18155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-12 平成57年 6月 定例会-06月12日−03号

県道五木宮原、宮原甲佐線は、国道三号線と国道二百十九号線を結び、国道間のバイパス的役割りを持つ約二十四キロメートルに及ぶ県南山岳地域の最も重要な幹線道路であり、単に沿線地域内の開発道路としての役割りのみにとどまらず、広く県南部、特に城南山岳地域の動脈であり、広域的な視野からも、新しい時代の流れに即応した自然林の活用、森林資源の開発、生活圏経済圏の整備、また過疎対策等から見てきわめて重要な使命を持つ

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

こういったことに比べて、日本農業の強さを見詰め直してみますと、日本農業は豊富な水と天恵の気候に恵まれ、森林に支えられた土壌がある、豊かな人間性を育む地域社会がある、誇るべき食生活がある、歴史が浅く経済合理性のみに立脚した自然の使い捨て農法は危険きわまりない、すなわち、生命を維持する根源である土壌条件を急速に悪化させている米国農業は、みずから自壊作用を始めていると言っております。

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-10-02

歳出六款五項一目「林業総務費」、森林整備を担う人財育成推進事業の取り組みについてです。  森林経営管理法は、戦後造林した森林が伐採の時期を迎えたことから、新たに伐採等の責務を森林所有者に負わせ、これまでの間伐中心の施業から皆伐を主体とする主伐中心の施業へと転換し、森林資源の利用促進を図るとされています。

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

この森林経営管理制度は、戦後造林した森林が伐採の時期を迎えたことから、新たな伐採等の責務を森林所有者に負わせ、これまでの間伐中心の施業から、皆伐を主体とする主伐中心の施業へと転換し、森林資源の利用促進を図るというものであります。  主伐の意向がなく、伐採等の責務が果たせないとされた所有者の森林に対しては、経営意欲が低いとみなして、市町村経営管理権を設定し集積します。

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

森林組合等における林業労働者育成、確保を推進するため、県、市町、森林組合等が出捐し、事業実績については、就労条件改善整備事業として、運用益を活用し、林業技術員の共済等の事業主負担の掛金に対し助成しているほか、あすなろ塾の運営事業など、5分野において事業を実施しております。  次に、貸借対照表、資産の部の主なものについてです。276ページです。  

青森県議会 2019-09-18 令和元年第299回定例会(第1号)  本文 開催日: 2019-09-18

今回の補正予算は、国の「防災減災、国土強靱化のための三か年緊急対策」に係る公共事業のほか、国庫補助事業等について、国からの割り当て見込み額等に基づき事業費の補正を行うとともに、本年十一月から週五便となる台湾定期便の利用促進に要する経費、在留外国人向けの一元的相談窓口の設置に要する経費、森林経営管理制度の推進に要する経費等について、所要の予算措置を講ずることといたしたものであります。  

群馬県議会 2019-08-22 令和 元年 8月農林環境常任委員会(森林環境部関係・農政部関係)−08月22日-01号

令和 元年 8月農林環境常任委員会森林環境部関係・農政部関係)−08月22日-01号令和 元年 8月農林環境常任委員会森林環境部関係・農政部関係) 委員会の名称 農林環境常任委員会 開催場所   403委員会室 開議年月日時 令和元年8月22日 午後0時59分 散会年月日時 令和元年8月22日 午後1時22分 会議の目的  基本計画等に関する説明及び審査        (森林環境部関係・農政部関係

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-07-08

この条例を提案いたしました理由は、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律の制定により、国から県に譲与されることとなった森林環境譲与税の執行に当たりまして、一般財源との区別を明確にし、透明性を確保するためには、基金の設置が必要なことから、この条例案を制定するものでございます。  条例の概要でございます。

福岡県議会 2019-07-05 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-05

この事業は、県土の保全及び森林資源の造成を図ることを目的に、県営林の経営を行うものでございます。令和元年度は歳入歳出ともに三億三千七百万円余をお願いしております。  続きまして、ページが飛びまして五百三十三ページをお願いいたします。第七六号議案令和元年度福岡県林業改善資金助成事業特別会計予算につきまして御説明をいたします。  

長野県議会 2019-07-05 令和 元年 6月定例会本会議-07月05日-06号

本年4月より新たに導入された森林経営管理制度について、委員からは、森林所有者情報の整備も含め、実施主体となる市町村の現状や森林整備の担い手の状況、県の支援策等の説明を求めました。  林務部からは、森林経営管理制度に関して10広域で連絡会議を立ち上げ、検討を始めていることや、県が有する森林情報市町村への提供等の支援、林業労働者の状況や今後の見込みなどについての説明がありました。  

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

川の中だけの対策では限界があって危険性が大きいことから、森林農地の保全、雨水をためることや氾濫の危険性の周知方法や避難体制の整備、さらには土地利用、まちづくりが必要になってくる。堤防間際に家を建てることの規制、規制された地域での振興策、固定資産税を安くするなどの税制面での整備など総合的な政策洪水対策をすることが必要となると指摘をしています。私もそのとおりだと考えます。

京都府議会 2019-07-03 令和元年予算特別委員会 討論・採決[ 配付資料 ] 開催日: 2019-07-03

─────┤ │  1 │令和元年度京都府一般会計補正予算(第1号)                 │ ├────┼──────────────────────────────────────┤ │  2 │令和元年度京都府流域下水道事業会計補正予算(第1号)            │ ├────┼──────────────────────────────────────┤ │  3 │京都府森林環境譲与税基金条例制定

京都府議会 2019-07-03 令和元年予算特別委員会 討論・採決 本文 開催日: 2019-07-03

委員会に付託さています議案4件のうち、第3号議案「京都府森林環境譲与税基金条例制定の件」に反対する討論を行います。  この条例による基金は、国が制定する森林環境税が元になりますが、国民1人当たり年間1,000円の住民税を上乗せして徴収し、森林環境譲与税を創設して基金を積み立てるものです。  

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会農政林務委員会−07月03日-01号

◎高橋明彦 森林づくり推進課長 議案により説明した。 ○石和大 委員長 理事者から発言を求められていたので、これを許可した。 ◎小山靖 森林政策課長 別添資料1「平成30年度みんなで支える森林づくりレポートについて」、資料2「信州 山の日 に関する取組について」、資料3「次世代森林産業展2019について」及び資料4「都市部との連携による森林づくりについて」により説明した。

長野県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会危機管理建設委員会−07月02日-01号

道路の路肩の支障木の伐採について森林県民税、県民の皆さんからお預かりしているこの税金を使うことも可能だということになりましたが、通常の業務にプラスしてこれを使えるということで、かなり計画的には進むのかなと思うんですが、その辺の状況はいかがでしょう。 ◎中田英郎 道路管理課長 森林税を利用しまして、県道の周辺の支障木伐採を今年度からできるようになっています。3,000万円の予算になっております。  

長野県議会 2019-07-02 令和 元年 6月定例会産業観光企業委員会-07月02日-01号

この承認を得た後に、農地法森林法、都市計画法などそれぞれの許可の手続きに入っていくということになっています。この承認の手続きはそれぞれの地域振興局でやっているところでございますが、承認の要件がございますので、各地域振興局で事業計画に照らして審査の上、適正に承認して、地域未来投資促進法が狙う企業立地を私どもとしても推進してまいりたいと考えているところでございます。