4489件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2021-02-19 令和 3年第 2回臨時会(第 1日 2月19日)

なお、残余の約1億4,300万円につきましては、3月の令和2年度補正予算あるいは令和3年度当初予算、またさらには、その執行状況によりまして、3年度の補正予算ということもあろうかと思いますけども、そのような中で、今後も引き続き地域経済状況等を注視しながら、住民の皆さんのために何が必要かということをよく考え、議会のほうに提案させていただければというふうに考えております。  

倉吉市議会 2021-02-15 令和 3年第2回臨時会(第1号 2月15日)

倉吉市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模を定める条例について、関係法令改正に伴い、それを引用する規定を整理する必要が生じたため、令和3年1月18日に専決処分を行ったものです。  次に、報告第2号、損害賠償の額の決定についての議会の委任による専決処分についてであります。  

湯梨浜町議会 2021-01-29 令和 3年第 1回臨時会(第 1日 1月29日)

─── 足 立 祐 子  一般事務補助員 ── 岩 本 佐登美      ───────────────────────────────             説明のため出席した者の職氏名  町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長福祉事務所長)亀 井 雅 議  総務課長 ───── 杉 原   寛   健康推進課長 ─── 林   紀 明                       地域包括支援

境港市議会 2021-01-21 令和 3年 1月臨時会(第1号 1月21日)

宣言の対象地域である11都府県との往来は、可能な限り避けていただきますようお願いいたします。  それでは、報告第1号の報告並びに議案第1号及び議案第2号の提案理由につきまして一括して申し上げます。  報告第1号は、市道における車両の損傷事故について、市が負担する損害賠償額を定めたものであります。法の定めるところにより専決処分しましたので、御報告するものであります。  

倉吉市議会 2021-01-15 令和 3年第1回臨時会(第1号 1月15日)

そこで、我々、思いますのに、議会役割の一つとして、もちろん地域住民の暮らしや安全を守る、そのための大きな役割は果たしていくのは当然だということでございますが、今の国の姿勢、地方に対する考え方だとか、これは本当に認めるというか、全く納得のいくものではございません。我々が早いうちに、去年の3月に、国に対しまして、大規模かつ継続的な地方への経済対策を求める意見書として出しました。

北栄町議会 2021-01-13 令和 3年 1月第1回臨時会(第 1日 1月13日)

      ───────────────────────────────               説明のため出席した者の職氏名 町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ──────── 手 嶋 俊 樹君 教育長 ──────── 別 本 勝 美君  総務課長 ─────── 磯 江 昭 徳君 企画財政課長 ───── 小 澤   靖君  健康推進課長 ───── 吉 岡 正 雄君 地域整備課長

八頭町議会 2020-12-22 令和 2年第11回定例会(第5日目12月22日)

地域振興株式会社の理事及び役員の中でもう少し支援、協力すべきだと思います。数年の決算報告書監査指摘を見るのに、令和元年、今まで以上に地域関係機関と連携を図り創意工夫を、そして令和2年、運営費用が利益を圧迫し赤字が増えたとありますが、こういう点は改善されたのでしょうか。忙しいのに経営が厳しい、そういう状況であれば、まず経営状況の改善が先ではないかと思います。  

湯梨浜町議会 2020-12-22 令和 2年第11回定例会(第12日12月22日)

福祉事務所長)亀 井 雅 議  教育長 ────── 山 田 直 樹   総務課長 ───── 杉 原   寛  企画課長 ───── 上 井 明 彦   みらい創造室長 ── 遠 藤 秀 光  町民課長 ───── 尾 坂 英 二   子育て支援課長 ── 杉 原 美 鈴  健康推進課長 ─── 林   紀 明   総合福祉課長 ─── 竹 本 里 香                       地域包括支援

琴浦町議会 2020-12-22 令和 2年第10回定例会(第5日12月22日)

また、同時にサッカー場公共施設天然芝の堅持と普及を図っていただきたいということで、白鳳の郷地域活性化協議会の会長からも請願書が出されました。そういった中で、当時、教育民生常任委員会趣旨採択された経緯もあり、そういった中で委員の多くが趣旨採択にすべきではないかということで本委員会趣旨採択と決定いたしました。  

倉吉市議会 2020-12-21 令和 2年第9回定例会(第6号12月21日)

議員は、常に住民の中に飛び込み、住民との対話を重ね、住民の悩みと声を酌み取りながら議論を重ねて、調査研究を進め、住民全体の福祉向上地域社会の活力ある発展を目指して、その実現に向けて積極的に努力することが大事である、このように述べられております。つまり、市民から負託を受けた議員に求められているのは、民意を吸収して政策を練り上げ、実現に向けて努力し、結果を出すことであります。

北栄町議会 2020-12-21 令和 2年12月第12回定例会 (第15日12月21日)

 昭 夫君  副町長 ──────── 手 嶋 俊 樹君 教育長 ──────── 別 本 勝 美君  総務課長 ─────── 磯 江 昭 徳君 企画財政課長 ───── 小 澤   靖君  町民課長 ─────── 齋 尾 博 樹君 会計管理者(兼)出納室長         ──── 友 定 景 子君  福祉課長 ─────── 田 中 英 伸君 健康推進課長 ───── 吉 岡 正 雄君  地域整備課長

岩美町議会 2020-12-17 12月17日-03号

~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第5 議案第95号 岩美地域創生推進基金条例設定について ○議長足立義明君) 日程第5、議案第95号 岩美地域創生推進基金条例設定についての件を議題とします。 提出者提案理由説明を求めます。 町長。 ◎町長西垣英彦君) 議案第95号 岩美地域創生推進基金条例設定につきましてご説明申し上げます。 

岩美町議会 2020-12-16 12月16日-02号

全ての教員が担いますし、当然小学校の低学年になれば保護者だとか地域だとかそういう方々のご協力も得ながら学力の定着については考えていくということも必要な場面もたくさんございます。そういうことの営みというのを大切にしていきたいというふうに思います。 過重労働になるんじゃないかということでございますが、今ご指摘のようにそういうようなことをすれば過重労働になっていきます。

湯梨浜町議会 2020-12-16 令和 2年第11回定例会(第 6日12月16日)

しかし、果たして泊地域だけの問題なのでしょうか。私は決してそうではないと思っております。町内全域を俯瞰的に見た場合、羽合地域田後地区水下地区などの新興住宅地域以外では全町的に過疎化限界集落化が着実に進行し、数多くの自治会地区コミュニティーは疲弊、衰退しつつある状況にあると思っております。

北栄町議会 2020-12-16 令和 2年12月第12回定例会 (第10日12月16日)

議員(11番 森本真理子君) 個人のおうちのもあると言われましたが、地域の人にも周知されるということはされないんですか。 ○議長(前田 栄治君) 手嶋課長。 ○産業振興課長手嶋 寿征君) 個人のといっても、例えば自分ちの庭に生えてる松まで切るというものではございません。あくまでも地域で守りたい森林がありますから、その森林の松を伐倒駆除していくということでございます。

境港市議会 2020-12-16 令和 2年12月定例会(第4号12月16日)

コロナ禍における本市の経済状況は瀕死の状況であり、今後ワクチンの有効性が確認でき、コロナの猛威が収まるまでは地域経済が収縮していく状況だと思われます。さらなる経済対策が必要になるかもしれません。しかし、その前に、地産地消の観点から、コロナ禍の間は、本市の中で買えるものは買って消費することも地域経済を守るためにも必要なことと思いますが、市長の見解をお願いいたします。