4005件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

美咲町議会 2045-06-04 06月04日-02号

最後の地元対策につきましては、ワークショップの開催だけではなく、事業実施に伴うさまざまな地元要望、例えば家屋の移転先の話とか、代替農地の調整とか、側道や排水計画の話とか、トンネル残土の埋め立て先とか、工事車両の騒音や交通安全対策など、いろんな地元要望が出てくると思いますので、それの対応や先ほど説明のありました地域住民の最大の課題であります安全・安心にかかわる滝谷池の改修、内水対策等も早期実施に向けてご

美咲町議会 2038-09-03 09月03日-02号

来る日も来る日も作物の手入れや農地の管理に従事され、あと一歩で収穫できる時期にそれを狙ったようにやってくる有害鳥獣には腹立たしく、本当に頭を悩まされていることと思います。

岡山市議会 2030-09-13 09月13日-04号

農振法や農地法の規制の改正が必要だと考えています。産業振興と農業振興がウイン・ウインという関係になるような新しい規制の改正,法律の整備を今こそやらなければいけないと,そう考えております。御所見をお示しください。 4番目の現代教育問題についてです。 日本のためにも働く必要がある,あるいは世界のためにも働く必要があるという思いを育む取り組みについて御所見をお聞かせください。 

総社市議会 2025-12-09 12月09日-04号

◆11番(小西義已君) 複線化というのは公的な部分で、これも農地転用の関係でみやすいんじゃなかろうかということで複線化の方、土地の関係についてはJRじゃなくって総社市側とか岡山市側が持つような感じるなるということで、線路については多分JRだろうと思う。だから、地上部分においてそういったことができるのかどうか。

笠岡市議会 2025-06-06 06月06日-02号

産業部長(石田輝宏君) 多面的機能の支払交付金の件でございますが,先ほど仁科議員さんからもおっしゃられました農業農村の有する多面的機能の維持,発揮を図るための地域の共同活用に係る支援を行うもので,笠岡市におきましても,農地ののり面の草刈りや水路の泥揚げ,そしてため池の草刈り等に係る費用についても交付を行っております。 

瀬戸内市議会 2024-12-03 12月03日-02号

質問事項の3、長浜干拓農地の活用についてであります。前回の質問で尻切れになりましたので、再度質問させていただきます。 ご承知のように牛窓町長浜長浜干拓農地は一部工場用地として使われていますが、そのほとんどが優良農地として耕作されています。特にキャベツ、ブランド名甘藍、そして白菜、ブランド名黄芯白菜としてブランドが既に確立され、その生産に力を入れているところでございます。

総社市議会 2024-11-29 11月29日-01号

第6款農林業費、第1項農業費、第5目農地費1,759万円は、防災重点ため池のハザードマップの作成を新規に実施するため予算計上を行うもの及び県営事業の事業費の増加に伴い、市の負担金を増額するものなどでございます。 第2項林業費50万円は、森林経営管理制度の推進を図るため、人工林所有者に対する意向調査を実施していく対象の森林を抽出する予算を計上するものでございます。 

笠岡市議会 2024-09-12 09月12日-04号

また,狭隘な農地の多い中山間地域では,6つの集落で棚田での営農や保全管理が実施されており,景観の保全等に御協力いただいているところであります。昨今,中山間地域を中心にイノシシやタヌキ等による農地への被害が頻発しております。原因の一つとして,山林から耕作放棄地を伝って農地に出没していることもあり,耕作放棄地の解消・発生防止の対策はますます重要性を増しております。 

真庭市議会 2023-12-06 12月06日-02号

循環型農業である里海米を通じて、日生の豊かな里海や真庭の豊かな森林農地を学ぶこと、またあわせて資源を大切にすることを学ぶことは、とても重要なことであると思っております。児童・生徒に限らず、真庭の市民の方々がこうした学習をより深めていく、そういったことを推進していきたいと思っております。 ○議長(古南源二君) 11番竹原茂三君。

津山市議会 2023-09-11 09月11日-04号

小松市には高い山がなく、農地が整備され、山と農地がしっかり分かれています。そして、里山まで植林がしているところがたくさんあり、気持ちのよい風景でありました。しかし、害獣が里まで出てくるのは、津山と変わりません。そこで、山と里山の間に広葉樹を植えた緩衝帯を設けているとのことです。広葉樹のあるところで動物がすみやすく、里へ出るのを防ぐというのです。

津山市議会 2023-09-09 09月09日-02号

殊に中山間地域においては、狭小で不整備農地を、高齢専業や兼業農家が、先祖伝来の農地を守るという強い思いと田舎独特のしがらみから離農することもできず、営農を行っているという方と、その状況の中でも後継者が一生懸命続けていこうという方が混在しているのが現状ではないかと思われます。

倉敷市議会 2023-09-03 09月03日-01号

農業の再興につきましては、国、県、市が連携して農機具や農業用ハウス等の再購入、修繕に対して365経営体に助成しているほか、水路、ため池、揚排水機場、農地、林地等について順次復旧に取り組んでおります。 

鏡野町議会 2023-06-13 06月13日-03号

農地農業施設あるいは林業施設につきましては70件ございまして、61件が完成もしくは実施中であります。残りの9件につきましては、河川内の施設災害等のために仮応急措置を講じまして、渇水期での事業実施を予定しているところであります。 県の関係災害につきましては、地区、道路河川別に取りまとめを行いまして、早期対応要望書を提出しております。

津山市議会 2022-12-05 12月05日-05号

今回、本来なら備中やぐらの利用促進とか、日本原高校の校舎の再利用、農地転用許可制度の見直しなど質問を用意しておりましたが、現時点で質問したとしても、多分予想ではゼロ回答だと考え、まずは研修会の開催がその第一歩じゃないかということなんで、よろしくお願いいたします。 

備前市議会 2022-12-04 12月04日-02号

発生を防止することにつきましては、農業委員会農業委員及び農地利用最適化推進委員が農地パトロールにより耕作放棄地になりそうな農地を早目に把握し、新たな耕作者へのあっせんに取り組んでいるほか、今般各集落において将来の農地のあり方を話し合う取り組みを開始したところであります。 

玉野市議会 2022-09-12 09月12日-04号

現状の30名体制で十分であるかどうかという御質問だったと思いますが、現在のところ農地はもとより市街地のほうにもイノシシが多数出没してるという状況の中で必ずしも30名で充足しているとは思っておりません。しかしながら、こうした状況の中でも、今後連携をとりながらしっかりと対策をしてくというふうに考えております。

玉野市議会 2022-06-19 06月19日-03号

次に、3番目として、農地の売却、貸付希望情報についてお尋ねをいたします。 私は、これまで農地の貸し手に玉野市として情報を提供できないか、何回か質問を行ってまいりました。当初は、全国農地ナビというのがあり、これが利用できそうだという答弁があり、データの入力を待ちました。

総社市議会 2022-06-03 06月03日-03号

私は清音地区でありますし、大勢の方が直接関係がないわけなんでございますが、このことに関して、当初県大周りの学園都市構想云々かんぬんで、優良農地を変更して商業地になっていく、後には企業誘致ではございませんが、人口が増えてくるようなお話を聞いて、そのことも簡単に書いておりますけど、その話の方は一体どうなっているのかというふうに聞きたい。