1862件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小国町議会 2019-12-05 令和元年第7回定例会(第1日) 本文 2019-12-05

このため、今回の補正は、収益的収入の入院・外来収益について実績を勘案して再算定し、当初見込みの不足額相当を一般会計からの負担金で充当するものであります。  続いて、議第70号「令和元年度小国町水道事業会計補正予算(第3号)案について」御説明申し上げます。  今回の補正は、人事院勧告に伴う給与改定に基づき、人件費を組み替えました。  

高畠町議会 2019-09-20 2019-09-20 令和元年決算特別委員会 本文

14番(直島義友) 収入の欄を見てみますと、使用料が3億3,000万、一般会計からの繰り入れが3億8,000万、町債が5,000万ということで概略7億9,000万の収入があるわけでございます。  それで、使用料はやっぱり上水道を見ても使用料が大体同じでありますから、下水道使用料はそんなに伸びるということではないのではないかなというふうに考えるわけですが、その辺の見通し。  

高畠町議会 2019-09-13 2019-09-13 令和元年予算特別委員会 本文

これを見ますと8,000万円の販売収入があって、国のほうから2,000万円の補助が来て、買った人が得をするというようなプレミアム付商品券ですけれども、これにいろいろ事務的な流れがあるようでございますけれども、所得の少ない人でないと求められないというような条件もあるようでございますけれども、これのどの程度の人が対象になっているのか、その辺もお聞きしたいと思います。

小国町議会 2019-09-04 令和元年第5回定例会(第1日) 本文 2019-09-04

歳入につきましては、分担金及び負担金、国・県補助金、前年度繰越金、諸収入地方債を計上し、収支の均衡を図りました。  続いて、議第53号「令和元年度小国町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)案について」御説明申し上げます。  今回の補正は、国民健康保険の被保険者が出産した場合に支給する出産一時金について、今後見込まれる3名分の給付について補正をしました。  

山形市議会 2019-06-24 令和元年産業文教委員会( 6月24日)

収入や維持管理費についてはどのように見込んでいるのか。 ○スポーツ保健課長  整備費用は1億189万円を予定している。収入は年間約300万円、維持管理費は年間約3,000万円を見込んでいる。 ○委員  経営的な視点も持ちながら管理運営してほしい。  大要以上の後、議第56号については、全員異議なく可決すべきものと決定した。

小国町議会 2019-06-07 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 2019-06-07

収入消費格差が大きいのが小国町の課題と言えるものだと思っております。このバランスをどうにかしようといったときに、やはり小規模事業者、これは小国町で、国の規格からいうと、大企業は2%、中核企業が11%、残りが87%、従業員数が5人以下であったり、家族経営であったり、そういった事業所が87%、306業者があります。

高畠町議会 2019-06-04 2019-06-04 令和元年第511回定例会第2号 本文

来年度以降の幼児教育保育の無償化にかかわる地方負担につきましては、地方財政計画歳出に全額計上をし、一般財源を増額確保し、その上で地方交付税の算定に当たっても地方負担の全額を基準財政需要額に算入するとともに、地方消費税交付金の増収分を基準財政収入額に算入すると国が示しておりますが、これまでの国からの市町村に対しての説明等においては、内容が変更となる場合もあり、いまだ不明確な部分もございます。  

高畠町議会 2019-03-11 2019-03-11 平成31年予算特別委員会 本文

税務課長(佐藤 健) それでは、1点目の町民税の中の法人関係についての収入見積もりでございますけれども、今回は1億1,260万円ということで、昨年と比較しますと1,150万円減額で見てございます。税収の見積もり上の内容でありますけれども、全体的な景況感を見れば大体横ばいかなとは見ております。ただ、この中で、町内の大きな法人からの約1,000万円を超える企業からの大きな動きがあるかなと見ております。

山形市議会 2019-03-07 平成31年厚生委員会( 3月 7日 厚生分科会・予算)

○委員  債権が市に譲渡されるまでは、利子収入は入らないということなのか。 ○こども保育課長  債権として引き受ける部分については、4月以降は市に償還されることになる。 ○委員  これまでの貸し付けの実績はどうか。 ○こども保育課長  直近では、母子世帯が619件、父子世帯が2件、寡婦が6件の合計627件の貸し付けを行っている。