254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐賀市議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-06号

例えば、佐賀市におきましても、適応指導教室「くすの実」、あるいは家庭においてICTを活用した学力保障といったものもこれに相当するものであるというふうに捉えているところでございます。  いずれにしても、それぞれの子どもたちに見合ったできる方法で学習の機会を与えるという視点は大事なものであるというふうに捉えておるところでございます。  以上でございます。

佐賀市議会 2019-09-18 令和 元年 9月定例会−09月18日-05号

それから、ICT支援員と連携した研修会を各学校で行っております。それから、プログラミング体験研修会、こういうことを行っているものでございます。これは大体教育委員会の計画ということで行っております。それから2つ目は、ICT環境整備でございます。全小学校プログラミング用のパソコンを整備するということです。それから、さらにはプログラミング用のソフトウエアの導入、これを図っているところでございます。

佐賀市議会 2019-09-12 令和 元年 9月定例会−09月12日-02号

スマート農業は、ロボット技術ICT等の先端技術を活用し、超省力化や高品質生産等を可能にする新たな農業を意味しますが、その技術の普及や実装に向けた取り組みが全国各地で動き出しています。スマート農業技術を導入した国内の事例は毎日のようにメディア等で発信されており、近年ではドラマなどでも取り上げられるようになりました。

佐賀市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会−06月19日-05号

これは学習支援員を配置いたしまして、学校学習生活支援を行ったり、自宅のほうでICT学習の支援を行ったりということで、児童・生徒の学校復帰に向けた支援を行っているところでございます。  以上でございます。 ◆川原田裕明 議員   ぜひ対策を強化して不登校児童・生徒の減少になるようさらなる努力をお願いいたしまして、次の質問に入っていきたいというふうに思います。  

みやき町議会 2019-06-06 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

現在の取り組みとしましては、中山間地でございます高柳地区において経営能力の向上、人材育成、確保、経営承継の円滑化及び制度上のメリットなどがございます法人化についての御相談がありましたので、また、県も中山間地対策を推進しておりました関係上、昨年度から三神農業改良普及センターと連携しまして集落代表者会議や婦人部ワークショップなどを開催しまして、畦畔除草や農薬防除の負担軽減を図りたいとの意見を受けましてICT

佐賀市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会−03月22日-付録

ごみ問題について               │ │    ├───┼───────┼───────────────────────────────┤ │    │ 23 │松 永 幹 哉│1.防災対策について                      │ │    │   │       │2.新エネルギーの創出について                 │ │    │   │       │3.ICT

多久市議会 2019-03-18 平成31年 3月 定例会-03月18日−03号

これはクリエート、想像していくこと、チャレンジ、挑戦していくこと、そして変革、チェンジをしていくということでございますが、その幾つかの項目をその後に並べております政策項目の中にICT教育の推進、健康づくりの充実とともに、市民の楽習、これは楽しく習うと書きますけれども、市民の楽習拠点となる新図書館整備というものを掲げ、今期に取り組む主要な施策として掲げたところです。

佐賀市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-08号

続きまして、ICTの推進について総括質問を行います。  佐賀市においては、佐賀市総合計画に基づき佐賀市ICT推進指針が策定され、ICT関連施策が行われております。現在の指針は、平成26年に見直され、平成27年度から平成31年度の5年間の期間で運用がなされています。来年度、検証及び見直しがされると存じますが、指針の改定におけるCIOの考えをお聞かせください。  

多久市議会 2019-03-01 平成31年 3月 定例会-03月01日−01号

ICT教育環境で培った教育実践スキルを有効活用するとともに、21世紀の高度情報化社会、第4次産業革命政府が目指すSociety5.0の時代にふさわしく、自己肯定感を備えて生きぬく子どもを育む学校情報化推進計画を実行し、ICT教育充実を図ります。2020年からはプログラミン教育学習指導要領に明記され、先駆開拓精神をもって、充実に努めます。  

みやき町議会 2019-03-01 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第1日) 本文

2番目のいきいき輝く人づくりでは、小・中学校に在籍する教育上特別の支援を必要とする児童生徒に対する特別支援員設置事業に19,896千円、中学校3校の教諭補助不登校対策指導員・ICTサポート支援員を配置する学校教育支援事業に18,778千円、英語教育向上のため外国語指導助手配置事業に31,392千円、各小学校児童クラブを設置し、児童福祉増進のための放課後児童健全育成事業に60,216千円、ファミリーサポート・センター

鳥栖市議会 2018-12-14 平成30年12月 定例会-12月14日−06号

議案書を見ますと、本市の目的は、保育所等におけるICT化を推進することにより、保育士の業務負担軽減を図るとあります。  そこで5点お尋ねいたします。  1つは、保育所等業務効率化推進事業補助金225万円の具体的な事業内容を教えてください。  2つに、保育所等におけるICT化の推進とは何なのかをお尋ねいたします。  

みやき町議会 2018-12-06 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

最後に、12月3日にスマートモバイルコミュニケーション株式会社とのICTを活用した地域活性化包括連携協定締結しています。これを機に、高齢者により身近な格安スマホの提供が可能となると考えています。  次に、税務課について報告をします。  賦課徴収担当では、平成30年分の確定申告準備を進めており、税務課職員全員が税務署主催の税法研修会に参加し、研さんを積んでいます。  

多久市議会 2018-12-03 平成30年12月 定例会-12月03日−01号

また同時に、解決に至る過程を段階的に市民情報発信できる機能も備えていることから、「市民と市がICTを使って、協働で問題の解決を図る」というシステムにもなっています。  通報項目のカテゴリーは、車道、歩道、橋梁、側溝・水路・排水管、ガードレール(柵類)、カーブミラー、街路樹河川(水路)、不法投棄、野外焼却、児童遊園地、都市公園、その他の13項目に分けられ、担当課ごとに対応されていました。