86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号

内容としましては、地域中小企業による設備投資の促進に向けて、生産性向上特別措置法の規定により市町村主体的に作成した計画に基づき行われた中小企業の一定の設備投資について、固定資産税を2分の1からゼロまで軽減することを可能とするものであります。いわゆるわがまち特例として3年間の時限的な特例措置が創設されることとなり、本市においてはゼロまで軽減することといたしました。  

田辺市議会 2018-06-14 平成30年 6月定例会(第1号 6月14日)

その概要につきましては、平成33年3月31日までの期間に、当該事業者が導入促進基本計画に基づき設備投資を行った償却資産に係る固定資産税について、新たに固定資産税が課されることとなった年度以降3カ年度分に限り、その課税を免除するものであり、これによる減収額の75%については地方交付税による補填措置がなされることとなっています。  次に、60ページをお願いします。  

海南市議会 2017-12-08 平成29年 11月 定例会-12月08日−05号

このことから、支援期間の途中で撤退、廃業ということとなっても市の収入面に影響を及ぼすことにはなりませんし、工場等を新増設しなかった場合と比較すれば、支援した期間はその設備投資に対して土地と建物は固定資産税の4分の3、償却資産は全額分が市の増収になると考えられます。  このことから、廃業や撤退があっても罰則を課する措置は必要がないというふうに考えてございます。  以上でございます。

海南市議会 2017-12-06 平成29年 11月 定例会-12月06日−03号

また、リースによる防犯灯の整備につきましては、初期設備投資費用の負担が回避され、リース期間内に分割して設置及び管理費用を設定することができるというメリットがございまして、議員御提案の千葉県南町では、1,486基の防犯灯をリースによりLEDに交換することで、電気料金や機器の維持管理費など費用面の効果が見込めているようでございます。  

海南市議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会-09月20日−07号

通常の設備投資であれば、年次的に計画を立てて、負担を平準化することができるわけなんですけれども、新病院移転ということで一括した設備投資となっております。特に医療機器の購入に充てる企業債については、償還期間が短い期間になってございますので、その償還が平成26年度から平成29年度の間に集中しておりまして、資金面での負担が大きい時期になっているという状況がございます。  

海南市議会 2017-09-19 平成29年  9月 定例会-09月19日−06号

もう設備投資をしているんで、今撤退となるとかえってもったいないよということがあるかもしれませんけれども、今から毎年毎年何百万円もかかるんですよ。それについてはどうでしょうか。 ○議長(宮本勝利君) 杖村消防長 ◎消防長(杖村昇君) 13番 橋爪議員消防団協力事業所についての再度の御質疑にお答えいたします。  

田辺市議会 2017-09-05 平成29年 9月定例会(第1号 9月 5日)

これまでの成長の牽引役だった輸出がマイナスに転じたにもかかわらず、国内の個人消費設備投資といった内需が堅調に伸び、9四半期ぶりの高成長となりました。個人消費では、家電や自動車販売などが好調でありましたが、一時的なものと見る向きも多く、賃金の伸び悩みや深刻化する人手不足などの課題も多くあり、今後も内需拡大が続くかどうかは不透明な状況であります。  

海南市議会 2017-05-09 平成29年  5月 臨時会-05月09日−01号

それから、平成28年度税制改正において、3年間の時限措置として、機械・装置を対象に創設された償却資産に係る固定資産税の特例措置について、地域業種を限定した上で、特例の対象となる一定の工具、機械、器具備品等の品目を追加されたということでありますが、地域を限定したということで、本市の中小企業の償却資産にかかわる設備投資の支援について、どのようになっているか、この2点についてお聞きします。

新宮市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会-03月10日−08号

これは取締役会でもその主体性を、新宮港埠頭が主体性を持って事業を進めていただいているという副市長の答弁やったんですけれども、土地の購入であったり、設備投資であったり、大きな金額の借り入れというのは、会社法の中で重要な財産の処分及び譲り受け、多額の借財というような形で会社法の第362条の中で取締役会の決議をしなければならないものということなんですけれども。

海南市議会 2017-03-02 平成29年  2月 定例会-03月02日−04号

ただ、今後、いろいろ病理診断科というのを拡大していくということになってくると、例えば検査技師であったりとか、周りのスタッフというのも充実させていったりとか、設備投資という部分も一定必要になってくるかと思います。これも、今後の状況を見ながら、経営的な観点から考えてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。

海南市議会 2017-02-23 平成29年  2月 定例会-02月23日−01号

また、本市に移住し、地域への協力活動を行う地域おこし協力隊事業に800万円、商工業の振興として、中小企業設備投資促進事業に700万円など計上しています。  次に、教育文化スポーツに関連した事業について。  義務教育の充実として、中学校給食の導入に向けた給食施設の整備などに1億6,800余万円、亀川小学校及び亀川中学校の校舎建設に3億2,600余万円など計上しています。  

海南市議会 2016-03-07 平成28年  2月 定例会-03月07日−06号

前年の実績等勘案する中で減額したものもございますが、平成27年度と平成28年度予算につきましては、国の経済対策等によりまして、平成27年度予算に計上すべきものを平成26年度に前倒しで計上し、平成27年度に繰り越しした上で執行させていただいたものでございまして、産業振興費の中で重立ったものといたしましては、家庭用品活路対策強化事業250万円、ものづくり創造支援事業補助金302万5,000円、中小企業設備投資促進事業補助金

海南市議会 2015-12-04 平成27年 11月 定例会-12月04日−05号

企業会計のことはよくわからないんだけれど、例えば、病院が開院して数年たつ中で、正面玄関のところのひさしが出てないから雨の日に車の乗降でぬれるとか、待合場所に雨が吹き込むという話があるんで、人件費が5,600万円減った分を設備投資に回すような考え方ってできるのかできないのか。ただ、減った分帳尻合わせに薬品費を増額するというのは、会計の処理として仕方ないのかもしれやんのやけれどね。  

高野町議会 2015-06-18 平成27年第2回定例会(第2号 6月18日)

コミュニティー放送につきましては、私はそのように断言しておきますけれども、私が今ここで申し上げたから、このようにしますというようなことにはならないと思うわけでございますけれども、今後、物事の設備投資をしていく中では慎重にお考えいただいて、していかなければ町民に対する負担、行政に対する負担が増えてくるということにつながっていきますので、そういったことにつきましてもよろしくお願いいたしたいと思います。