14295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

熊本県議会 2045-06-15 平成57年 6月 定例会-06月15日−05号

まず、価格安定対策につきましては、現在、果汁及びかん詰め用ミカン、果汁用夏ミカン、野菜類、子牛、母豚、鶏卵等の価格安定基金制度及び牛肉豚肉等安定帯価格制度並びに加工原料乳、大豆、なたね等の交付金制度等がございますが、これらの価格安定対策事業につきましては、それぞれの対象品目について価格補てん金の造成や助成等を行い、これらの制度の拡充強化を図ってきたところでございます。  

熊本県議会 2045-06-11 平成57年 6月 定例会-06月11日−02号

畜産農業から離脱して、いまや加工畜産となって、自由化されたトウモロコシ、マイロは飼料用として無関税輸入され、その輸入依存度はますます高まり大商社にコントロールされて、飼料価格の高騰と肉の価格の低迷からいよいよ苦境を脱却できない状況になっております。わが国においてこそ、米の過剰の解決、対応策をヨーロッパに見習うべきでありましょう。  

青森県議会 2019-10-02 令和元年第299回定例会(第6号)  本文 開催日: 2019-10-02

工業、農林、水産、食品加工の四部門から成る十三研究所を統合した全国初の総合的な研究機関であり、部門ごとの研究はもちろん、分野を横断した連携型の研究開発などに取り組んでいる機関であります。  私の周りでも、この取り組みについては大変評価している方がたくさんおられます。

福井県議会 2019-10-02 2019.10.02 令和元年予算決算特別委員会 本文

ちなみに北海道では水産加工業を対象とした水福連携という取り組みも始まっているようである。  そこでお尋ねする。県内の農福連携の取り組みにおける現状と課題、今後の展望について所見を伺う。 ◯健康福祉部長  本県で障がい者の就労施設というのは156あるけれども、このうち26施設で農福連携というものが行われていると把握している。就労している方は大体600人ぐらいということである。

青森県議会 2019-09-26 令和元年第299回定例会(第3号)  本文 開催日: 2019-09-26

六戸町に建設されたLVL工場が加工する木材は、森林組合などにより県内全域で生産され、青森県森林組合連合会が窓口となって、一元的に工場に供給されています。  本年四月に二つ目の工場が稼働し、今後はさらなる需要の増加が見込まれることから、県では、引き続き木材が安定的に供給されるよう、木材の伐採や運搬に必要な林内路網の整備や、高性能林業機械の導入支援に取り組んでいるところです。  

青森県議会 2019-09-25 令和元年第299回定例会(第2号)  本文 開催日: 2019-09-25

また、新たな補助労働力の確保に向けて、農協による援農希望者と生産者とのマッチング活動を全県に広めていくほか、作業の効率化が図られる高密植わい化栽培や加工リンゴ専用園への転換等を進め、持続可能な産地の形成に努めていきたいと考えております。  続いて、県内の中小企業の円滑な事業承継の促進に向けての取り組みでございます。  

石川県議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日環境農林建設委員会-09月24日-01号

◆安実隆直 委員  説明いただいた内容は理解できるのですが、実際に感染した野生イノシシがいた白山市小松市にはジビエの食肉加工センターがあるけれども、半径10キロ以内では捕獲しても処理できないということになります。この野生イノシシの豚コレラ対策とジビエという観点では県としてどのように考えられているのか、お聞きします。

石川県議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算委員会−09月20日-01号

しかし一方では、規格外品というのが業務用としてスイーツなどに加工されている、これはまだよいほうです。多くが、これは私が聞くところによると廃棄処分という頑固なことをされているようですが、県民の県税を投入して開発されたルビーロマンです。県民がひとしく食べることができて、あるいは食することができてこそ石川ブランドと言われるものではないですか。

石川県議会 2019-09-13 令和 元年 9月第 4回定例会−09月13日-03号

県内には五つのジビエ加工施設が稼働しており、白山市ではジビエを提供するお店も最近では多くなってまいりました。また、地元の白山商工会青年部ではイベントごとにイノシシの串焼きを販売しており、青年部活動の大きな収入源でありました。感染した肉を食べても人体に影響はないとはいえ、買い控えや風評被害が心配であるとの声も耳にします。

石川県議会 2019-08-27 令和 元年 8月27日総務企画県民委員会-08月27日-01号

近年の傾向としては、御指摘いただきました巣づくりに適した軒のある日本家屋の減少や、あるいは泥が付着しにくい、加工された壁が普及してきている、あるいは防犯意識の高まりで戸締まりが厳重になってきているといった住宅事情により営巣場所が得にくくなっているということ、あるいは田んぼなどが減少してきているということで、巣づくりに必要な泥、餌となる虫、こういったものが得にくくなってきているということなど、そういった

石川県議会 2019-08-26 令和 元年 8月26日環境農林建設委員会-08月26日-01号

これがさらに屠畜解体されて、精肉加工され、あるいは肉製品に加工されて流通しているわけですが、2次流通、3次流通となるとかなり複雑化しており、詳細は分かりづらいのですが、恐らくは県内消費が大半であろうという推測しているところです。 ◆米澤賢司 委員  特に能登豚は、味もよく、やわらかくてジューシーだと本当に評判です。我々もふだんから県内産の豚を注文しています。  

石川県議会 2019-07-24 令和 元年 7月24日環境農林建設委員会-07月24日-01号

また、仮に経口ワクチンを摂取した場合ですが、国の食品安全委員会によれば、イノシシの肉やソーセージなどの加工品を食べても人体には影響はないと聞いています。 ◆沖津千万人 委員  もし石川県イノシシが感染した場合、ジビエにいろんな施設で取り組んでいるのに、消費者の方が口にされなくなると思います。万全の体制、当然とっておいでると思いますが、重ねてまたよろしくお願いしたいと思います。

福岡県議会 2019-07-08 令和元年 農林水産委員会 本文 開催日: 2019-07-08

平成三十年度、柳川市の両開漁協と大牟田市の新大牟田漁協が、それぞれ県の支援で共同加工施設を整備いたしました。これにより、新たに十四経営体が協業化に参加し、作業負担も軽減されております。  三点目は、ナシの新品種玉水についてでございます。県では、平成二十一年から十年の歳月をかけ、ナシの新品種玉水を開発しました。

福岡県議会 2019-07-03 令和元年度 予算特別委員会 本文 開催日: 2019-07-03

また本県には、金属加工電子部品製造、あるいはゴム製造など、水素分野に高い潜在力を持つ物づくり企業が集積しております。さらに糸島市の水素エネルギー製品研究試験センター(HyTReC)では、高圧水素ガスを使用した試験や、水素ステーション用大型タンクの耐久性試験が行える設備を備えておりまして、多くの企業に御利用いただいております。  

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会農政林務委員会−07月03日-01号

国産材が大規模木材加工工場で活用されたり、バイオマス発電などの広がりによって、木材生産量自体は増加している。ここは本当に大事だと思うんですよね。同時に、高性能林業機械を用いることで生産性が向上して、木材自給率も36%まで回復してきているという一つの流れがあります。  もう一つの流れとして、山村に移住をして林業を始める青年がふえてきている。

長野県議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会環境文教委員会−07月03日-01号

それから再使用についても、繰り返し物を使うこともわかりやすいんですが、片やリサイクルの場合は、どうしてもそこにまた新たなものとして、再生利用させるというところで、加工といいますか、そういったところでエネルギーを使ったりする部分もあるということで、まずはリデュース及びリユースを優先して、それができないものについてはリサイクルで再生利用して、それでもごみになってしまうものが最終的には焼却、埋め立てのような