2329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2020-06-17 令和2年6月17日経済建設常任委員会-06月17日-01号

今回の国の二次補正でも4,000万円までを3年間無利子担保で借りられるという制度がありまして、そちらのほうに皆さん申込が流れているという状況になります。  そちらの制度を使うには、この2のセーフティネット保証制度認定というものを受けてからやられます。セーフティネット認定につきましては、今、合計で603件の申請を頂いております。

三島市議会 2020-06-17 06月17日-03号

今後の第2波、第3波を想定して、長期的視点に立ってみれば、安全が担保されているという状況ではないのではないかなと思っています。 そういう中で、今お答えの中で、東街区再開発、竣工5年後ですか、7年ですから、5年後には、医療体制の充実、社会全体の対応力が高まっているということを想定されているようですが、実際現状、きちんと見るべき点もあるのではないかと。今後の予測という点もしなくてはならない。

磐田市議会 2020-06-16 06月16日-03号

公平性を、どのようにして担保するのかということからお願いできますか。 ◎教育長村松啓至君) 1つ、給食納入業者の件につきましては、今、69者あるわけですが、地域といかに密接に関係しているか。それと、例えばこれだけの規模で、各給食センター及び自校給食をやっているところの規模が全然違うんですが、そうしたときに、それに適応していくのはどういうところかというところです。

磐田市議会 2020-06-15 06月15日-02号

次に、介護施設事業継続のための融資制度の周知、磐田市独自の支援についてですが、現在のところ事業継続のための市独自の取組は考えてございませんが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた福祉施設に関しては、一定の償還期間及び融資額まで無担保・無利子で利用可能な独立行政法人福祉医療機構融資制度がございまして、本年3月から毎月各施設情報提供を行っているところでございます。 

島田市議会 2020-06-10 令和2年6月定例会-06月10日-02号

しかし、4月16日に緊急事態宣言が全国に拡大されまして、感染がさらなる広がりを見せており、終息までの道のりが長くなると予測される中、イベント開催時の安全・安心の担保ができないという状況であることなどから、大会会長である市長大会実行委員長である島田商工会議所の会頭の判断によりまして、4月22日に大会の中止を決定してございます。

島田市議会 2020-05-25 令和2年5月25日議会運営委員会-05月25日-01号

それとは別に、先般の議会運営委員会では、今回の6月定例会対応について、発言ができなかった方の発言平等性をどう担保するかというお話もあったように聞いています。  その件については、この後、村田議長から発言を求められていますので、御発言いただく予定でしておりましたけれども、山本委員お話は、それとは別……。 ◆委員山本孝夫) その話です。 ○委員長藤本善男) その話でよろしいですか。

島田市議会 2020-05-07 令和2年5月7日全員協議会-05月07日-01号

その右側にあります日本政策金融公庫というのが、国が直接行っている融資制度という形になりまして、日本政策金融公庫のものも3年間実質無利子・無担保なのですが、やはり申込みが非常にたくさんあるということで、この真ん中で新たに制度化されたものが、県の制度を通じて民間金融機関受付窓口となって、事業者融資をする制度になるという形のものが、新たに追加されております。

掛川市議会 2020-03-23 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月23日-09号

民間委託コンビニ交付といったものが、公共の質の担保にとって好ましいとは思いません。掛川市の職員数は、市民 1,000人当たり 6人を切り、人員削減で他市と比べても際立って低い数になっています。非正規率民間委託も増えている中で、市民に寄り添う力を失い、専門性担保できなくなっているのではと心配です。  

袋井市議会 2020-03-18 令和2年議会運営委員会 本文 開催日:2020-03-18

そうはいいつつ、森町はやはりきちっと形で将来性が担保されていない限りその交渉にはのるということはないもんですから、まずきちっと磐田市長に明確な態度表明をしてもらいたいと。それがない限りそういう話には参加できないということを我々も森町議会議員に聞いておりますので、そういう形でまずは磐田市長に明確に今後の方向性をきちっとしていただくと。

島田市議会 2020-03-18 令和2年3月18日全員協議会−03月18日-01号

そういった中で、当初の対応という面から見ますと、最初の半年間は500件ぐらいで推移していたものですから、その中で国が提供する無利子・無担保融資制度も発表したのが別途ありますので、そちらを使う方も多数いらっしゃることを考えますと、その半分程度の貸し付けが県としての貸し付けの件数として見るのがいいのではないかということで、250件という形にさせていただいております。  

裾野市議会 2020-03-18 03月18日-一般質問-07号

ですから、このことから価格競争による一般的な入札では、この基準が担保できないという課題に逆に至りました。 ○議長土屋秀明) 6番、村田悠議員。 ◆6番(村田悠議員) 一般的な入札方法にはそぐわない内容であるということは理解をいたしました。いろんな観点からやっていく、何らかの方法があるのではないかなというふうに思います。  (4)行きます。

富士宮市議会 2020-03-17 03月17日-09号

そこに引き返すことができる担保がないのです。 今回議員の間でも真剣に議論が交わされてまいりました。私たち議員市民の皆様を思う気持ちは、本当にみんな同じだと思います。私たち議員は、本当はこんなところで議論している時間を惜しんで、この国難に立ち向かっていかなければならないと私は思います。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

今回におきましても、信用保証協会のほうでセーフティーネット支援ということで、売り上げの落ち幅に応じて、4号、5号とさまざまな制度があるのですが、4号であれば信用保証を100%して、金融機関からは借りやすくしたり、最近は国が日本政策金融公庫の中で、実質的な無利子・無担保制度を出してくると、そういったような融資の面の利子あと信用保証料の応援ということが行われ始めております。