど、高額賠償の判決が相次いでいます。ところが、保険への加入は十分に進んでいないのが現状であり、2017年に歩行者が死亡または重傷を負った自転車事故のうち、保険加入していた加害者は6割にとどまっています。

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

裁判所に申し立てをし、離婚調停をしています。調停中であれば、市営住宅を申し込めると聞いて、市の窓口に行くと、申し込みは可能だが、ただし、当選した場合、入居手続の時点で、離婚成立していなければ入居できないと言われました。調停が順調に進むことを祈りながら申し込みました。高い倍率にもかかわらず、願いがかなって抽せんに当たりました。

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27

市民の税金が投入されていること等を踏まえ、その経緯については市民に対してしっかりと報告すべきと思うが、市の考えを示せ」との質疑に対し、「同社の特別清算については、本来は同社が裁判所の監督下で行うものであるが、市としても重要なことと捉え、その経緯については節目節目で議会に報告するとともに、市長記者会見等で周知を図ってきていることから、市民への改めての報告は考えていない」との答弁があった。

弘前市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日)

次に、成年後見平成29年度における利用実施状況でありますが、成年後見制度の利用に当たり、家庭裁判所へ申し立てをする配偶者や四親等内の親族がいない場合、市長がかわりに申し立てることができる市長申し立ての件数が11件、低所得者へ成年後見人の報酬等を助成する成年後見制度利用支援事業が29件となっております。

青森市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 2018-06-15

特別清算につきましては、昨年7月13日に同社が青森地方裁判所から特別清算開始命令を受けて以降、市は、「権利の放棄について」の御議決をいただくとともに、債権者など関係者の御協力も得ながら、同社の清算人と連携し、着実に手続を進めてきたところでございまして、去る4月14日に同裁判所による特別清算の終結決定が確定し、同社の清算手続は全て終了いたしました。

青森市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-13

管理職の給与削減率が軽減されたとはいえ、継続されたので、アウガの特別清算に支障があっているものと思っていましたが、本年4月14日をもって、青森地方裁判所により特別清算終結決定が確定されました。アウガは身も心も青森市役所になり、給与削減を行う理由はなくなったものと私は思います。

青森市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 2018-03-05

官公庁、裁判所警察学校等の公的機関との連絡調整に関する事項。自治会の集まりへの参加や冠婚葬祭など地域生活及び家庭生活に関する事項について、対象者が手話通訳を必要としていると認められる場合に手話通訳者を派遣するものであり、障がい者支援課の窓口のほか、ファクスやEメール、家族等からの電話により申し込みを受け付けてございます。

弘前市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第4号12月 7日)

財務部長(熊谷幸一) できるということですので、明け渡し請求をすればできるということになりますけれども、最終的には裁判所住宅明け渡し訴訟ということになります。 ○議長(下山文雄議員) 石岡議員。 ○13番(石岡千鶴子議員) 答弁のところに、法的手続が必要との判断というふうな答弁がありましたけれども、先ほどの財務部長の答弁からすると、法的手続、裁判所への手続が必要になってくる。

八戸市議会 2017-10-20 平成29年10月 総務協議会-10月20日-01号

次に、発生状況でございますが、10月13日金曜日に、衆議院議員総選挙小選挙区比例代表並びに最高裁判所国民審査の期日前投票を既に終えていた市内の70歳代の女性が市長選挙と市議会議員補欠選挙の投票のために、期日前投票所を訪れた際、選挙事務従事者のチェック漏れにより、衆議院小選挙区の投票用紙を交付してしまったため、記入、投票してしまったものでございます。