6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

赤磐市議会 2013-12-04 平成25年12月第5回定例会-12月04日−03号

このままでは自治体の経営が成り立たず、財政再建団体になってしまうことの危機感から、医療費適正化へ本格的に取り組んだと、このようにお聞きいたしました。  初めに、国民健康保険加入者のレセプトの電子化に取り組み、その上で活用が容易になったデータを使って、先ほど申しましたジェネリック医薬品促進通知サービス保健師や看護師による効率的な訪問指導を行っています。

岡山市議会 1978-12-11 12月11日-08号

最近報じられているところでは,赤字地方債の発行を認めようとか,このままでは財政再建団体が続出しそうになるので,起債許可制限比率──いわゆる危機ラインと言われる20%を引き上げて,苦しくとも苦しくないふりをさせようとか,目先を変えようとの奇策が目につきます。 

岡山市議会 1971-09-12 09月12日-06号

しかしながら,その検討の中でこれまでの行革努力による財政効果もあり,事業費が他都市の類似施設の整備費の範囲内であれば,今後予定される各種事業の進度調整による負担の平準化や,これまで以上の徹底した行財政改革に取り組むことで,いわゆる財政再建団体に陥らないような財政運営は可能と考えております。 

岡山市議会 1950-12-09 12月09日-07号

この数字の大きさでございますけれども,夕張市が財政再建団体となりましたのは,標準財政規模と言われる数字の一定割合を超えたからでございまして,岡山市の場合,この財政再建団体の転落ラインといいますのが275億円ということで当時数字が出ております。

  • 1