ツイート シェア
  1. 犬山市議会 2019-09-20
    令和元年総務委員会( 9月20日)


    取得元: 犬山市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-13
    令和元年総務委員会( 9月20日)    令和元年9月              総務委員会会議録  令和元年9月20日(金曜日)  午前9時55分から  午前11時50分まで  第1委員会室 ────────────────────────────────────────── 〇出席委員(6名)      委員長 岡 村 千 里 君  副委員長 玉 置 幸 哉 君          畑   竜 介 君       長谷川 泰 彦 君          鈴 木 伸太郎 君       柴 山 一 生 君            ******************** 〇欠席委員(0名)            ******************** 〇職務のため出席した事務局職員の職・氏名  議事課長補佐   粥 川 仁 也 君    會 津 利 江 君            ********************
                    午前9時55分 開議 ○委員長(岡村千里君) ただいまの出席委員は6名全員でございます。  定足数に達しておりますので、直ちに総務委員会を開会いたします。  本日は全員協議会総務委員会の依頼のありました件と、それから今年度の総務委員会のテーマである町内会について、順に自由討議を行いたいと思います。  では、決算から新年度予算への要望についてをまずテーマとしたいと思いますけれども、幾つかこのことについてはテーマがあったと思いますけれども、まず、補助金の関係のことについては入れないとと思うんですけれど、どうしましょう。あと項目を。  じゃあ、補助金ガイドラインというのも一応つくられてはいるんですけれど、ペーパー2枚のあれだけのもので、あれは内々の約束事だとか、そういったことでは通用するかもしれませんけど、やっぱり他市町のようにきちんと整理していくことが大事だなとは思いますけれども、どのようにこれを要望としてということについては、どのようにお考えでしょうか。  柴山委員。 ○委員(柴山一生君) きのうの質疑でも言ったんですけども、他市のガイドラインを見ますと、正直、単純な話ですけども、ボリュームが全然違うということで、どうも担当課もほかの市町のガイドラインを見ていないような感じもしますし、また、ちらっと聞いたのは、法整備されているんじゃないかという話も、それはちょっと定かでないんですけど、されているかどうかというのも、それもちょっと担当課は把握していないので、まず、それを把握してもらって、もし法整備されているんだったらそれに沿ってやるべきだし、そうでなくても、他の自治体ガイドラインをちょっと見てもらって、それと比較したら一目瞭然、大分違うもんですから、もう少し整備して、内部的だけでなくて、外部の人でもはっきりわかるようなガイドラインを示してもらうように、来年度以降、改良していただくよう要望すべきであると思います。  以上です。 ○委員長(岡村千里君) 鈴木委員。 ○委員(鈴木伸太郎君) 決算に限らず、第44号議案の行政財産目的使用条例の一部改正について等々の決算及び一連の利用料改定の議案も含めて感じたのは、やっぱり今柴山委員がおっしゃられたように、よその研究がされていないし、スピードも遅いというところで、例えば2年とか区切り、締め切りをつくってスケジュールを組んで、ちゃんと自分たちでできないんであれば、外部の有識者を入れてやらないと、自分たちでもうできないんじゃないかなと思うんですよね。  我々もなかなか市民のほうから値上げをやめるよう、要は値上げはやめてくれという要望を受ける身でもあるので、我々も正直、客観的な判断ができないところもあると思うんで、その上げるところは上げる、でも減免するところは減免するみたいなところを客観的に判断できる人を外から招いてでも、例えば2年なら2年とか区切って、ここまでにやってくれというようなことを、委員会のほうから言っていくべきじゃないかなと思いました。 ○委員長(岡村千里君) 今のことは補助金のことに関してですか。 ○委員(鈴木伸太郎君) そうです。補助金のことです。ごめんなさい、補助金の話でしたか。失礼しました。使用料かと思いました。ごめんなさい。利用料でした、済みません。 ○委員長(岡村千里君) 玉置委員。 ○委員(玉置幸哉君) 今、補助金の話と使用料の話ということで、2つ項目を上げていこうじゃないかというようなことで委員からご意見がありましたので、まず、1つずつというよりも、それぞれ意見を出し合って、その中で少し絞りながらということで、進行いかがかなあと思いますが、どうでしょう。 ○委員長(岡村千里君) 皆さん、どうでしょうか。いいですか。 ○委員(玉置幸哉君) 引き続き、私のほうは、不納欠損の問題で、やっぱり債権管理を一元化し、それを見ていく担当部署が必要なんではないかという、きのう質疑もさせていただき、わかったことは、それぞれの債権管理は担当部署がやっているもんですから、そこをやっぱり豊田市のほうなんかでは先進的事例として、担当課があるということなので、犬山市もそれに倣って税収が先細りしていく中で消えていく徴収金がないようにしたいという考えで、今回の決算を見て、来年の予算には、そういった部署をつくるべきではないかということを提案していきたいというふうに思っています。 ○委員長(岡村千里君) ほかにはご意見どうですか。  畑委員。 ○委員(畑 竜介君) 今、幾つか議題が出ていましたけど、きのう、質疑させてもらった利用料に関しては、やはり9年は長いので、もう少し、どれが長くてどれが短いかという意見もあったと思うんですけど、ある程度区切ってやっていかないと、いつまでたっても変わらないと思いますので、それに対してというところと、あと、補助金に関してもきのうちょっと調べたんですけど、やっぱりどこを見ても15ページから20ページぐらい量があるので、犬山市は何でこの2ページで終わっちゃっているのかなというところもあるので、そういったところをまず調べていきつつ、柴山委員もおっしゃいましたけど、来年度以降、見直すということを考えたほうがいいんじゃないかなと思います。 ○委員長(岡村千里君) ほかはいかがでしょうか。  長谷川委員。 ○委員(長谷川泰彦君) 私も補助金ガイドラインという点は、この前に出た資料を見ますと、何となく内部的資料のような雰囲気で、市民一般に対して、この補助金はこういう使い方、こういう申請に基づいてこうしているんだよというのをはっきり示す形というのを、やっぱりもうちょっととれたガイドラインをつくるべきではないなと思っております。  ですから、先ほど鈴木委員も言われたように、なかなか当局側だけでのそういう取りまとめというのは、使用料も含めていろんなところもありますけど、このガイドラインにおいても、そういういろんなところの参考とか、外部からのそういう識者も呼んで意見を聞いたり、やることによって、もうちょっと肉づけができたガイドラインをつくることがいいんじゃないかなというふうには思うんですけどね。 ○委員長(岡村千里君) 今、資料をちょっとお配りしたんですけれども、ほかのところでの事例ということで、皆さんにちょっとご紹介したいなと思って、赤穂市と、それから大阪市のものが配られましたので、どんな感じになっているのかちょっとごらんいただきたいなと思います。  暫時休憩いたします。                午前10時04分 休憩                 再     開                午前10時28分 開議 ○委員長(岡村千里君) 休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。  今、補助金についてのことについてご意見を求めたいと思います。資料などをいただきましたが。  柴山委員。 ○委員(柴山一生君) 経営部経営改善課のほうから平成31年3月29日に補助金ガイドラインが出ているわけでございますけれども、まだまだこれでは不十分であると感じております。他の自治体ガイドラインを見ますと、何度も言いますが、ボリューム的なところから言いましても、2ページやそこらでなくて、15ページ、20ページになっているところが多くて、もう一度他の自治体の例も検証しながら、内部的のみならず、外部の方にもはっきりわかるような形でガイドラインを示してほしいなというところであります。それを来年度以降、新たなるガイドラインを策定していただけるように要望したいと思っております。  以上です。 ○委員長(岡村千里君) ほかにはいかがでしょうか。  長谷川委員。 ○委員(長谷川泰彦君) 補助金の適正な使い方がされているかということを考えた、その評価までやっぱりやらないと、次、その補助金を先ほども鈴木委員も言われましたけども、増額するか少なくするかとか、そういう金額的な話もできないと思うんですね。ですから、PDCAサイクルというような形でもって評価までして、次の補助金をどうするかというところを考えられるまでのガイドライン、踏み込んだガイドラインが必要ではないかと思いますので、ぜひその辺、検討してもらえたらというふうに思っています。 ○委員長(岡村千里君) 今現在の補助金ガイドラインでは不十分ですので、他市町の事例を検証しながら、まず、改善を図るということと、それから、PDCAサイクルを回すように、今は調書はありますけれども、その後の検証というのが十分されていないということで、その点についても行っていく内容をやったらどうかということが出ましたけども、そんな内容でよろしいですか。    〔「はい」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) では、補助金のことにつきましては、今出された意見をもとに文章化したいと思います。  暫時休憩します。                午前10時31分 休憩                 再     開                午前10時40分 開議 ○委員長(岡村千里君) 休憩前に引き続きまして、委員会を再開いたします。  施設使用料ついてのことですけれども、今話し合っているのは、決算から新年度予算への要望ということについてですので、これはその要望ということよりは、ちょっと別な感を受けますので、委員長報告の中で継続審査の中でのことということで取り扱っていきたいなというふうに思っております。  では、次のことについて話し合いたいと思います。  暫時休憩します。                午前10時41分 休憩                 再     開                午前10時57分 開議 ○委員長(岡村千里君) 休憩前に引き続き、委員会を再開いたします。  次のテーマは、債権管理についてということですけれども、これについてご意見をお願いします。  玉置委員。 ○委員(玉置幸哉君) 昨日も本会議でも質疑をさせていただいています。不納欠損が毎年3,000万円、一般会計では3,000万円、国保会計含めて特別会計を含めると、合計で6,000万円不納欠損で取れるはずだった税金が消えていくということでありますので、それをきのうの質疑では一つの課でまとめて見ているわけじゃなく、担当課それぞれの責任において不納欠損の回収をしていくということでありますので、私は税収がこれから先細りしていくという中では、この債権回収、不納欠損させないがためにも、一元管理をしていく必要があるということで、新年度予算に向けて、その管理をできる部署をつくっていくという必要があるというふうに今回上げていきたいというふうに思っています。  また、犬山市には債権回収条例というものも制定されておりませんので、一つ部署ができることにより、そういった担当課で条例制定に向けても鋭意努力をしていただきたいなというふうに思っています。 ○委員長(岡村千里君) ほかにはご意見どうでしょうか。    〔「なし」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) 特にないようでしたら、債権管理につきましては、1つの課で一元化をして行っていくということが出ましたが、そういった内容でよろしいでしょうか。  鈴木委員。 ○委員(鈴木伸太郎君) 個人情報に絡んでくるので、例えば収納課が給食費の滞納をしている人の個人情報を取りに行けるのかどうかとか、そこら辺、庁内でどういう、地方自治法だか何だかわからないですけど、どういうルールがあるのかわからないんですが、そこら辺をしっかり逸脱しない範囲で、そういう努力をしていただきたいなと思いました。  ちょっと詳しくはその辺、わからないんですけど、その権限というか、アクセス権限みたいなやつもあると思うんで、そこら辺、特に個人情報とかも含めてそうなんで、しっかり検証してやっていただきたいなと思いました。 ○委員長(岡村千里君) ありがとうございます。非常に重要なポイントだと思っていますので、さまざまな点を確認しながら、そういったことを行っていきたいというふうに思います。  暫時休憩します。                午前11時00分 休憩                 再     開                午前11時15分 開議 ○委員長(岡村千里君) 休憩前に引き続きまして、委員会を再開いたします。  次のテーマは、消防ということです。  特に防火水槽の老朽化した部分なんかが非常に大きな問題ということですけれども、そのことについてご意見を求めます。  玉置委員。 ○委員(玉置幸哉君) 一般質問でも、昨日の委員会質疑でもさせていただきましたが、現状、当市では設置から50年以上経過した防火水槽が122基あるという中で、消防としては年間1基から2基、修繕をしていくというふうに答弁がありましたので、かなり個数が多くなってくるということもありますので、計画的にそういったものの維持管理をしていくということが必要でありますので、予算的措置も含めて、老朽化した防火水槽の改善を求めていくということでお願いしたいというふうに思います。 ○委員長(岡村千里君) ほかに意見はございませんか。    〔「なし」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) では、消防については、特に防火水槽のそういった老朽化したものの対応について、計画的に進めてほしいということを盛り込みたいというふうに思います。  今、意見が出たところでは、補助金についてのもの、それから2点目としては債権管理について、3点目として消防という、3つの点についてまとめましたが、この3点でよろしいでしょうか。    〔「はい」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) ありがとうございます。では、決算から新年度予算への要望についてというのは、この3点にということでしていきたいというふうに思います。  暫時休憩いたします。                午前11時17分 休憩                 再     開                午前11時47分 開議 ○委員長(岡村千里君) 休憩前に引き続きまして、委員会を再開いたします。  9月2日に行われましたフリースピーチに関することということで、2点ほど課題がありました。
     まず、渡辺さんの発言された城下町のまちづくりと防災対策についてということで、これは消防関係のことなんですけれども、このことについては、消防の人たちと実際に消火栓の位置だとか、そういったことを実態調査を一緒にやりながら、また、住民の方が使えるような、そういった器具などについても調整をしていかなきゃいけないなというふうに思っていますけども、それでよろしいでしょうか。    〔「はい」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) 次に、選挙についてでございます。  選挙についてもさまざまなことがありましたけれども、選挙管理委員会とのことですね、フリースピーチとしては、投票をもっと楽しくという発言で、さまざまイベントをやったらどうかということでしたけれども、全員協議会の中でも公職選挙法にメスを入れるようなことも必要ではないかなどと意見がございましたけれども、このことについても、総務委員会としてはほかのワーキンググループなどと一緒に、一度この選挙管理委員会の皆さんとある程度懇談が必要ではないかなというふうに思っていますので、それでよろしいでしょうか。    〔「はい」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) では、そのように取り扱いをしていきたいというふうに思います。  あとラストのテーマは、町内会についてですけれども、このことについても、前に皆さんとお話ししたところでは、町内会長さんに集まっていただいて、人数とかはまだこれから決めていきますけれども、困っていることだとか、さまざまな情報交換をしたらどうだということで、座談会みたいなことをやったらどうかというご意見がございましたので、そのように調整をしていきたいと思っていますけれども、それでよろしいですか。    〔「はい」の声起こる〕 ○委員長(岡村千里君) わかりました。  玉置委員。 ○委員(玉置幸哉君) あと視察の件でございます。  総務委員会の視察としましては、当初、10月1日から3日までということで計画をしておりましたが、調整の段階で相手もあることでしたので、ちょっと日程がずれまして、10月2日、3日、行き先としては下関市、それから浜田市ということで、1泊2日の行程で行きたいと思いますので、予定についてはそれぞれのボックスのほうに入れておきますので、お願いしたいと思います。 ○委員長(岡村千里君) ほかに何かありましたら。よろしいですか。  では、これをもって委員会を閉じたいと思います。                午前11時50分 散会 本委員会の顛末を記載し、相違ないことを証するため、ここに署名する。  令和  年  月  日        総務委員長                                     総務委員会          本委員会に付託(送付)された事件及び審査結果 ┌───────┬──────────────────┬──────┬───────┬──────┐ │議案番号   │件     名           │付託(送付)│       │      │ │       │                  │年月日   │審査結果   │審査年月日 │ ├───────┼──────────────────┼──────┼───────┼──────┤ │ 第29号議案 │犬山市会計年度任用職員給与及び費 │令和元年.9.│原案可決   │令和元年.9.│ │       │用弁償に関する条例の制定について  │13     │(全員一致) │19     │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第30号議案 │犬山市人事行政の運営等の状況の公表 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │に関する条例の一部改正について   │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第31号議案 │犬山市職員の分限の手続及び効果に関 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │する条例の一部改正について     │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第32号議案 │犬山市職員の懲戒の手続及び効果に関 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │する条例の一部改正について     │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第33号議案 │公益法人等への職員の派遣に関する │〃     │原案可決   │〃     │ │       │条例の一部改正について       │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第34号議案 │犬山市職員勤務時間、休暇等に関す │〃     │原案可決   │〃     │ │       │る条例の一部改正について      │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第35号議案 │犬山市職員育児休業等に関する条例 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │の一部改正について         │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第36号議案 │犬山市特別職職員で非常勤のもの │〃     │原案可決   │〃     │ │       │の報酬及び費用弁償に関する条例の一 │      │(全員一致) │      │ │       │部改正について           │      │       │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第37号議案 │犬山市職員給与に関する条例の一部 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │改正について            │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第38号議案 │犬山市職員の退職手当支給条例の一部 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │改正について            │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第44号議案 │犬山市行政財産目的使用条例の │〃     │原案可決   │〃     │ │       │一部改正について(総務委員会の所管 │      │(全員一致) │      │ │       │に属するもの)           │      │       │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第54号議案 │楽田ふれあいセンターの設置及び管理 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │に関する条例の一部改正について   │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第55号議案 │今井ふれあいセンターの設置及び管理 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │に関する条例の一部改正について   │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第58号議案 │旧加茂郡銀行羽黒支店復原施設の設置 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │及び管理に関する条例の一部改正につ │      │(全員一致) │      │ │       │いて                │      │       │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第59号議案 │余坂木戸口まちづくり拠点施設の設置 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │及び管理に関する条例の一部改正につ │      │(全員一致) │      │ │       │いて                │      │       │      │ ├───────┼──────────────────┼──────┼───────┼──────┤ │ 第62号議案 │昭和天皇の崩御に伴う職員の懲戒免除 │令和元年.9.│原案可決   │令和元年.9.│ │       │及び職員の賠償責任に基づく債務の免 │13     │(全員一致) │19     │ │       │除に関する条例の廃止について    │      │       │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第63号議案 │犬山市行政不服審査法施行条例及び犬 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │山市固定資産評価審査委員会条例の一 │      │(全員一致) │      │ │       │部改正について           │      │       │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第64号議案 │犬山市印鑑の登録及び証明に関する条 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │例の一部改正について        │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第79号議案 │犬山市消防団員の任免、定員、服務等 │〃     │原案可決   │〃     │ │       │に関する条例の一部改正について   │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第82号議案 │令和元年度犬山市一般会計補正予算( │〃     │原案可決   │〃     │ │       │第6号)              │      │(全員一致) │      │ │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 第90号議案 │平成30年度犬山市一般会計及び特別会 │〃     │認  定   │〃     │ │       │計の決算の認定について       │      │(全員一致) │      │
    │       │                  ├──────┼───────┼──────┤ │ 陳情第12号 │米軍普天間飛行場の辺野古移設を促進 │〃     │聞き置く   │〃     │ │       │する意見書に関する陳情       │      │       │      │ └───────┴──────────────────┴──────┴───────┴──────┘...