運営者 Bitlet 姉妹サービス
190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月10日−02号 岡山県の災害救援専門ボランティアに登録された外国人通訳、翻訳ボランティアの派遣要請、あるいはスマートフォンによる翻訳アプリ等の活用で対応してまいります。そうは言うもんの、英語に関しては通訳ができる市の職員とかもおります。また、市内のボランティアを社協と協力して募集、把握して、災害時に迅速に対応できるようにしていきたいと思っております。   もっと読む
2018-12-04 真庭市議会 平成30年12月第5回定例会-12月04日−01号 スマートフォンでホームページを閲覧する際に、重要なお知らせの欄がページ中段に掲示されている件ですが、画面上部の見やすい位置に表示されるように9月中に改修をしました。引き続き、必要な情報にたどり着きやすい、見やすいホームページとなるよう鋭意努力してまいります。  夜間でも道路や河川の状況が確認できるライブカメラを11月までに市内15カ所に設置しました。 もっと読む
2018-09-13 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月13日−05号 スマートフォンなどを持たない高齢者は緊急情報などを把握できなかったという可能性も指摘されています。そこで情報伝達についてお伺いいたします。  避難情報の伝達は、問題なく実施できたのか。課題はなかったのか。  2つ目、各地域に設置している外部スピーカーに問題、故障はないのか。   もっと読む
2018-09-11 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月11日−03号 今回の教訓として、災害時には外出先や避難所でスマートフォンなどの小さな画面で情報収集することが多いから、それからスマートフォンを持ってない人もいらっしゃるわけですから、見やすくわかりやすい情報、それも非常に多重な、重なった情報の提供が必要だということであります。 もっと読む
2018-09-07 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月07日−04号 発信しても拾ってもらわなければ道具になりませんので、そのあたりのために、防災情報の伝達のため、スマートフォンを利用したアプリを利用すべきではないかという項目を入れさせていただきました。  研修会、研修を兼ねて上越市に、ヤフーの防災情報を上越市が上げられてます。 もっと読む
2018-09-06 真庭市議会 平成30年 9月第4回定例会-09月06日−02号 まにわくんの利便性向上については、幹線の運行状況をスマートフォン等で確認できるバスロケーションシステムの構築業務を7月に発注し、来年度当初からシステム運用を開始する予定です。  御承知のとおり、7月の豪雨災害を受けて、関係する14自治体が姫新線・津山線・因美線支援協議会を8月7日に設立し、8月30日には、岡山県の菊池副知事に協議会の活動報告と県の協力をお願いしたところです。 もっと読む
2018-09-06 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月06日−03号 むしろ何を言ってるのかわからないといったことにもなってくるということで、やるとするならばやはりそれぞれのご家庭に戸別の受信機であったりとか、あるいはスマートフォンであったりとかタブレットとかを活用した形で情報をお伝えする手段というのを考えていかざるを得ないんではないかなと思います。   もっと読む
2018-09-05 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-09月05日−02号 このため、宮城県の登米市では、スマートフォン、タブレットを活用した避難所運営の効率化のための情報共有システムを産官学連携で開発しています。このシステムでは、避難所関係者間のリアルタイムでの情報共有、物資の要求の適切な把握と配布等の効果が見られ、避難所運営の業務負担が大幅に軽減できる可能性があらわれました。   もっと読む
2018-08-01 瀬戸内市議会 平成30年 8月第4回定例会-目次 」の購入について(1) この度の豪雨災害等を受け、購入を無期限又は三か年程度凍結すべきではないか市長4.学校給食について(1) 学校給食における食育の位置づけとその具体策を明らかにして、さらに積極的に推進すべきではないか市長 教育長 担当部長1614番  馬場政敎1.防災・減災について(1) 昨今の豪雨等の異常気象により、BCPや地域防災計画等をどのように見直すのか (2) 防災情報の伝達のため、スマートフォン もっと読む
2018-06-13 瀬戸内市議会 平成30年 6月第3回定例会-06月13日−04号 それから、架空請求のショートメールのほうです、携帯電話やスマートフォンに大手の流通会社であるとか、検索サイトを名乗るところから未払いがありますよというようなことでショートメールが送られてくる、それに対しての相談ということで、それが約20件程度ございました、はい。 もっと読む
2018-06-11 真庭市議会 平成30年 6月第2回定例会-06月11日−02号 そうした中で、これまで対面診療が難しい離島や僻地の患者に限られていた遠隔診療でございますが、ICT機器、スマートフォンとかタブレットでございますが、この発展により診療が容易になったことで平成27年8月に厚生労働省が一般診療でも遠隔診療を認めることになっております。また、本年4月の報酬改定により初めて健康保険の適用対象となったことで今後は多くの医療機関での普及が期待されております。 もっと読む
2018-03-20 赤磐市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月20日−06号 委員より、ホームページ更新コンテンツ作成委託料についてスマートフォンで閲覧できない自治体のホームページが多くあると聞くが、市はどうなっているのかとの質疑に、執行部は、市のホームページを3月1日にリニューアルした。スマートフォンやタブレットで閲覧する場合は、自動的に端末画面の大きさに合わせて見やすく表示できるように工夫しているとの答弁。   もっと読む
2018-03-07 備前市議会 平成30年 3月第1回定例会-03月07日−02号 しかし、やっとどうにか私もスマートフォンで実況を見せていただきました。そういうような中で、まだまだ表面的なことしか私もわかっておりません。そういうような中で十分掘り下げて、必要があればそういうようなことも取り組むべきじゃないかと、このように思います。 ○議長(鵜川晃匠君) 尾川議員。 もっと読む
2018-02-28 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月28日−03号 マイナンバーカードの申請自体は、郵送の場合、通知カードと一体になっている申請書を切り離し、条件に合う写真を張りつけた上、日付、電話番号の記入と署名をして、番号通知の際同封している封筒で送付するだけで申請ができる比較的簡単な手続で、スマートフォンやパソコンでも簡単に申請ができる仕組みとなっています。 もっと読む
2018-02-27 瀬戸内市議会 平成30年 2月第1回定例会-02月27日−02号 市民と市民をつなぐツール、先ほど議員の紹介ありましたとおり、埼玉県戸田市におけるtocoぷりというスマートフォンのアプリというのがございます。これもちょっと私のほうも見させていただきました。これでは身近なまちの情報を地域の皆さんに届け、人と人とがつながるまちを目指した施策ということで展開されていると思っております。 もっと読む
2017-12-13 鏡野町議会 平成29年12月会議-12月13日−03号 また、今日ではスマートフォンでホームページにアクセスする人もかなりの割合を占めていますが、その対応を進めていただきたいと思います。これは町内の住民サービス、町外からの人への観光案内のどちらをとっても、今日では必須のことと思われます。最後に、フェイスブックなどの活用も考えてもらいたいと思います。  大きな2つ目、各種の鏡野町の計画など行政情報について。   もっと読む
2017-12-07 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月07日−03号 これはいろんなやり方があって、プロモーションのやり方もあって、初めから大々的な広告を打って一気に進むというやり方もありますし、現在のスマートフォンのアプリの開発のように、まずはつくってそこから改良を加えていきながらよりよいものにしていくという、そうしたプロモーションの方法、やり方もあるということだと思います。今後もそうした今いただいたご意見等も踏まえて、利用促進に努めていきたいと思います。   もっと読む
2017-12-06 瀬戸内市議会 平成29年11月第5回定例会-12月06日−02号 家族の方には、徘回行動が見られる高齢者の衣服、靴、その他持ち物に、スマートフォン等で読み取ることができるQRコードつきの見守りシールを張っていただきます。発見者がそのQRコードを読み取ると、インターネット上の伝言板が表示されます。ご家族には、QRコードの読み取り時や伝言板への書き込みがあった際など、瞬時にメールが送信される仕組みとなっています。 もっと読む
2017-09-15 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月15日−04号 また、スマートフォンやタブレット端末によるインターネットの普及が目覚ましい今日でありますので、ホームページ掲載による周知についても更新に努めて、最新の情報提供に努めてまいりたいと考えているところです。  次に、要旨2についてお答えいたします。  赤ちゃんの駅とは、子育て中のご家族が外出時におむつがえや授乳のために気軽に立ち寄ることのできる施設のことです。 もっと読む
2017-09-14 瀬戸内市議会 平成29年 9月第3回定例会-09月14日−03号 しかし、展示ごとにアプリの内容を更新するコストや労力に大きなものがあること、展示室内で使用するための専用端末であるタブレットやスマートフォンを用意すること、また作品画像等の著作権管理の問題などがございます。刀剣博物館、美術館については、同じ作品を恒久展示する常設展示ではなく、展覧会ごとに展示物を入れかえる形をとっております。 もっと読む