10719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東海市議会 2019-12-05 令和元年12月定例会 (第3日12月 5日)

また、市政提案箱による意見聴取やパブリックコメント制度、まちづくりアンケート調査における自由意見記入欄の設定等を通し、日々の業務の中でも広く意見・提案等を収集し、市民サービスの向上に努めているところでございます。現在、各種案内はがきに意見欄を設けて意見聴取する予定はございませんが、市政提案箱を初めとしたさまざまな手法を通じて、引き続き市民等から多くの御意見をいただけるよう努めてまいります。  

東海市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第2日12月 4日)

過去の大地震や昨年の北海道胆振東部地震、そして、今年の大型台風などの災害が原因で大規模な停電が長期化し、市民は給油を求めて営業しているサービスステーションには大行列ができました。通常、サービスステーションは、電力を使い、ポンプで地下タンクの燃料をくみ上げて給油しますが、停電になるとポンプが停止し、電力を利用した給油ができなくなります。

小牧市議会 2019-11-25 令和 元年11月25日議会運営委員会−11月25日-01号

まず歳入でありますが、国の介護給付費負担金は高額医療合算介護サービスの財源とするものであります。  国と下から6つ目の県の地域支援事業交付金は、高額介護予防サービス費相当等事業負担金の財源とするものであります。  介護保険事務補助金は、介護報酬改定等に伴うシステム改修に対する財源とするものであります。  

小牧市議会 2019-10-16 令和 元年第 3回臨時会-10月16日-02号

このような状況で市長へのいろいろな思いが勤労意欲をそぎ、職務に支障や、気づかぬうちに行政サービスの低下につながってしまえば、最終的に市民の皆さんにしわ寄せが行くことになってしまいます。  そこで再質問をさせていただきます。市長は、この点について、どのように考えておられますかお伺いします。

扶桑町議会 2019-09-26 令和元年第5回定例会(第7日 9月26日)

賛成討論として、平成30年度の介護保険事業の実績に伴う精査であり、その収益差が基金となるが、今後、介護保険事業のサービスにしっかりとかえていただけるような適正な事業となることと考え、賛成するとありました。  討論終結後、採決の結果、議案第44号 令和元年度扶桑介護保険特別会計補正予算(第2号)は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。  

岩倉市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第 7号 9月26日)

非常に厳しい財政の中、市民サービスを低下させないためにも、消費税増税に伴うコストに係る部分に対応するための値上げはやむを得ないと考えます。  以上のことから、議案第58号に賛成をいたします。 ○議長(梅村 均君) 6番大野慎治議員。 ○6番(大野慎治君) 6番大野慎治です。  議案第58号「岩倉市民プラザの設置及び管理に関する条例等の一部改正について」態度を明らかにするため討論を行います。  

東郷町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-09-26

過日、山田議員からの一般質問におきまして、施設サービスの4人の新しい役員について、私の後援会員かということで御質問をいただき、当初3名の方が違うという御答弁をさせていただきましたが、その後十二分な精査をさせていただいたところ、4人とも違うということがわかりましたので、改めて御報告と答弁の訂正をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。              

みよし市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号 9月26日)

この条例による企業誘致、公益性はの問いに、税収が増大することで財政が維持向上でき、行政サービスの向上を図られること、地域雇用機会が拡大し、所得の向上、地域消費の拡大が期待できること、既存企業の事業機会、取引等が拡大し、地域経済が活性化することと考えておりますとの答弁でした。  次に、高度先端産業の事業内容はの問いに、規則で7つほどの分野を上げています。

豊田市議会 2019-09-24 令和元年 9月定例会(第5号 9月24日)

児童発達支援センターが児童福祉法に基づく障がい福祉サービスを行う施設であることに対し、外来療育施設法律に基づくものではなく、豊田市が独自にサービス提供を行う施設である。2点目は、受入れ対象者の違いである。児童発達支援センターの対象者が障がいのあるゼロ歳児から就学前の乳幼児であることに対し、外来療育施設は障がいの有無にかかわらず発達支援を必要とする主に1歳児から3歳児程度の乳幼児を対象としている。

犬山市議会 2019-09-19 令和元年建設経済委員会( 9月19日)

業務の内容としましては、消費生活相談、こちらは商品、サービスの購入、契約についての疑問点やトラブルについて相談を受けております。場所のほうが、市役所の1階の相談室において、午後1時から午後5時ということで、月曜日から木曜日で、こちらの窓口を開設しております。  それから、もう一つ、業務内容といたしまして主なものは、消費生活出前講座というものを行っております。

犬山市議会 2019-09-19 令和元年民生文教委員会( 9月19日)

延べ相談件数ですけれども、1日の中に何回も電話とか来る方、それから面会というか、窓口にみえる方もおられるんですけど、1日は1件のカウントでカウントした上で、トータル件数、延べ2,624件ということになっておりまして、相談の中身で一番多いのは障害福祉サービス全般にかかること、いろいろ苦情とかも含めて、手続やその他いろいろも含めて638件、そして次に多いのが、不安解消を求めて、いろいろ傾聴してくれるということで

犬山市議会 2019-09-19 令和元年総務委員会( 9月19日)

もうちょっと見直す期間というのを見直したほうがいいんじゃないかというふうには実際思うわけですが、利用されている方に対してはもちろんですが、税金で例えば利用されていない方の税金も中には使っていると思われますから、そういうところを公平に市民の方へのサービスも考えて、利用料を見直していくというのを踏まえて、早期な料金見直し期間としてやってもらったほうがいいんではないかというふうに思います。

みよし市議会 2019-09-19 令和元年予算決算委員会( 9月19日)

また、地域公共交通にかかわる住民懇談会平成31年の1月に2日間開催し、さんさんバスに期待することやよい点、現行サービスにおける改善点など、意見交換をしました。さらに10月にも2日間、住民懇談会を開催し、乗り続けられる公共交通を支えるアイデアをみんなで考えようをテーマに、皆さんの意見をお聞きしますとの答弁でした。  

東海市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第5日 9月18日)

急速な高齢化が進む中で、医療サービスに対するニーズの多様化及び医療技術の高度化などにより高齢者医療費が増加している状況下にあって、高齢者医療の安定的確保を図ることにより、地域医療を守り、医療が身近なところで安心して受けられる環境づくりを推進しております。  それでは、4ページの歳入歳出決算書をお願いいたします。  

犬山市議会 2019-09-18 令和元年総務委員会( 9月18日)

窓口の相談内容としましては、商品やサービスに関する契約のトラブルとか、悪質商法による消費者トラブルに関する相談窓口ということで、専門的な知見に基づいてアドバイスを送っているということになります。 ○委員長(岡村千里君) 鈴木委員。 ○委員(鈴木伸太郎君) 何か国の資格とか、そういうのはあるんでしょうか。 ○委員長(岡村千里君) 答弁を求めます。  武藤総務課長