運営者 Bitlet 姉妹サービス
10994件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 東京都議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第2号)(速報版) 本文 また、マクドナルドも二〇二五年までに世界全店舗でストローを廃止、包装紙もリサイクル可能なものに変えていくということでございました。  また、エビアンは二〇二五年までに一〇〇%リサイクルされた再生プラスチックでペットボトルをつくると。これもまた画期的な発表をされているところでございます。   もっと読む
2019-02-27 東京都議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第4号)(速報版) 本文 私たちの身近な生活の中には、まだまだ高度な技術を活用して、リサイクルや素材転換を進めていく余地は多くあると考えます。こうした新たなリデュース、リユース、リサイクルの3Rを実現していくイノベーションの萌芽をしっかりと育て、世界の潮流である循環経済のシステムを確立していかなければなりません。   もっと読む
2019-02-26 東京都議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3号)(速報版) 本文 次に、都有地を活用したリサイクル施設の整備についてでございます。  お尋ねのスーパーエコタウン事業でございますが、東京臨海部におけます都有地を活用して、民間事業者等が主体となって、先進的で信頼性の高い廃棄物処理、リサイクル施設を整備してきたものであります。   もっと読む
2018-12-19 石川県議会 平成30年12月19日環境農林建設委員会-12月19日-01号 製品領域の大賞は、株式会社エコシステムの車載式瓦舗装材プラント「GAIAX」で、廃瓦をリサイクルした舗装材は、その透水性、保水性から近年のゲリラ豪雨対策として注目されており、瓦リサイクル舗装材の製造プラントを小型化、移動式とすることにより施工エリアの拡大を可能にしたこと、また全国にも事業展開できることから、瓦リサイクル舗装材の普及に寄与していることが評価をされました。   もっと読む
2018-12-14 福井県議会 2018.12.14 平成30年予算決算特別委員会 本文 国は福島県内の除染で出た土について、埋め立てによる最終処分の量を減らすため、リサイクルできる放射性物質の濃度を従来1キログラム当たり100ベクレルから8,000ベクレルに緩和、変更の緩い基準をクリアした除染土が道路や防波堤などの公共事業の建設資材として利用できる。環境省では道路だけでなく、子供が遊ぶ公園や緑地などへの利用も可能としている。 もっと読む
2018-12-12 東京都議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第17号) 本文 他方、東京都は、コンクリートや木材など建設資源の循環の仕組みを構築するための建設リサイクル推進計画を平成二十八年四月に改定し、東京都発注工事における建設資材等の調達について方針を定めております。そこには、都内産緑化植物の利用促進のため、都内産の緑化植物の公共利用の目標を全体利用の三割とすると明記していただきました。   もっと読む
2018-12-12 鹿児島県議会 2018-12-12 平成30年環境厚生委員会 本文 112 ◯西原廃棄物・リサイクル担当参事 ヤンバルトサカヤスデの発生状況でございます。  平成三年に徳之島で大量発生しまして、現在、本土にも広がっておりまして、県内二十五市町村において確認されております。 もっと読む
2018-12-11 福井県議会 2018.12.11 平成30年厚生常任委員会及び予算決算特別委員会厚生分科会 本文 一方で、例えばリサイクル率の向上については、しっかりと取り組んできており、一旦16%ぐらいまで下がったが、また18%ぐらいまで上がってきている。ただ、全国平均よりも下回っているので、さらに上げていこうとしている。  また、エネルギー消費量については、実は北陸3県は皆高い。これは持ち家であって、家も広くてという、そういういろいろな条件も影響している。 もっと読む
2018-12-11 富山県議会 2018.12.11 平成30年厚生環境委員会 一層の推進が必要とされた施策の中分類のうち、厚生部においては、子育て支援サービスの充実、総合的ながん対策の推進など11項目、生活環境文化部においては、「環境・エネルギー先端県」づくりに向けた廃棄物の排出抑制・リサイクルの推進、エコライフスタイルの定着促進、消費生活相談体制の充実などの安全・安心な消費生活の確保、こういうことも含めて4項目あったということであります。 もっと読む
2018-12-07 群馬県議会 平成30年第3回定例会環境農林常任委員会(環境森林部関係)-12月07日-01号    織田沢俊幸  委員 後藤克己    委員 酒井宏明        委員   大和 勲   委員 加賀谷富士子 欠席委員   委員長  髙橋 正 執行部出席者       【環境森林部】        環境森林部長   須藤雅紀  副部長         山崎信明        環境政策課長   松下 克  環境エネルギー課長   品川知一        環境保全課長   根岸達也  廃棄物・リサイクル もっと読む
2018-12-07 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会-12月07日-03号 一方、一般廃棄物として市町村が処理するプラスチックごみにつきましては、道では集計を行っておりませんが、容器リサイクル法に基づき、市町村からの委託を受け、再生利用を目的に廃プラスチック類を回収している日本容器包装リサイクル協会によりますと、平成29年度に、道内の市町村が収集したペットボトル、白色トレイなどのプラスチックは、全道で約6万8000トンとなっているところであります。 もっと読む
2018-12-06 北海道議会 平成30年第4回予算特別委員会第1分科会−12月06日-02号 また、工業用水道事業につきましては、経済のグローバル化に伴う産業の空洞化や、水のリサイクル技術の向上などにより、需要が減少しており、需要開拓の強化、累積欠損金の解消など、経営の健全化が急務であると認識しております。   もっと読む
2018-12-01 愛知県議会 平成30年12月定例会(第5号)〔資料〕 マイクロプラスチックの削減に当たっては、洗顔料等へのマイクロプラス チックの使用やプラスチック容器包装を取りやめるなど、事業者の果たす役 割が大きく、また、プラスチックの回収処理、リサイクル等に当たっては、 優れた知見や技術等を有する我が国が率先して国際協力を行うことが期待さ れている。   もっと読む
2018-12-01 愛知県議会 平成30年12月定例会(第5号) 本文 マイクロプラスチックの削減に当たっては、事業者の果たす役割が大きく、また、プラスチックの回収処理、リサイクル等に当たっては、すぐれた知見や技術等を有する我が国が率先して国際協力を行うことが期待されております。  そこで、本意見書案は、国に対し、事業者が行うマイクロプラスチックの使用及び廃プラスチック類の排出の抑制に係る取り組みに対し、十分な財政支援を行うことを要望する内容となっております。   もっと読む
2018-11-30 群馬県議会 平成30年 第3回 定例会-11月30日-08号 ◎中島聡 県土整備部長 利根川の河川改修についてでございますが、利根川の群馬ヘリポート下流の玉村町上福島付近から伊勢崎市の清掃リサイクルセンター21上流付近までの延長約5.5キロメートルの区間について流下能力が不足していることから、堤防整備や河川断面を大きくする掘削などの河川整備を実施しているところでございます。   もっと読む
2018-11-30 北海道議会 平成30年第4回定例会−11月30日-02号 現在、国においては、プラスチック資源循環戦略を来年6月のG20首脳会議までに策定し、排出抑制の徹底や、効果的、効率的なリサイクル等を重点的に推進するとしているところであり、道といたしましても、この国の戦略に基づき、海洋プラスチックごみ対策に積極的に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-11-29 青森県議会 2018.11.29 平成30年第296回定例会(第3号)  本文 低炭素・循環型社会の形成のためには、県民一人一人による省エネ等の地球温暖化対策やごみの減量、リサイクル等の3Rの実践が第一歩であると考えております。   もっと読む
2018-11-28 青森県議会 2018.11.28 平成30年第296回定例会(第2号)  本文 また、課題となっております平均寿命の延伸、ごみの排出量やリサイクル率の改善などにつきましても明るい兆しが見えてくるなど、本県の成長と発展のために進めてきたさまざまな取り組みが確実に実を結んできているものと認識をしているところであります。   もっと読む
2018-11-27 北海道議会 平成30年第4回定例会-11月27日-01号 企業局所管審査で、管理者は、産業構造の変化、水のリサイクル技術の向上などによる需要の減少など、工業用水を取り巻く情勢は近年大きく変化してきており、厳しい経営が続いているとしています。  施設の老朽化も進むことから、長期的見通しによる抜本的な経営改善策を道民に示すことが必要です。  一般会計繰り入れに依存した現状の改善なくして、道民の理解は到底得ることはできません。  もっと読む
2018-11-22 富山県議会 2018.11.22 平成30年厚生環境委員会 九澤廃棄物対策班長 食品ロスの発生抑制を図った上で、なお発生するものをリサイクルするということは非常に重要な取り組みの1つと考えております。   もっと読む