799件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

蕨市議会 2019-12-11 令和 元年第 5回定例会-12月11日-03号

1番目の国民健康保険についての1点目、高齢化に伴う1人当たりの後期高齢者支援金及び介護納付金の増加状況につきましては、後期高齢者支援金では、平成28年度が5万3,904円、29年度が5万6,208円、30年度が5万7,628円、介護納付金では、平成28年度が6万2,277円、29年度が6万4,800円、30年度が6万4,228円と増加傾向となっており、今後もこの状況が続くものと考えております。  

川越市議会 2019-09-24 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

228 環境施設課長 今回、大規模改修工事ということで、通常短いスパンの消耗品に関しましては、消耗部材とかに関しましては、毎年、定期整備工事というものを行っています。今後その工事を続けるという前提であれば、この十五年から二十年持つような、延命化するのに必要な部分に関しましては、ここで改修工事を終えることによって、延命化できる工事を計画しております。

川越市議会 2019-09-24 令和元年 文化教育常任委員会 会期中(第2日・9月24日)本文

228 片野広隆委員 先ほど来の御答弁の中で、子供たちの教育環境保障していくために今回この土地を購入していくんだというお話の御答弁をいただいております。一方で、この土地を買わなくても法律的には問題ないと。ですから、平成二十五年の校舎増築の際にもさまざまな検討がされる中で、グラウンドは先送りされてきたのかなと判断できるわけですよね。

川越市議会 2019-09-20 令和元年 保健福祉常任委員会 会期中(第1日・9月20日)本文

228 長田雅基委員 一般質問のほうでもさまざまな改善点を提案させていただきまして、特に手術の補助金額ですかね、もっと上げたら利用しやすいという実際に市民の方の声も訴えさせていただきました。ぜひそのあたり検討していただいて、もっと利用がしやすいような改善にしていただきたいと述べさせていただきます。  

新座市議会 2019-09-17 令和 元年第3回定例会-09月17日-07号

鳥取大学医学部保健学科鳥取県西部総合事務福祉保健局、そして在宅看護支援センターなどが共同で、鳥取県高齢者228名を対象に、仮名拾いテストとタッチパネル式スクリーニングテストを行い、また認知症予防教室前後に、MMSE(ミニメンタルステート検査)とタッチパネル式認知症治療評価法を用いて有効な評価を探った結果、タッチパネル式テストのほうがすぐれていることがわかったとの報告がされています。  

草加市議会 2019-09-13 令和 元年  9月 福祉子ども委員会−09月13日-03号

予算現額242億7,537万5,000円、支出済額228億6,296万8,890円、執行率は94.2%でございます。前年度比で52億8,187万7,188円、18.8%の減額となっております。  歳入歳出差引残額である繰越金につきましては7億5,834万8,421円となっております。  次に、決算事項別明細書により主なものにつきまして御説明申し上げます。  

草加市議会 2019-09-13 令和 元年  9月 総務文教委員会−09月13日-03号

具体的には、市長の事務部局の職員定数を1,044人から1,228人に、教育委員会事務部局の職員定数を342人から188人に、水道事業企業職員職員定数を110人から80人にそれぞれ改めるものでございます。  なお、施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。  以上でございます。 ○委員長 執行部の説明が終わりました。  質疑のある方は挙手をお願いいたします。  佐藤委員。

春日部市議会 2019-09-11 令和 元年 9月定例会−09月11日-07号

実質債務残高比率の数値でございますが、平成29年度は199.3%、平成28年度は228.3%、平成29年度は214.1%、平成30年度は234.0%となっております。  なお、こちらは後年度に交付税措置をされる臨時財政対策債等も含まれた数値となっていることについて、ご承知おきいただければと思っております。  ちなみに越谷市平成29年度の数値は159.0%でございました。  以上でございます。

狭山市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 建設環境委員会(第3回)-09月10日-02号

未処分利益剰余金の当年度末残高7億5,034万3,699円のうち5億4,493万471円につきましては、既に資産を形成するために使用したものであるため自己資本金に組み入れ、2億541万3,228円につきましては、企業債の償還財源に充てるため減債積立金に積み立てようとするものであります。  以上で説明を終わりますが、よろしくお願いいたします。

狭山市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 文教厚生委員会(第3回)−09月10日-02号

2款保険給付費、1項1目一般被保険者療養給付費は、受給件数60万8,227件、1人当たりの給付額は26万2,228円であります。  2目退職被保険者等療養給付費は、受給件数3,465件で、1人当たりの給付額は33万9,669円であります。  302ページをお願いいたします。  2項1目一般被保険高額療養費は、支給件数2万5,210件、1件当たりの支給額は5万5,338円であります。  

草加市議会 2019-09-06 令和 元年  9月 定例会-09月06日-02号

改正の内容といたしましては、市長の事務部局の職員定数を1,044人から1,228人に、教育委員会事務部局の職員定数を342人から188人に、水道事業企業職員職員定数を110人から80人にそれぞれ改めるものでございます。  なお、職員定数は一般職の常勤職員を対象としており、臨時職員、非常勤嘱託員、短時間勤務の再任用職員などは含まれておりません。  

新座市議会 2019-09-06 令和 元年 9月厚生常任委員会−09月06日-01号

続きまして、228ページ、229ページをごらんください。5目児童運営費、細々目02施設型給付でございますが、施設型給付費は子ども・子育て制度の適用を受ける認定こども園及び幼稚園に通う児童保育及び教育に要した費用を各施設に給付するために要した費用で、前年度と比較して1,573万2,091円の増となっております。  

草加市議会 2019-09-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-09月02日-02号

前年度比較で減額となりました主な要因としましては、生活保護費等国庫負担金が約3,228万円の減、生活保護費県負担金約1,597万円が皆減となったことなどによるものでございます。  以上でございます。 ○委員長 執行部の説明が終わりました。  質疑のある方は挙手をお願いいたします。  佐藤委員。 ◆佐藤 委員  まず1項1目延滞金についてですが、市のほうでは滞納整理を進められているかと思います。

狭山市議会 2019-09-02 令和 元年  9月 定例会(第3回)−09月02日-01号

一方、歳出のうち一般被保険者療養給付費は97億6,116万4,403円で、受給件数は60万8,227件であり、被保険者1人当たりの平均給付額は26万2,228円となっております。  次に、議案第80号 平成30年度狭山都市計画事業狭山市駅東口土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についてご説明申し上げます。  

狭山市議会 2019-06-18 令和 元年  6月 定例会(第2回)−06月18日-03号

現在、本市が採用している所得割、資産割、均等割、平等割の4方式による税率と、県が示した狭山市の標準保険税率医療分、後期高齢者支援金等分、介護保険分の合計で比較しますと、所得割率は現行の10.4%から12.16%に、資産割率は現行の20.0%から21.44%に、均等割額は現行の3万2,000円から3万9,228円に、平等割額は現行の1万円から1万2,037円にそれぞれ上昇することになります。