14847件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

島田市議会 2020-03-26 令和2年2月定例会−03月26日-07号

次に、当局に確認しておきたい事項について委員から、企業版ふるさと納税の現在の状況について質疑があり、当局から平成28年度から始まった制度であるが、当市での実績はなく、所管としては戦略推進課が中心となるが、業務管理課がこれからは正式に報告することになるとの答弁がありました。  

御殿場市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会(第9号 3月25日)

令和2年度当初予算の概要においても、歳出においては扶助費は44億8,852万円余で、平成31年度当初予算に対しても、8,613万円余、2.0%の増となっています。今後、歳入確保は厳しい状況が続き、歳出はますます増加することは言うまでもありません。  このように既存の事業などに係る経費が増大し、また危機管理体制を維持する中で、突発的に対応すべき事態の発生も危惧されるところであります。

島田市議会 2020-03-25 令和2年3月25日議会運営委員会-03月25日-01号

行政総務課長(中野和志) 今回、このような形をとらせていただいた理由でございますが、まず2月定例会会期幅が、遡りますが平成23年から10年の間で9日長くなっております。それは33日から42日間ぐらいなのですが、これに伴いまして、本会議の初日も早まっているという状況が発生しております。

袋井市議会 2020-03-23 令和2年全員協議会 本文 開催日:2020-03-23

本件は、平成30年度に策定をいたしました袋井市都市計画マスタープランに示す基本理念あるいは将来都市構造の実現に向けて、本市の骨格となる重要な路線を新たに道路基本計画図として定めるとともに、将来を見据えた道路の整備や維持管理の基本方針について定めるものでございまして、庁内検討委員会や、あるいは幹事会等で検討を重ね、方針案を取りまとめましたので、御協議を賜りたいと存じます。  

掛川市議会 2020-03-23 令和 2年第 1回定例会( 2月)−03月23日-09号

平成30年度から県を共同保険者とする広域化がスタートしましたが、今後も増加傾向にある医療費を軽減するためには、特定健診や人間ドックの推進、適切な指導に努められ、さらなる保険事業の充実強化により、生きがいを持った人生 100年時代を迎え、市民健康増進と医療費の抑制に期待を寄せるところであります。  

藤枝市議会 2020-03-19 令和 2年 2月定例会−03月19日-05号

私たちは、当初予算に従来反対してきておりますけれども、平成28年以降、賛成に転じております。以降、賛成討論はしておりませんでしたが、その主な理由は、市民負担を増やさず、行政サービスを減らさずに、市債残高を着実に減少してきた点にあります。  この10年間で、臨時財政対策債を除く市債残高は872億円から488億円にまで減りました。

島田市議会 2020-03-18 令和2年3月18日予算・決算特別委員会(全体会)−03月18日-01号

経済建設分科会長(清水唯史) 今回の金谷地区生活交流拠点整備運営委託につきましては、平成21年11月に設置されました金谷庁舎跡地検討委員会から提案された金谷庁舎跡地利用にかかわる提案書の中で示された内容について事業として今回、運営委託が進められていることは理解させていただいております。

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日総務生活常任委員会−03月16日-01号

平成30年3月の社人研の推計によると、2060年当市の推計人口は6万2,000人程度となり、前回、平成25年3月の推計時、2060年6万31人と比較して約2,000人程度上ぶれし、減少スピードは緩やかになっております。  それでは2つ目、その右のグラフでございます。本市の人口構成の変化でございます。別紙のグラフ補足資料では右側の上のグラフになります。

島田市議会 2020-03-16 令和2年3月16日予算・決算特別委員会総務生活分科会−03月16日-01号

平成26年から平成28年度3カ年の平均をとっていますが、1,990万円が年間の支出になります。これが15年分になりますので、2億9,800万円となります。  ですので、ここのところで5億3,140万円見込んでおりますので、56%は既存の施設のものが、この中に入っているというところでございます。  続きまして、その下の運営費。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日予算・決算特別委員会経済建設分科会−03月13日-01号

縦欄につきましては年度、平成26年度から平成31年度、令和元年度、令和2年度の予定で記載されております。横欄につきましては、各人槽ごとに5人槽、7人槽、10人槽、総基数、総事業費となっております。その内訳で、新設と転換(付替)となっております。新設につきましては、新築での浄化槽の設置件数で、転換(付替)は単独から合併への転換(付替)となります。

島田市議会 2020-03-13 令和2年3月13日経済建設常任委員会−03月13日-01号

浄化センターの供用については、平成7年から供用をしており、駅周辺から整備が進み、町なかの本通5丁目、6丁目、7丁目、高砂町が完了しております。完了とともに、若松町、向島町、中溝町の工事を実施しておりまして、来年も同じような形で、若松町、向島町、中溝町の工事を実施してまいります。  

島田市議会 2020-03-12 令和2年3月12日予算・決算特別委員会厚生教育分科会−03月12日-01号

これにつきましては、成年後見制度の利用促進法というのが平成28年5月に施行されたのですけれども、そのことによりまして、成年後見制度の必要性に関する理解が深まっていると考えております。  また、平成22年から29年度までの実績の実人数は、毎年1人ぐらいであったのですが、平成30年度では、新規も含めて3人を見込んでいました。それ以外にも新規申請がありまして、7人に対して報酬助成というのを行っています。

島田市議会 2020-03-12 令和2年3月12日厚生教育常任委員会−03月12日-01号

◎国保年金課長(千澤毅) この基金繰入金の額についでですけれども、昨年度、説明をさせていただいたときは、平成30年10月の被保険者数の状況に応じて試算して、それで、保険税がどのくらい集まって、資産割をなくしたことによってどのくらい足りなくなるかという形で、令和2年度については1億円不足するのではないかという試算をさせていただきました。

袋井市議会 2020-03-11 令和2年民生文教委員会 本文 開催日:2020-03-11

調査員については、平成31年度採用ということで、人件費に計上させていただきましたが、令和2年度当初においては、平成31年度当初と同じ人数となってございます。認定調査員についても8名ということで、そういう状況となってございます。  それから、認定調査費でございます。昨日、高橋委員のほうから認定調査費が減額されているかということの御質問でございます。  

袋井市議会 2020-03-11 令和2年建設経済委員会 本文 開催日:2020-03-11

11 ◯石田都市計画課長 岡本委員のほうから御提案いただきました集落の関係でございますが、都市計画課では平成31年3月に用途地域外における「地区計画」適用の基本的な方針というものを定めさせていただきまして、その下の適用想定地区の中で集落拠点となる各地域がございますが、そちらにつきましては、集落地の景観の保全と安全・安心な住環境の形成を目指す地区というような

島田市議会 2020-03-11 令和2年2月定例会-03月11日-06号

近隣市町の状況につきましては、藤枝市が平成31年度に1台導入しております。当該車両は本市が検討しているものと同じタイプで、トラックの荷台にトイレ設備を備えて自走する車両となっております。  次に、③の御質問についてお答えします。今後の導入計画につきましては現段階では定めておりません。