91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2018-04-25 いじめ問題等対策調査特別委員会 本文 2018-04-25

(3)で体罰、不適切な指導確認件数を示しております。さきに1の(2)で事実確認の手順をお示ししましたが、事務局学校ごとに整理し、学校が聞き取りや記録の突合で体罰、不適切な指導確認されたものの件数がここに示されております。  1)体罰状況でございます。  まず、今回の調査で事実確認がされました体罰件数の合計は49件でございます。校種別年度別確認件数がわかるように内訳を示しております。

熊本市議会 2017-09-13 平成29年第 3回環境水道委員会-09月13日-01号

3の自費解体現場確認件数につきましては3,167件、4の解体進捗率解体着手件数でいきますと79.5%、解体完了件数でいきますと70.69%となってございます。  5の災害廃棄物処理状況につきましては、7月末現在で67.09%の進捗となっております。  最後に6の被災マンション法適用物件申請受付状況でございますが、仮受付を含む申請受付実績は14件、うち6件を受理している状況でございます。  

川崎市議会 2016-12-19 平成28年 第4回定例会-12月19日-07号

◆49番(山田益男) 隣の韓国では、12月15日現在、高病原性ウイルスH5N6亜型の野鳥での検出状況が23件、先ほど説明いただいた家禽での確認件数が157件となり、高病原性鳥インフルエンザで殺処分される家禽が278農場、1,231万4,000羽となり、これまでで最も深刻な状態になりつつあると言われています。この高病原性ウイルスとはどのようなウイルスなのか伺います。

浜松市議会 2016-06-10 06月10日-09号

この地域の状況は、南区、西区とも建築確認件数震災前と震災後で比較すると、ともに200件の減少で、他の区と比較しても、ともに100件の開きがあり、地価調査価格では震災前と震災後では平米当たり6000円ダウンとなっているが、実売買となると震災前の半値であると聞いています。このデータは南区、西区の全体のデータでありますが、この大半は津波浸水区域においてのデータと思われます。 

相模原市議会 2015-12-01 12月01日-03号

先ほどの答弁で、民間確認検査機関による建築確認件数が、本市では昨年度、9割以上を占めていることがわかりました。そのような状況にある中で、民間確認検査機関において確認検査が適正に実施されるよう、特定行政庁として指導等を行っていることは承知していますが、どのように指導等を行っているのか伺います。 一般ごみ収集運搬体制見直しについて、先ほど収集を2回にしても大きな支障はないと答弁されました。

札幌市議会 2015-06-11 平成27年(常任)建設委員会−06月11日-記録

続きまして、その下の2の建築確認状況及び住宅確認戸数についてですが、平成26年度の建築確認件数は、民間確認機関分を含めて、計の欄のとおり6,784件となっており、その右端の欄の増減率にあるとおり、対前年比13.4%の減少となっております。その下の(2)の住宅確認戸数は、平成26年度は1万5,507戸、対前年比7.7%の減少となっております。  

札幌市議会 2014-04-23 平成26年(常任)建設委員会−04月23日-記録

平成25年度の建築確認件数でございますが、民間確認機関分を含めまして7,830件、対前年度比8.4%の増加となっております。住宅確認戸数は1万6,796戸、対前年度比3.2%の増加となっております。また、建築確認件数民間確認機関への移行率につきましては90.3%となっております。 ○よこやま峰子 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

札幌市議会 2013-10-04 平成25年第二部決算特別委員会−10月04日-02号

全国の事例を見ても、民間で――だって、そもそも確認申請民間に広げた段階で、現在、札幌市内確認件数の9割は民間ですよ。もう絶対に早い。こういう縛りがあった中で、そもそもこの確認期間を短くしたいわけです。ただ道外でも受けられますということではなく、60日、70日、100日かかっているものを、北海道なんか、春先に出して5月、6月におりて、季節の一番いいときに工事をしたいわけです。

札幌市議会 2013-04-25 平成25年(常任)建設委員会−04月25日-記録

平成24年度の建築確認件数は、民間確認機関分を含めまして7,225件、対前年比5.2%の増加となってございます。住宅確認戸数は1万6,280戸、対前年比11.7%の増加となってございます。また、建築確認件数民間確認機関への移行率につきましては90.0%となってございます。 ○小川直人 委員長  ただいまの説明に対しまして、質疑はございませんか。

札幌市議会 2013-02-27 平成25年第二部予算特別委員会−02月27日-02号

◎林 建築指導部長  ただいまお尋ねがありました過去3年間の建築確認件数を各機関ごとにお答えしたいと思います。  まず、平成22年度は、全市内で6,922件、そのうち札幌市役所確認したものが726件、民間指定確認検査機関分が6,196件、そのうち市内事務所を置いてある民間機関分が6,178件、道外が18件でございます。次に、平成23年度は、全市で6,871件です。

札幌市議会 2012-04-24 平成24年(常任)建設委員会−04月24日-記録

平成23年度の建築確認件数は、民間確認機関分を含めまして6,871件、対前年比0.7%の減少となっております。住宅確認戸数は1万4,581戸、対前年比7.1%の増加となっております。また、建築確認件数民間確認機関への移行率につきましては90.3%となっております。 ○小須田悟士 委員長  ただいまの説明に対して、質疑はございませんか。  

札幌市議会 2011-05-23 平成23年(常任)建設委員会−05月23日-記録

平成22年度の札幌市の建築確認件数は6,922件、対前年比11.5%の増加となっております。住宅確認戸数は1万3,611戸、対前年比2.6%の増加となっております。また、建築確認件数民間確認機関への移行率につきましては、89.5%となっております。 ○佐々木みつこ 委員長  ただいまの説明に対し、質疑はございませんか。